完訳チャタレイ夫人の恋人 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.52
  • (25)
  • (42)
  • (89)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 628
感想 : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (575ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102070123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コニーは裕福な貴族クリフォード・チャタレイのもとに嫁いだ矢先、夫はすぐに戦場に赴き負傷し下半身不随となってしまう。若いコニーは心も体も満たされず心苦しい日々を過ごしていた。ある日、森番のメラーズと出会い男女の一線を越えてしまうが、コニーは女として本当の悦びを知り逢瀬を重ねていく。

    20世紀最高の性愛文学と言われ、発禁処分や検閲から数十年を経て再版された完全版です。
    女としての経験を経て、はじめて「女として生まれた」と噛みしめているコニーの発散された想いは悦びと愛情に溢れています。メラーズもまた、心から愛した女性との行為に悦びを爆発させています。夫を持つコニーの行動は決して賞賛されるものではありませんが、絶望の淵にいたコニーとメラーズがぽっかりと空いた互いの穴を埋めるように惹かれ合い、体も心も満たされていく描写はただただ綺麗です。
    性描写が注目されがちで、言ってしまえば不倫関係です。しかし激情的なものではなく、傷を抱えた二人が求め見つけた、癒しにも似た真実の愛は温かみすら感じます。そこから派生する人間模様や心情描写、背景にある社会階級問題など、純粋に文学的な作品として上質なものを読んだという印象でした。

  • クリフォード・チャタレイ卿と結婚したコンスタンス(コニ-)は、第一次大戦での負傷で下半身不随となった夫との空虚な生活に不満を抱いていました。やがて森番のメラ-ズに魅かれていきます。嫡子の望みを絶たれたクリフォ-ドはコニ-に「ほかの男の子供を産んでくれるといいんだが」と漏らします。この時代の労働者階級は下層民として蔑まれていたので、チャタレイ夫人の相手の男を知ったクリフォ-ドは「あの生意気な田舎者とか! あの下卑た無頼漢とか!」と怒り狂うのでした。100年前の貴族社会の道ならぬ恋を描いた物語です。

  • ある年代以上の人なら「チャタレイ夫人」と言えば「猥褻」の代名詞というイメージだと思う。私も敢えて猥褻なものを読んでみようとは思わなかったので読んでいなかったのだが、たまたまロレンスの短編集を読んだら、素晴らしかったので、ロレンスの作品が猥褻だけの筈がない、と読んでみた。
    まず、読む前のイメージは、夫が戦争で下半身不随になり、性に飢えた上流階級のチャタレイ夫人が無学でマッチョな森番と性愛の悦びを知る、という感じ。
    だから、チャタレイ夫人がそもそも森番に出会う前にも浮気をしていたことや、夫もそれを認めていたこと、森番が中背で痩せていて、無学ではないことはちょっとした驚きだった。チャタレイ夫人とメラーズの関係は、身分違いだが真っ当な恋愛なのである。
    貴族であり、作家でもある夫の人間としてのつまらなさ、浮気相手ともわかり合えない空虚さ、さらには炭鉱で働く人々を搾取することについての夫との意見の相違(これは、階級についての小説なのだ!)がまずチャタレイ夫人の苦しみで、性的な問題はその苦しみのひとつに過ぎない。
    メラーズも、森番ではあるが、フランス語も操り、本も読み、戦争では出世した人物であるが、戦争や妻との関係、体を壊したことなどから、孤独であることを敢えて選んで生きている。
    身分違いの恋愛、それからイギリスにがっちり根付いた階級の問題、日本よりずっと早くやって来た炭鉱の黄昏、その中であがきながら生きる二人の物語なのである。性愛のシーンはあるが、多分今どきの一般的な恋愛小説よりずっとあっさりしていると思う。これが猥褻とされて最高裁までいったということに隔世の感を抱く。そういうシーン自体全体の分量からすれば、それほど多くないし、そもそも全体をちゃんと読めば、猥褻が目的ではないことはわかって当然なのだ。
    読んで面白い小説だし、本当に人間というものがよく描けていると思う。
    とりあえず一番古い伊藤整訳で読んだが、光文社の古典新訳文庫もよさそうだった。ちくま文庫の訳は、メラーズが九州弁を喋るのがどうしても違和感があり(なんだかコミカルになるというか)読めなかった。
    翻訳ものは、複数の訳がある場合は、よくよく吟味してから読んだ方が良いと思う。九州弁が悪いわけではないけど、外国の方言を日本の方言に置き換えるのは無理なのではないかと。

  • 読んだのは別の全集だけど訳者が同じなので。
    面白かった気はするけどあんま頭に残らない。

  • 期待せずに読み始めたら、とても面白かった。
    登場人物の個性がみんな強くて、更にコニーの内面の移り変わりが読んでいてワクワクする。

  • ショッキングな話題のほうで有名になってしまっていますが、作品自体とても魅力的です。
    問題となった箇所も全然卑猥だとかそういうこともなく、とても誠実な啓蒙小説という印象を受けました。

  • 約100年前のお話。日本で発行された時は欠落本として出されたのが有名。
    でも、実際読んでみて、全然やらしくない。しかも今っぽい。女の方に収入があるとか。性の不一致とか。
    ロレンスの「性とは宇宙における男女間の均衡である」接触によって互いに生命を与え合う、そう言う合一こそが性行為で、男女の生活は生と死の完全なリズムをたどる永遠の更新である。という考え東洋医学にも通じる考えがあるからかしら?
    そしてダブル不倫なのね。世間から攻撃されない為には結婚しなければならない。その為には離婚しなければならない。

    チャタレイ夫人が不幸だったのは結婚前に喜びを知っていたからかな。知らずにずっと閉じたままなら、夫からアプローチなくともそのまま人生が過ぎ去ったかもしれない。

    クリフォード…「本当にあなたは私にいつか子供を産んで欲しいの?」彼は答える。微かな不安を浮かべて、「そういうことが僕らの間を変えさえしなければ。互いの愛情、僕に対する愛情に変わりさえなければ」

    肉体生活などは動物と同じだ。
    性って難しい。再婚も。前の奥さんと愛し合ったのに現在は憎み合っているその過程を言いにくくても言ってもらうことで、前に進める気がする。

    メラーズ…自分と同じだけ性への興味を持ち、一緒にいく女が欲しい。女も自分から同時に喜びを得てくれなければ自分の喜びと満足をえられない。

    子供を世の中に送り出すというのは恐ろしいと思っている。子供がこの先どうしていくかと思うと、とても怖い。

  • 昔古本屋で買って、本棚に2年くらい放置していたが、ようやく読了。
    メラーズの気持ちが分からず、途中から一気に読んでしまった。
    この状況だと、コニーもメラーズもお互いのことを確信を持って信じるのは難しいよなあ、と思った。
    性的描写も美しいし、森の風景描写も良かった。
    ボルトン夫人、家政婦は見た!みたいな立場だけど、よく立ち振る舞ってて素敵な人だ。

  • ロレンスといへばこれ、といふ作品ですが、安易な機械文明批判を展開してゐたり、或は表現の仕方が過度に感情的であつたり、とかく欠陥の多い作品でもあるため、ロレンス入門としてはあまりおすすめできません。『死んだ男』を読みませう。

  • 一時発禁問題となった作品らしいが、海外の小説を読むとよくこのタイトルが文中の登場人物が読んでいるので興味を持って借りて読んだ。
    (実際そういういきさつで借りた本多数)
    官能小説としてはいささか古ぼけており、現在ではなんら問題の無い内容、むしろ描写がまだまだ甘いw
    まぁそこは文学小説。そもそもイギリス小説というのは主人公がとにかく自己主張が激しい、コニーもすごいが周りの登場人物もかなり激しく、なでぜこまで口論するのかと思いたくもなるがこれはまったりした日常風景を描いたのでは無くあくまで文学小説w
    主張よりもそういった会話の情景を楽しむ本なのである。
    想像ではもっと淫靡でもっと多くの男性との経験が語られているのかと思っていたが1人の男性と性の真価を得る、といった話で、まぁ代表作を押さえたかな、と言う程度であまり印象にも残らず、記録の一冊として感想を閉じるとしよう。

全62件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

D.H.Lawrence.
1885 ~ 1930 年。イギリス出身の作家。
大胆な性表現や文明社会と未開社会の葛藤などを主なテーマに据えた。
イギリスからイタリア、オーストラリア、ニューメキシコ、メキシコと遍歴。
この間に、『アーロンの杖』『カンガルー』『翼ある蛇』などの問題作を
次々と執筆。ローロッパへ戻ってものした『チャタレイ夫人の恋人』が
発禁処分となるなど、文壇の無理解もあり長編の筆を折る。
その他の代表作に『息子と恋人』『虹』『アメリカ古典文学研究』
『アポカリプス論』など多数。

「2015年 『ユーカリ林の少年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

D.H.ロレンスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
三島由紀夫
ヘミングウェイ
プロスペル・メリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

完訳チャタレイ夫人の恋人 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×