大いなる遺産(下) (新潮文庫)

著者 :
制作 : 山西 英一 
  • 新潮社
3.73
  • (42)
  • (50)
  • (79)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 536
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102030028

作品紹介・あらすじ

謎の人物から莫大な遺産の相続を約束されて、貧しい生活から一変して贅沢三昧の暮しにひたりきり、今や忘恩の徒となりはてた主人公ピップ。彼の前に、その謎の人がついに姿を現わした。彼の運命は再度一変する。痛烈な皮肉、豊かなユーモアと深いペーソスをたたえて、市井の人間たちの生活に息づく喜びと悲しみ、美しさと醜さを余すところなく描き、文豪後期の代表作をなす長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロンドンでいつしか放蕩な生活を送るようになったピップ。ロンドンにやって来たエステラとの再会にも心は晴れず、次第に倦んでく。やがて突然に謎の人物が目前に現れる。驚きを隠せないピップだが、次第に状況を受け入れてゆく。このあたりの描写は常に豊かなユーモアを含みながらも緊張感に溢れ、心地よいテンポで話はクライマックスへとすすんでいく。作者の貧しい者での温かいまなざしや社会への怒り、人間の強さと弱さ、そういったものが凝縮された作品だと思う。

  • 遺産の送り主は、ピップが幼少時に助けた脱獄囚であったことが判明し、脱獄囚がピップの前に再登場するところから流れが変わる。遺産はすでにピップのものになっていて、それを分割で受け取っている状態だと思っていたから、遺産がもらえなくなるようになった理由がよく分からず、混乱してしまった。結局よく分からなかった。
    だいたいの流れは追えるものの、訳のわかりにくさで微妙なニュアンスが失われてしまっていると思うので、新訳で読みたい。原著は挫折した。

  • 文学

  • ようやく読み終わった。
    同じ著者の作品である「二都物語」とは違い、読み終えるのに苦労した。

    ストーリーの展開が必ずしも読者を惹きつけるものではないし、話の流れも超不自然。

    加えて、訳も古く、日本語からは当時のイギリスの情景を思い浮かべる事はほぼ不可能。また関係代名詞をそのまま訳している様に思える修飾表現は、日本語としては読みにくい。

    ところが巻末解説には、「こんなに理屈なしに楽な気持ちで楽しんで読め、しかも素朴で純粋な人間的共感を強く湧きあがらせる小説は、そうざらにはありません。」、「どこを開いて、どこから読んでみても、ユーモアがみなぎっていて、なんど読みなおしてもおもしろくて楽しい。」とある。

    こうなってくると、自分は何を読んで(あるいは読めてない)いるのか?と思わざるを得なくなる訳で、それを検証するにはいよいよ英語で読んでみる必要が出てきた……










  • この展開、幕引きは見事。面白かった。

  • 幸せとはなんだろう。人間の喜びと悲しみ、美しさと醜さや哀れさなど、すべてがこの本に詰まっていて、読了後、しばしその重圧で軽いめまいがするほどの傑作です。また本が書かれた時代背景を知ればこそ、更にディケンズの伝えたいことがより深く理解できるような気もしました。ふだん何も考えずにのほほんと生きている自分にとっては、何かを考えさせられる刺激もあり、素晴らしい読書時間を過ごせたと思ってます。

  • なんとか読み終えた、という感想です。
    「サラバ!」の作中に出てきたこと、他の方のレビューを見て面白そうだったこと、などから読み始めましたが、私には難しかった…。
    話の繋がりがよく分からなかった…。

    なんとなく暗いイギリスの雰囲気が印象に残りました。

    ディケンズさん、ゴメンなさい。

  • まさか遺産の相続元がミス・ハヴィシャムではなくて、あの助けた囚人だったとは!びっくりしたし、ピップがその事実を知ってからこの物語はおもしろさが増した。ピップとマグウィッチ、ピップとエステラ、ピップとハーバート、ピップとジョーとビディのやり取りというか愛は読んでいて感動するね。それだけ思い出しただけでも、ピップはすごい愛されているな。放蕩息子的な感じだったのに(笑)
    相手のことを無能だと思っていたのは、自分が無能だったからだ的な言葉は中々よかった。
    ディケンズは本当におもしろい本を書きますなぁ~(笑)

  • 何度読んでもよいものだと思う。49章とか51章とか、好きだな。

  • [配架場所]2F展示 [請求記号]933/12/2 [資料番号]0000091509

全37件中 1 - 10件を表示

ディケンズの作品

大いなる遺産(下) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする