クリスマス・カロル (新潮文庫)

著者 :
制作 : 村岡 花子 
  • 新潮社
3.59
  • (109)
  • (135)
  • (250)
  • (23)
  • (9)
本棚登録 : 1327
レビュー : 159
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102030080

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ●英
    訳がちょっと読みにくかったけど。

    確かに、クリスマスにちょっと触れたくなる、心温まる話。
    人に優しくしたくなる。

  • ディケンズのひとつぐらい読んでおかないと、
    みたいな?(こらこら)これはどう評価すればよいのやら。
    私のように心が汚れていると評価に困りますな。まあ短いのでさらっと読める。

  • ケチで頑固で他人を愛することのない大金持ちのスクルージ。クリスマス前の夜、亡くなったビジネスパートナー
    マーレイの幽霊が現れる。
    マーレイの予言によると、3人の幽霊の導きを得なければ自分と同じ運命になるとのこと。
    スクルージは、3人の幽霊がみせた景色により、人生おいて大切なものを思い出す。

    予想通りの展開なのに、予想以上に心温まるいい話だった。クリスマス前におススメ

  • クリスマスの頃には毎年読み返したい小説。学生時代から何回も読み返してきました。人って子どもの時代の思い出をいとも簡単に忘れてしまって、世俗にまみれてしまいがちです。それが「現在」。本書は、そうした「現在」を重ねていくと、つらい「未来」が待っているぞと警告をしてくれます。そして、どんな人でも、「現在」を変えられるのだとスクルージが証明してくれます。

  • 単なる金持ち批判の本じゃなかった。いい意味で裏切られて良かった。

  • 再読

  • 大金を手に入れられない人が己の能力不足から目を逸らす為のストーリー。
    と思う一方、やはり心の繋がりはとても暖かく、幸せの大部分を占めていると思う。大切にしたい。
    スクルージの改心が早すぎて、幽霊3人の役割が少し薄く感じた。

  • クリスマスってやっぱり特別な宗教行事なんですね。
    日本でのクリスマス観との違いがはっきりと描かれていました。
    スクルージさんはだんだんと態度が変わっていくのかと思いきや、一人目の幽霊に会っただけで完全に屈服してしまっているのがおもしろかったです。
    「自分の気の持ちようで人生の善し悪しは変わるんだよ」っていう道徳色の濃い作品でした。

  • ディケンズの有名な作品のひとつです。
    ディズニーも映画化したのでご存知の方も多いでしょう。

    クリスマスの時期になるといつも読んでいます。道徳の本として大人も読むべき一冊です。


    クリスマスの本当の意味とは?

    この本を読む前と読んだ後では、おそらく何かが変わっていると思います。

  • 翻訳者の村岡花子さん同様、毎年クリスマスに読む本。
    何となく児童文学のようなイメージを持っていたけれど、子供の頃は怖くて読めなかった。大人になってようやく意味が分かり、これはけして児童文学ではない。大人こそ読むべき本だと認識を改めた。

    人間誰しも年をとるにつれて頭が固くなり、偏屈になったり、へそ曲がりになったりする。そうなってはいけないと自戒の意味で毎年読んでいる。1年経って忘れかけた頃にまた読む。何度読んでも新鮮な思いにとらわれ、毎回感動している。失いたくない素直な心、他人に対する愛情と善意を思い出させてくれる本。この本を読んでもなお頭が固く、偏屈でへそ曲がりな方には、DHA & EPAを摂取することをお薦めする。

    ディケンズの翻訳はあまり良いものがなく、日本語で読むのが辛い(原書ではもっと辛いが、雰囲気は損ねないだろう)のだけれど、村岡さんの翻訳は好き。私が生まれる前に訳されているにも関わらず、けして古臭く感じない。また、ディケンズの文体もよく捉えていると思う。ジョン・アーヴィングが敬愛するディケンズ。その理由がよく分かるような訳が小気味良い。

全159件中 11 - 20件を表示

クリスマス・カロル (新潮文庫)のその他の作品

ディケンズの作品

ツイートする