チャタレイ夫人の恋人 (新潮文庫 ロ 1-6)

  • 新潮社
3.20
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102070079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アメリカを彷彿とさせる性や生きることへのイノセントなアプローチをイギリス文学的な精巧な文章で書かれている傑作。この小説は単なる過激な恋愛小説じゃない。この小説の本質は、このままだと機械やくだらない文明社会に我々の本能的な人間性、純粋な性的欲求を奪われてしまうぞ!というロレンスの命がけの主張なのである。

  • (1968.07.07読了)(1968.06.29購入)
    (「BOOK」データベースより)
    コンスタンスは炭坑を所有する貴族クリフォード卿と結婚した。しかし夫が戦争で下半身不随となり、夫婦間に性の関係がなくなったため、次第に恐ろしい空虚感にさいなまれるようになる。そしてついに、散歩の途中で出会った森番メラーズと偶然に結ばれてしまう。それは肉体から始まった関係だったが、それゆえ真実の愛となった―。現代の愛への強い不信と魂の真の解放を描いた問題作。

  • どうすればいいのでしょうか

  • 実生活でも作品と同じようなことをしてさまよい続けたロレンス。
    彼の人生は、身分差別、全体主義その他さまざまなものへの抵抗と脱走からなっている。
    「性」はそのひとつの手段。

  • 読み始めたけれど、ページが全く進みません(^^;。がんばります。

全5件中 1 - 5件を表示

D・H・ローレンスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デュマ・フィス
ウィリアム・ゴー...
ドストエフスキー
ツルゲーネフ
三島由紀夫
スタンダール
ウラジーミル ナ...
ヘミングウェイ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×