結婚式のメンバー (新潮文庫)

制作 : Carson McCullers  村上 春樹 
  • 新潮社
3.64
  • (23)
  • (40)
  • (28)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 522
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102042021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公のフランキーはたった12歳の女の子です。一般的には思春期の入り口に立っている。しかし、考えていることはとても12歳とは思えません。早熟です。登場人物も彼女の従兄弟のジョン・ヘンリー、この子もまだ6歳、そして8月のある日、台所で彼らとブリッジをしながらフランキーの取り留めのない話を受け止めているのは、黒人の料理女、ベレニスです。この3人の会話がこの物語の殆んどを占めています。
    自分自身が何者なのか、自分を好きになれない彼女は、父の言葉に傷ついています。そこにアラスカで兵役をしていた兄ジャーヴィスが結婚式を挙げるために戻ってきます。兄は花嫁の実家のあるウインターヒルで結婚式を挙げることになっていて、彼女は式に父と参列する予定です。兄と花嫁、そして自分、彼女の中の私はわたしたちというメンバーを求めていました。属すべき、語るべき私たち、「彼らはわたしにとってのわたしたちなんだ」ということにフランキーは突然気がついたのです。そのため彼女の計画では、結婚式に参列したら家には二度と戻らないことを決心します。さらに自分で名前を変えてF・ジャスミンであるように振る舞います。その度にまるで気が触れたような会話や行動が示されるのですが、ベレニスがそれに一つ一つ答えます。皮肉っぽい現実的な言葉で引き戻すそのやり取りが見事です。結婚式に参列した後には…という展開はあるのですが、何と言っても12歳のフランキーの魂の軌跡が核になっています。最初の方は読みにくくとも何度か読むと味わい深くなる作品です。原作を読んだわけではないのですが、やっぱり翻訳者が村上春樹であるが故の良さがあるのでしょうか。

  • 10代前半の少女の多感さが、いかんなく描かれています。

    偶然にも、津村記久子『まともな家の子供いない』と並行して読んでいたのですが、どちらの作品からも少女期の渇望と焦燥が生き生きと伝わってきます。

    村上氏の訳文も見事。

  • 多感で繊細な思春期の少女の微妙な心理を見事に描き切った傑作、という評価が本作に関しては一般的なようです。

    分かる方には分かるということなのでしょう。
    私にはこの作品の良さがさっぱり理解できませんでした。

    自意識過剰な主人公の自分勝手な脳内妄想の連続につき合わさせられるのがきつかったというのが読了後の率直な感想でした。自分勝手さに根拠があれば共感もできたと思うのですが、若いから、ということ以上の理由を見い出すことが私にはできませんでした。日によって名前を変える行為についても??でした。

  • 自身が属する世界に対する疎外感や「リア充爆発しろ(ついでその余波で自分も死んでやる)」と感じたことのある人にとっては面白いし、そうでない幸福な人にとっては無用の長物なのが本作かもしれない。

    アメリカの田舎町で暮らす12歳の冴えない少女が、兄の結婚式を心待ちにし、その結婚式で自分の生活が劇的に変化するのでは・・・と妄想しつつ、結局は何も変わらないというお話。主人公の言動の奇妙さは徹底しており、よくここまでこの年代特有の心理を描けたものだと関心する。

    村上春樹と柴田元幸による海外名作復刻シリーズ「村上翻訳堂」の一冊であり、こちらは村上春樹が自ら翻訳。さながら、女の子版「The catcher in the rye」という感じか。

  • 12歳の少女フランキーが、兄の結婚式のときに家を出ると決める。

    こちらは新潮文庫の村上柴田翻訳堂という新しいシリーズの中の一冊。
    村上春樹さんが絶賛する作品は、大抵はじめて読んだときは肩透かしに似た感覚を覚える。これもそうかなという不安は的中。
    12歳の少女という設定にオバサンはのめり込むことも寄り添うことも十分に出来なかった。
    それでも、ギャツビーのときもそうだったが、再読時には思った以上に感動したり物語に引き込まれたため、もう一度読んで感想を新たにしたい。

    日本人の12歳とアメリカの12歳は随分異なっており面白い。
    日本人より、精神的にも肉体的にも5歳くらいは上と感じる。それでいて勿論大人ではないため、フランキーの不安定さは際立っている。
    今にも男を色仕掛けで口説いてベッドへなだれこみそうでいながら、実際にふたりきりになればオタオタとパニックを来たしてしまう。
    そういった部分など面白く読める部分も多いが、村上春樹さんが絶賛する域には到達出来なかった。残念。

    また、短めな作品でありながら、途中までゆったり進行しているのに、最後はドタバタと終わってしまうところも戸惑うところだ。

    アメリカ作品を読むと、コーンブレッドという食べ物がよく出てくる。
    本書にも出てくるのだが、アメリカ家庭では大変一般的な食べ物のようで、お母さんの作ったコーンブレッドが食べたいと懐かしむように描かれていることが多い。
    一体コーンブレッドとはどういった食べ物なのだろう。トウモロコシの練りこまれたパンだろうか。
    日本でいうところの何に当たるのだろう。ちょっと気になった。

    フランキー、いつかまた読み返すので、それまで本棚で休んでいてね。

  • アメリカ南部の田舎町を舞台に、12歳の多感な少女フランキーのひと夏を描いた作品です。
    主人公の行動や思考は突飛で共感し難く、周りの登場人物もどこかグロテスク。更に、全体的に陰気な内容とあまり救いのない話なのですが、2・3年に一度は読み返してしまいます。
    主人公の強い閉塞感や疎外感をありありと感じさせる手腕に、毎回「凄いな」と感心させられます。
    長らく絶版でしたが、村上柴田翻訳堂シリーズから村上春樹さんの新訳で再登場しました。
    できれば、デビュー作の「心は孤独な狩人」も訳していただきたいです。

    ペンネーム:イカ☆リング

  • わ、この話、サローヤンかサリンジャーだと思ってた。頭の引き出しがどこかで混乱してる〜(≧∇≦)うちの福武文庫は確か題名もちがったけど、このタイトルの方が原題に忠実みたいだ。個人的には「心は孤独な〜」や「悲しき酒場の〜」の方が好きだけど、新潮文庫でハルキ訳なら世に長く残りそう。ヨカッタヨカッタ。

  • 思春期丸出し小説だったけど、共感できず終わった。田舎で育った子はこんな感じの思春期だったのかい?
    ジョンヘンリーが可哀想で、フランキーとか結婚式どころの騒ぎではなかった。
    あと春樹フレイバーてんこ盛りだった。

  • アメリカ南部の小さい町。
    太平洋やヨーロッパでは、戦いが行われているが、片田舎の町にはその靴音は聞こえてこない。

    毎日が退屈で、暑くて、これといって何をやりたいこともない、けだるい午後がずーっと続いているような日常。
    その町に暮らす12歳の少女フランキーの夏休み。
    子供たちと町を走り回るには少し年を取り過ぎて、大人の遊びに踏み込むには少し若すぎる。つまり、彼女にはどこにも自分の居場所が見つけられなくなってしまっていた。

    そんな、不安定な女の子の日常に、兄の結婚式という一大イベントが舞い降りた。
    フランキーは、結婚式に夢中になり、それをきっかけにしてこのけだるい町から脱出することを計画する....

    南部のけだるく暑い町の風景。そこに暮らす情緒不安定な少女と、いとこの少年と、黒人のお手伝いさん。
    毎日、これといった刺激もなく、ただカレンダーの日付が変わっていくだけ。
    本書の最初をページを開いた時から、どっぷりとそのけだるい生活に取り込まれ、その少女の不安定な心ど同化してしまう。そんな作品だと私には思えます。

    本書にであったのは、大学1回生のころ。
    英語のリーダーのテキストが、"The Member of the Wedding"だった。その世界に引き込まれ、本書の日本語約や"The Heart Is a Lonely Hunter"(心は孤独な狩人)を読んできた。
    すでに絶版となっていた本書が「村上柴田翻訳堂」シリーズとして再度世に出されたことは、とてもうれしい。
    また、フランキーに出会うことができたのだから。

  • 『結婚式のメンバー』は、兄の結婚式で人生が変わることを夢見るフランキー・アダムスという名の12歳の少女の「緑色をした気の触れた夏のできごと」を描いた長編小説。生まれ育った町を出て行ってしまいたい、自分の名前を新しく変えてしまいたいとフランキーが抱える狂おしいほどの焦燥感が物語を貫く。

    そんな焦燥感は、我々の胸に鋭くせまり、時には古傷をえぐる。読んでいて痛々しさを感じるほどに。なぜなら、我々は12歳のフランキーが抱いていた焦燥感の記憶を抱えているからだ。12歳のフランキーは、大人になった我々のかつての自分自身の姿なのだ。だからこそ、その痛みや古傷を思い出しながら、フランキーの行動をハラハラしながらページをめくることになる。

    『結婚式のメンバー』は、単なるノスタルジーではない、大人になった我々がかつて抱いたヒリヒリとした焦燥感を呼び起こす小説だ。真夏の太陽の光と熱、真夏の夕闇が部屋に侵入する光景。自分の住む家や育った町にうんざりとしながらも、自力ではどこにも行けない諦め。時代や場所は違えども、二度と訪れない子どもの頃の風景が、目の前に立ち上がる。切なさと切実さをともなって。

全62件中 41 - 50件を表示

カーソン・マッカラーズの作品

ツイートする