十五少年漂流記 (新潮文庫)

  • 2010人登録
  • 3.70評価
    • (158)
    • (209)
    • (292)
    • (28)
    • (6)
  • 213レビュー
制作 : 波多野 完治 
  • 新潮社 (1951年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102044018

十五少年漂流記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少年たちの冒険の物語。

  • 対立・危機、挑戦、克服、和解。様々な困難を経て少年たちは成長し、一つにまとまっていく。定番の漂流モノで、型にハマった感はあるが、ワクワク感は損なわれていない。特に、ラスト近辺は危機一髪、怒涛の展開。本筋とは外れるが、少年が銃を易々と扱い、鳥獣を狩猟する点、また、狐などの野性動物の生態に少年ですら精通しているのは、19世紀西欧の文化を反映しているようで興味深い。また、生き延びるためには悪人や動物を支配し、あるいは殺害しても正当化され、罪悪感の欠片も生まないという発想も19世紀西欧のそれという感じがする。

  • 多分少年時代に読んだような気がするのだが、まったく覚えていない。
    で、読んでみたら面白い。何が面白いって、全編手塚マンガってこと。そうかー、手塚のルーツの一つなんだなあと感嘆。

  • 面白かったよぉ~。
    原作のタイトルは『2年の休暇』って言うらしい。
    少年たちが船で漂流してたどり着いたところは無人島だった。
    そこでの2年の生活を書いた話。

    児童文学だけど、面白かったわよ。
    私が読んだのは新装改訂版なので、余分な文章とか省かれてるの。
    だからすんなり読めたけど、私としてはもっとじっくり読んでみたかったな。
    だから、森田思軒さんが最初に訳した本のほうが好きかもしれない。。。
    ちょっと内容が薄いって感じ。

    しかし、このジュール・ヴェルヌって人の本はいっぱい面白そうなのがあるわ~。
    要チェックです。

  • 子供のころに読んだ作品の中で、最も印象深い作品です。
    読書感想文で何度お世話になったことか…笑
    思い出込みで星5つです。

    当時は、探検ものとしか考えていませんでしたが、今読めば、人種差別に近い内容が含まれていたりで、色々考えさせられる作品なんですよね。

  • 「好きな本は?」って聞かれると「十五少年漂流記」って言います。
    これはもう、昔っから。

    男の子たちの友情や勇気や知恵に憧れる。

    無人島に本を1冊持っていくなら、間違いなくこれ。

  • スペシャルカバーで購入。

  • 2018.2.17読了。名前は知ってるけど内容知らない本を読んでみようキャンペーン再びである。著者は仏人で主人公のブリアンも仏人、ライバルであるドノバンは英人。英仏が当時から子供に至るまで埋まらない溝があったのだなと痛感する。物語としてはこの2人は和解するがそれは著者の子供たちに向けてのメッセージや願いを含んでいるのだろう。でなければ冒頭ですでに国の違いで友達をきらうことが災いの根になること暗示しないだろう。ゴードンが米人なのも意味があると思う。多民族国家生まれの彼はちょうど2人の橋渡しや緩衝剤の役割を果たしているから。また唯一彼だけ帰るより島で暮らすのを喜んでいるのも面白い。黒人であるモーコーの扱いも歴史を反映しているだろう仲間として認められているが選挙権はないのだから。また島の各地の名前に故郷の名をつけるのもあちらの国らしいなと思った。それだけ国と出身の違いが重要視されていたのだろう。今の日本の子供なら故郷にちなんだ名前なんて絶対つけないだろうな。
    共和主義や議会制民主主義の理想を子供に解いて聞かせる狙いがあったとはいえ、大統領の選定もらしいと思った。でも日本でもリーダー役くらいは決めるか。てか『ロビンソン・クルーソー』はこれよりも前に書かれたものなのか!読みたいがなかなか見つからん。にしても彼らは賢いと思った。洞穴に火のついた草束投げて有毒ガスの有無を確認するところなんかは私では思いつかないだろう。他にも動植物や地理の知識が素晴らしい。やはり知恵は身も守るな。あと足を引っ張る分かりやすいバカやアホやクズが居ないのもいい。それに勉強の時間を自分達で設けるのは心底感服した。にしても3年というかなり長い期間島に滞在してた事に驚いた。中2が高2になってるぞ。でもまぁこれが子供の為に書かれたものならそりゃ全員生還さてたげたいよね。最後に原題にあたるのかな?「ニカ年間の夏休み(休暇)」とあってなんかおしゃれだなと思った。挿絵は木版画だろうか。粗くて細かいという印象だ。良い味出してる。重訳のおかげで文体の欠点が改善されたというのは面白い。日本人に受けたのは分かる。島国ゆえに国の違いが薄いからもあるが武士道とフランスの騎士道は似たところがあるからというのも一因と思う。だから主人公のブリアンへ当時の日本の少年たちは共感しやすくて受けたのではないだろうか?表紙の船が島の上に浮かんでるのは謎だがイギリス国旗がはためいてるのはわざとだろうか。

  • 子供のころに結局読まずじまいだった本。今さらながら初読した。読んでびっくり。人生において必要な要素のほとんどが入った名著だ。統率と従順、勇気と慎重、尊敬と謙虚、闘争と協調、謝罪と恩赦…。15人の少年たちがぶつかり合いながらも、ひとつのチームにまとまり生き抜いていく様が、理想的に描かれている。小学生の頃に読んだら人生が変わるかもしれない。

  •  新潮文庫版の表紙の絵がとても好きです。内容ももちろんおすすめです。無人島に上陸した15人が、想像力、精神力、団結力を発揮して、一日一日を乗り切り、仲間の大切さに気づかされる物語です。
    (カウンター担当/日向葵)平成29年12月特集「ジャケ借りしよう!」

全213件中 1 - 10件を表示

ジュール・ヴェルヌの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
ウィリアム・ゴー...
有効な右矢印 無効な右矢印

十五少年漂流記 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする