クリスマス・カロル (新潮文庫)

著者 :
制作 : 村岡 花子 
  • 新潮社
3.59
  • (109)
  • (135)
  • (250)
  • (23)
  • (9)
本棚登録 : 1327
レビュー : 159
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102030080

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何がしたいかわからん。

  • 話自体は面白かったものの、どうも読みづらい印象を受けました。機会があれば、今度は別訳を読みたいです。それにしても、爺さん変わり過ぎ。

  • ケチで冷酷で人間嫌いのガリガリ亡者スクルージ老人は、クリスマス・イブの夜、相棒だった老マーレイの亡霊と対面し、彼の予言に従って第一、第二、第三の幽霊と共に知人の家を訪問する。現在、過去、未来、それぞれの時間で自らの醜い姿を見せられ、さすがのスクルージも心を入れ替えた──。

    この本の内容を一言で表すなら、「人間革命」という四文字に凝縮されると思う。
    自分以外の人間がどうなろうと、かまわない──まるで現代の風潮を象徴するかのような考えを持っていたスクルージが、自分のこれまでと未来の姿を通して心から自分を変えたいと思い、それを実行した姿に、深く感動した。
    それと同時に、現代に生きる人々が忘れかけている何か大切なことを、彼は教えてくれているような気がした。

  • クリスマスに是非読みたい物語。
    ただ、やや文が古い。英文学!という感じではあるが。
    (訳者は『赤毛のアン』シリーズの村岡さん)

  • クリスマスの時期にオススメの1冊。シンプルだけどとても大事なことを思い出させてくれる。
    心温まるお話。

  • ディケンズの作品は初めて。でもすごく読みやすかった。
    アメリカ文学ってユーモア溢れる人がまじ多いけど、ディケンズは特にたけてる。
    でももっと描写がおもしろかったらなって、期待しすぎかな。

  • クリスマスの季節になると毎年読みますwww
    何回読んでも飽きない心温まるストーリーです!

  • 映画にもなったお話です。スクルージはケチで、人が嫌いな老人でクリスマスをおめでとうと言っている人々を見てばかばかしいと思っていました。ある日、スクルージは三つの幽霊に出会い、過去・現在・未来のクリスマスを見ることになります。すべてのクリスマスを見終わったスクルージは自分がどれだけ寂しい人間なのかを知ります。本のページ数は短いけど、内容が少し難しかったです。最後まで読んで初めて内容が理解できたような気がしました。興味があったらぜひ読んでみてください(^O^)/

  • 人を想う気持ち、家族の温かさ、美味しい食事、これ以上の幸せはないと感じずにはいられません。
    2009/12/27(70-3)

  • 以前、映画を見てとても感動したのを覚えています。
    実は原作本を読む予定は無かったのですが、たまたまダウンロードした、DSiのソフトウェア「世界の名作」に入っていたので、この時期だし、、、という動機で読みはじめたばかりです。
    映画とは少し設定が違うんですね。
    文章に慣れるのに、少し時間がかかりましたが、読み進めるうちにワクワクしてきました。映画以上の感動を期待しつつ読んでいます。

全159件中 71 - 80件を表示

クリスマス・カロル (新潮文庫)のその他の作品

ディケンズの作品

ツイートする