ジェーン・エア(下) (新潮文庫)

  • 新潮社
3.74
  • (56)
  • (79)
  • (98)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 675
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (449ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102098028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最も印象深いのは、思い人との結婚まであと一歩という所まで辿り着き、私の中の理性や良心、感情までもが結婚に賛成しているにも関わらず、それでも「私がわたしであるために」決死の思いで申し出を断るシーン。そう、ある種の人にとって個性というのは決して有難いものではない。選ぶことのできぬ生い立ちという環境から必然性を持って形成されたその自我は、時に呪いとなって己を苦しめる。大団円を迎えるラストが存在せず、誠実な村の女教師として生涯を過ごしたとしても彼女は十分に幸福な生涯を遂げられただろうと思うのは自分だけだろうか。

  • ペーパーバックであらすじは
    知っていたので、邦訳版読んだ
    感想としては……キリスト色濃いかなぁ、
    というかんじです。

    "輪廻転生"とか"因果応報"はすっと馴染めるのに、
    "汝の隣人を愛せよ"と言われると、え…と
    思ってしまうのは、……ん〜、
    …………無宗教な生活でも、根っこは仏教なのか。。。

  • 大久保さんの訳は、言葉がとても丁寧です。

  • ☆3.5

    ようやく読み終わった。
    上巻は幼少期の苦難の生活から始まる主人公の怒りや大人びた性格が若干鼻についてあまり好きになれないし読み進めるのがつらかったけど、下巻は怒涛の展開です。
    ジェーンエアの性格も生真面目さと誠実さ意思の強さが感じられ、この18、19歳にして10年くらい年取った老成を感じさせます。
    都合のいい神の思し召しはあるものの、艱難辛苦を乗り越え結ばれた結末は良かったなと思います。

  • 前半はロマンス好きのわたしにはたまらなかった。
    ネタバレで展開は知っていたので(というか裏のあらすじでガッツリネタバレ)、上巻からの伏線が回収されていく様が面白かった。
    家族の居なかったジェーンに従兄妹たちがいるとわかったときの暖かさが良い。
    ジェーンとロチェスターが美男美女でないと何度も強調されるので一体どんな顔なんだろう、と悩んでしまうので映画で補完しようと思う。

  • 怖い、と思っていて読んでいなかった。それは小さい頃映像でちらりと見たからで、筋も大雑把に知っていたから。
    その後エミリー・ブロンテの嵐が丘は読んでいたのだが。

    がしかし。本はやっぱり良いわ。下巻は一気に読んだ。
    ありがとう、ウルフ(ヴァージニア・ウルフの「自分だけの部屋」でシャーロット・ブロンテに触れていたことがついに手を取ったキッカケ)。

    あー。オーソン・ウェルズ主演の映画見ちゃおうか。。

  • 孤児のちいさなジェーンが、様々な苦難を乗り越え大人になり自立していく数十年はメロドラマ的だけれど、その裏にはキリスト教を背景とした裁きと慈悲がある。

    シャーロットブロンテが見てきたヒースの原野は今も変わらずそこにあります。

  • 下巻です!

    (上巻のレビューでも書きましたが)二十歳くらいのときに大好きな小説だったのですが、下巻を再読してみてびっくり。
    私ってこんなにロマンチストだったの?!
    たぶん、ジェーンエアが一番好きな本だと公言していた時期もあったと思う・・・
    今読んでもときめく本だとは思うけど、こんな恋愛に憧れていたのかしらと、違う意味でとても衝撃的でした。
    若かったのだなあ~

    あっ、先日読んだレベッカといい、大久保さんの訳最高です☆



  • 後半は一息に読みきったー!
    自然情景の細やかさが好きです。
    内容的には日本の作家さんで例えるなら有吉佐和子さんかなぁ。
    幸せの形が嵐が丘よりはこちらの方が共感しやすかったかも。
    ごめんよエミリさん!
    とはいえ、嵐が丘も随分前に読んだからまた読み返してみようかしらん。

全57件中 1 - 10件を表示

C・ブロンテの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーガレット・ミ...
遠藤 周作
マーガレット・ミ...
エミリー・ブロン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ジェーン・エア(下) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×