結婚式のメンバー (新潮文庫)

制作 : Carson McCullers  村上 春樹 
  • 新潮社
3.64
  • (23)
  • (40)
  • (28)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 522
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102042021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 変な小説ーっ!

    というのが読み終わった直後の感想。

    Part3は予想外の展開になって急におもしろかったけど、そこに行くまでは全然おもしろくなくて苦痛でした。
    人の頭の中だけであーでもない、こーでもないって続く小説が、そもそも、もともとあんまり好きじゃないので。

    確か、村上春樹氏の奥さんが何度も読んでいて、珍しく英語でも読んでいた、とどこかで書かれていたのが手にした理由。奥さんに関する情報がほとんどないせいか、すごく食いついてしまって期待しすぎたんだとは思うけど、それにしても、Amazonでの大変な高評価に驚く。ほんとにみんなそんなにこの小説好きなの?村上春樹の評価に影響されてない?ほんとに??って聞きたい。(笑)

    そして、「通過儀礼の小説かぁ、ふぅ、(しんどかった)」と思いながら読み終わり、続けて解説を読んでビックリした。
    『この小説は単なる「人生の通過儀礼」を描いた小説ではないということだ』と書いてあるではありませんか。
    なんだか、宿題をいいかげんに終わらせて遊んでいたのをもろに見つかった中学生のような気分になった。
    り、理解が足りなくて、すまん・・・

    でも、「たけくらべ」に似ている、っていう村上春樹さんの説はすごく新鮮で興味深かった。そういうユニークな比較、大好きなので。(ただし同意するかどうかは微妙)

    あと、相変わらず村上春樹氏が翻訳で使うカタカナ語の趣味は合わないと思った。英語の音をカタカナに置き換える時点でいろいろ無理があるんだから、ブルーズブルーズと、そんなにムキになってそこだけ原音に忠実に書かなくても、日本語として浸透しているブルースでいいじゃない、と思う。(もしくは、やるなら全部徹底してやれ、と思う。RとLを書き分けるくらいに。)
    用語に違和感があると、どうしてもそこで読む勢いが止まってしまうし、村上氏がブルーズって書いているのを見るたび、私はどこかにぶつけて出来た青あざを思い浮かべちゃいます。

  • レビューも良さそうだから読んでみたけど、私には全くわからなかった…。思春期の微妙な心理ということを前提に読んだけど、私が全く違う性格だからか、こんなもん?と思いながらも、読んでいて辛くなってしまった。村上春樹さん訳なのも、私には難しいのかも。2016/11/4完読

  • つまらなかった。原文のせいなのかもしれないが日本語訳にしたって何が書いてあるのかさっぱりわからない。こういう小説を楽しめるのはおそらくキャッチャーインザライを面白いと思って読める人だけだろう。ワタシは投げ出しました。

カーソン・マッカラーズの作品

ツイートする