結婚式のメンバー (新潮文庫)

制作 : Carson McCullers  村上 春樹 
  • 新潮社
3.64
  • (23)
  • (40)
  • (28)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 522
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102042021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分はなんのグループにも所属しておらず、なんのメンバーでもない。自分は世界のどこにも含まれていない。
    そう思い悩む12歳の少女フランキーの、むせ返るような緑色で灰色の"気の触れた"ひと夏の物語。
    村上春樹も絶賛しているように、多感で孤独で早熟な少女のみずみずしい感情をすくいあげた小説でした。そう、文芸的に優れているというだけでなく、何か特別でとんでもないものが飛んできたかのような、特別な種類の鮮やかさがある。
    南部アメリカの片田舎で、冴えない父とのろまな従弟と黒人の女料理人と、灰色のけだるい午後の台所が自分のすべてで、どこにもいけない閉塞感に焦燥と苛立ちを募らせ、押しつぶされそうになっているフランキー。毛を逆立て全身を尖らせるその姿があまりにも可哀想で、愛おしくて、かつての私をみつけてしまって、たまらず抱きしめてあげたくなった。「大丈夫よ」と背中をさすってあげたくなった。

    好きな場面、好きなセリフがたくさんある。
    p49 春の朝とても早い時刻、これまで気にも留めなかったなにげない風景がフランキーを傷つけるようになった。アイデンティティーを見失いだす過程。
    p192 気怠く長い午後のおしまい頃に台所のテーブルで無節操に繰り広げられる「聖なる主にして神」の世界。
    p220-244 フランキーの叫び。「世界中を飛び回るの!ひとつの場所に留まったりしない!世界中を巡り歩くの!それが絶対間違いないところよ、もう、なんたって!」「わたしたちは世界全体のメンバーになるのよ!もう、なんたって!」私はほとんど泣きそうだった。
    p309 結婚式がおわったあとの現実。「自分を変えてくれる」と信じていたものからあっけなく裏切られる。結局のところ、他でもなく今いる場所こそが、空想ではない彼女のすべてなのだ。

    出口のみえない真っ暗なトンネル。私もかつてそこを歩いてきた。12歳の、ちっぽけな少女だった。
    でも完全に通り抜けたわけではないのだ。作者であるカーソン・マッカラーズが考えるのと同じように、未だ継続した物語として続いている。当時の自分を忘れたくないし、「そういう時期もあったわね」「みんなが通る道よ」なんて退屈な大人のように軽率でデリカシーのない言葉ではとてもまとめたくない。

  • ベレニスの言ったこと。かかった熱病の種類によっては、その後の一生がどうしようもなく方向付けられてしまう。同じダンスを続けようとして、でも以前とは同じようにステップを踏めないことにいつまでもなじめなくて、くるしみ続けるのかもしれない。違うダンスを踊るには、今までのステップを踏めないまま無様に動くしかないけれど、かつてうまく踊れていたことを忘れるのはいいことだろうか、悪いことだろうか。

    一言でいえば12歳の女の子がかかった熱病の話なのだろうが、切り離された懐かしい過去として読むことはできなかった。自分の中に閉じ込められていることを、意識する時期としない時期があるだけなのだ。

  • まったく予備知識なく、ただ村上さん訳でアメリカ文学の有名どころだっていうので読んでみたんだけど、なんというか、今まで読んだことない、っていうか、ユニークで不思議な感じだ、と思った。
    正直、(わたしだけかもしれないけど)、最初、状況がつかみづらくて読みにくいし、なにか起こりそうで起こらなくて長い、とか思った(大変失礼)し。
    それでも、ローティーンの少女の思春期な感じを描いた作品ってすごくたくさんあると思うんだけど、どれとも違うというか、不思議な感じに惹きつけられる。そして、解説で村上さんも書いてらしたように、だれもが自分の十二歳くらいのときの感覚を思い出すんだろうなあと。

    ベレニスの存在や話がよかったな。

    でも、読後感がけっこう暗い感じ。。。人生は哀しいというか。こういう思春期の暗さ、大人になっていわゆる「リア充」みたいになって忙しさにまぎれてカラっと忘れてしまえばいいんだろうけど、引きずったら辛いというか。カーソン・マッカラーズは引きずったんだろうなあ、とか。まあだから作家になったのか、とか。

  • 「世界って間違いなくちっぽけなところなのね」

    なんというか、ものすごい小説だった。

    その突飛な文章に慣れるのにとても時間がかかった。なぜ突飛なと思うのか…会話劇であり、主人公フランキーの思想が、会話の中にあるから。

    フランキーは名前を変えながら成長していく。

    彼女と、黒人の料理女ベレニス、従兄弟の小さなジョン・ヘンリーの3人が過ごす、キッチンでの、ほんの半日の話がこの本の8割を占めている。

    アメリカ南部の典型的な田舎町、閉鎖的な町から、兄の結婚式と共になんとか、抜け出したい、自由になりたい少女の細かな心の動きを描いた、なんというか凄まじい本だった。またところどころにアメリカの抱えた黒人差別の問題と、人種を超えた愛も読むことができる…

    熱を持った星のような思春期の少女の気持ち、私には分かってしまった。少女の物語はいくつになっても続いているんだ…

  • 大学の講義で「悲しき酒場のバラード」を読んでから、カーソン・マッカラーズのファンでして。

    でも、その本を手に入れるのに神保町を探し回れど見つからず、ネット見たらラスト一冊でウン十年前に翻訳されたやつを発見したという。でも、買ってよかったと思える本だった。

    それを、これまたファンの村上さんが訳されている、というのがちょっとうれしくてですね、

    この本を買ったわけです。成田空港の本屋で。フィリピンに出向く際に。それが2か月前。

    でも、なんか常夏のフィリピンに、この本の妙に重苦しさを漂わせる雰囲気が合わずしばし寝かせておいたのですが、フィリピン生活2か月目にして活字中毒の禁断症状が出て、ほかに読む本がほぼなくなってしまったがゆえ解禁したマッカラーズ。


    でもまぁ、読めてよかった。でもすぐにこう感想を述べられるような読後感とは程遠く、ちょっと消化したらまた感想をかけたらいいなと思います。

  • 昔読み始めたのに挫折した本。新訳が出たので読んでみる。
    「PART ONE」はやはりちょっとかったるくて、昔はここいらで早々に挫折したんだなと思ったが、今回はクリア。
    「PART TWO」になったら俄然夢中になって読了。
    読んで良かった。

    思春期の思いこみの強い個性的な女の子の話というのは珍しくないし、そういう女の子はだいたい(第三者から見れば)辛い青春を送るものなので、そういった意味では珍しくない。(ミュリエル・スパークとかマヤ・ヴォイチェホフスカなんかにもそういう作品あるし。)素晴らしい文章を絶賛されたと聞くが、訳文で読んだわけだからそれに納得するわけにもいかない。
    しかし、アメリカ南部の気だるい夏、料理にたかるハエ、響くピアノの調律の音、何にも属することのできない三人の濃密な毎日がリアルに感じられた。
    三人の関係はあっけなく終わるけれど、この夏はフランキーにとっては生涯永遠に続く。
    どこか別の場所で全く違う人生を送りたいと思いながら、勇気がなく、あるいはチャンスがなく、あるいは現実に縛られて生きる(ベレニスの言う「閉じ込められた」)多くの人に届く作品だと思う。
    自分は自由に生きていると思っている、現状にある程度満足しているという人には、まあ、「何言ってるんだ」って感じだとは思うけど。

  • ときどきふっと読みたいという気持ちがわいてくるのが、村上春樹の翻訳もの。その一冊を久しぶりに手に取った。
    12歳の少女フランキーは自分の兄の結婚式を機に、いま住んでいる街を出てどこか遠くに行ってしまいたいと願う。そんな成長途上の少女の心の動きを繊細に描いたというのが、この小説の謳い文句でもあるし、それは確かにその通りだろう。
    だが、どうしてもワタシには、フランキーが12歳とは思えない。これはミルハウザーの『エドウィン・マルハウス』に登場した11歳のエドウィンやジェフリーにも感じたことなのだけれど、せいぜい10代後半、いや20代前半といわれても違和感を覚えないくらいなのだ。もちろん彼らのみずみずしい感性や幼さが残る行動は紛れもなく11歳や12歳だ。
    でも、彼らが感じる苦痛や恐怖や不安が、圧倒的に重くのしかかる。この熱病にかかったかのような息苦しいダークな部分が、彼らを実際より大人に見せているのだ。
    そして、この息苦しさはどこかで読んだ覚えがある…と思っていたが、読後に気づいた。『オン・ザ・ロード』ではなかったかと。
    「自分が監獄に連れて行かれることはないのだ。ある意味では彼女はそれを残念に思った。見えない監獄に入れられるよりは、どんどんと壁を叩ける監獄に入れられた方がまだましだった。世界はあまりにも遠くにあった。」 こんなフランキーの思いのベースにあるのは、正体不明の閉塞感と、それを打ち崩すにはどうしたらよいのかという永遠の疑問だ。大人になるにつれて忘れてしまうこの疑問は、時代は違えど、『エドウィン・マルハウス』、『オン・ザ・ロード』、そしてこの『結婚式のメンバー』の中で、しっかりとその存在を示している。

  • 不安定な思春期を過ごす主人公の少女の心の動き。不満、不安、期待、焦り、そんなものがカオスのように心の中を渦巻く中、魅力的で包容力のあるベレニスや、いかにも男の子らしい男の子のジョンと繰り広げる会話がとても魅力的。よい本だと思いました。訳も秀逸なのだ。

  • 物語から感じる気温や湿度が大好きなカポーティに近いのだけど、更にひりひりさせられる。
    何のメンバーにもなれなかった自分を、出来れば思い出したくないのだ。
    思い出すなら、せめて、甘やかす形で思い出してやりたいのだ。
    でも、この小説はそうはさせてくれない。
    かと言って突き放し過ぎているわけでもなく、その距離が絶妙。
    他の作品も是非読みたい。
    もう少し、胸のひりひりが治ったら。

カーソン・マッカラーズの作品

ツイートする