結婚式のメンバー (新潮文庫)

制作 : Carson McCullers  村上 春樹 
  • 新潮社
3.64
  • (23)
  • (40)
  • (28)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 523
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102042021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 兄の結婚式で人生が変わると思った12歳の少女の物語。村上春樹翻訳。

    世界の物事が全て自分とつながっているように感じたり、逆に全く自分とつながっていなくて孤独を感じたり…そんな気持ちを思い出した。
    書かれている感情は若いころだけのものではないと思う。生きていく上でなんとなくゆっくり考えていたい。

  • 素晴らしい作品だと思う。心の不安定さをここまでリアリティのある表現で綴った作品はほかに知らない。(といえるほどの作品を読んだ訳ではないけれど)
    私生活でもかなり不安定な精神状態だったようだが、だからといって、それをリアルに文学作品に昇華できるというものでもないだろう。
    名前へのこだわりも面白い。フォークナーの「響きと怒り」にも、改名へのこだわりが出てくるが、アメリカ人にはそのような考えがあるのだろうか。

  • 恐らくは、誰もが一度は強く感じたことのあるフィーリング――内面と外面が不可分で、現実と夢が曖昧で、役割が可能性を押しつぶす前の、言葉や定義では説明できない状況――を見事に捉えている作品。主人公であるフランキーの呼称が変化していくのも、彼女が内面と外面のどちらに傾いているかの顕れで、その彼女が時間を共にするベレニスとヘンリーがそれぞれ象徴する、現実の苦渋と世界への無垢さと何とか接点を持とうと懸命に葛藤するさまは感動的。情景・状況描写も心情描写に見える。作者は世界の在り方とフランセスの心模様を対等に、瑞々しく描出する。その視点も含めて素晴らしかった。

  • 春樹、もうちょっと上手に訳せなかったの?涙
    ティファニーは良かったのに…哲学書みたいだった…
    ごめんなさい、疲れました…

  • 思春期ってこうだよね、という話。

  • 12歳の少女の、不安定な精神がありのままに描かれた作品。とても率直で、もやもやした感情はもやもやしたまま、イライラはイライラのまま文章にされていて、読むほうにもダイレクトに伝わってくる。
    (2016.4)

  • ガイブンファンかつ村上ファンとして期待大の本シリーズが始まった。翻訳本は「気が付くと絶版」というリスクと隣り合わせなのだよね。
    まずはやはり村上訳から。マッカラーズは初めて読んだ。
    12歳の少女と共通するのは女性という性だけでフランキーの母親の年齢なのだが、共感で胸がキリキリと痛い。私も、みっともない自分の外見と存在を抱え、行き場のない怒りや不安を抱え、「ここでない素敵などこか」に出て行きたくて仕方がなかった。日々は退屈で長く、フラストレーションとコンプレックスがふつふつと煮詰まっていった。姉は頭がよくてモテて彼氏がいて別の世界に住んでいるようだった。
    今の自分もその暗がりと地続きで繋がっているが、大人なので折り合いをつけて暮らしている。そうだ、私は18才で東京という「どこか」に飛び出し、それきり帰っていない。
    普遍性に共感すると同時に、文章の先にある風景やムードに、とてもクラシカルなアメリカ文学であるとも感じた。クラシカルといっても、サリンジャー、ブローティガン、フィッツジェラルドなどだ。村上さんが本書を訳したかったのも納得である。

  • 少年時代のなんとも言えないあの頃を思い出した。

  • 村上春樹 訳。村上春樹と柴田元幸がセレクトする海外名作小説の村上柴田翻訳堂。兄の結婚式で人生が変わると夢見る少女の日常。少女の危うさが女性作家ならではの繊細さで描かれている。

全62件中 51 - 60件を表示

カーソン・マッカラーズの作品

ツイートする