スペードの女王 (新潮文庫 フ 1-1)

著者 :
制作 : 中村 白葉 
  • 新潮社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102080016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表題作はチャイコフスキーによるオペラ化で有名な短編小説で、内容のほうもかなり面白く、ラストまで引き込まれた。表題作以外はどれも未完作品ばかりだが、最後に入っている「エジプトの夜々」などは深い印象が残る。

  • 表題作意外は、未完。

  • 岡本綺堂訳の「スペードの女王」を読んで俄然気になって、黄ばんだこれを引っぱり出してみた。私の記憶どおり、筋立ては何ら変わるところがない。人名の表記が違うことなど気にはならない。(翻訳年代が違うし底本は別かもしれないが、それもここでは問題の内ではない)。ただ、「見える景色」が全く違った。いずれ優劣の話でもない。良き繋がりは、またさらに良き繋がりを……といったようなことを考えたまでのこと。ロシア文学は苦手、と思った時期があって、しばらくそれを引きずっていたけれど、書架を見るかぎり、それほどでもないか、などと思い直したり。

  • カルタにはいっさい手を出さなかった青年将校ゲルマンは、フェードトヴナ老伯爵夫人が必勝法を知っていると聞くと、老夫人の書斎へ忍び込み、ピストルまで突きつけて秘伝を教えろと強要する。老夫人はショックのあまり死んでしまう。ある夜、夫人はゲルマンの夢枕にあらわれて、「三」「七」「一」の順で張れと教える。ゲルマンは「三」で勝ち、「七」で勝ち、最後に「一」を張る。だが、出たのは…

全4件中 1 - 4件を表示

プーシキンの作品

ツイートする