スタインベック短編集 (新潮文庫)

制作 : 大久保 康雄 
  • 新潮社
3.64
  • (20)
  • (21)
  • (39)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 298
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102101032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奇妙であったり、ホラーであったりミステリーであったりと、淡々とした文に様々な要素がある。
    「蛇」がよかった。
    怖い。

  • 収録された「朝めし」簡素な朝食をこれほど美味しそうに描いた文章はない。

  • ジュウジュウと焼けるベーコンの脂。焼きたてのパン。コーヒーの湯気。おいしそうな匂いが漂ってきて、読んでるそばからおなかがすいてくる。

  • 大人向けの乾いた文学
    今読むと結構厳しい内容が多い事に気付く

    1954年初版、もはや古典ですな。

  • 文学

  • どの作品も最初がとっつきにくい感じ。読み進めれば、あっという間に終わってしまうのだけど。
    まぁ、世の中色々な人間がいるよね、という印象しか残らなかった。

  • 2014.3.25 読了

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第54回目に紹介されたのは、「スタインベック短編集」に登場する『朝めし』。

    ―老人は私のほうを向いた。
    「朝めしはすんだのかい?」
    「いや」
    「そうかい、そんならいっしょにすわんなよ」

    いためたベーコンを深い脂のなかからすくいあげて錫の大皿にのせた。

    ベーコンは、かわくにつれて、ジュウジュウ音をたてて縮みあがった。

    みんなすばやくがつがつ食い、お代わりをして、またがつがつ食った。

    そのうちに、腹がいっぱいになり、体があたたかくなった。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • わたしには合うものと、合わないものがあったけど、
    まだまだ発展途中の近現代のアメリカを背景にいろんなストーリーが展開されます。

    人間くさいストーリーや、少しオカルトの混じったストーリや、さまざまな比喩や、暗喩や。
    各ストーリの骨子を読み取るには全然知識が足りないなと思ったので、またいつかいろいろ知識が増えたころに読みたい1冊。
    ただ分からないなりに、当時のアメリカの、砂っぽくて、汗臭くて、荒っぽくて、ザラザラした光景が五感を使って想像できるようなものばかりだった。まるで自分の口の中に砂が入っているんじゃないかって思うような。


    個人的には「熊のジョニー」が最後なんていったのか、それから死んじゃったのかどうなのかっていうところが気にかかっている。

  • いいね

  • 訳し方によるのか、少々読みにくくはある。五感に訴えかけるまざまざとした描写、ハッと気づかされる鋭い一文。良くも悪くも人間くさい。数話だけでも読む価値はある。

  • 「朝めし」が秀逸。

  • 海外、特にアメリカ文学において
    主人公は考えた末、ある共通した行動に出る。
    移動するのである。
    そうすれば解決するのだといういささか突飛な移動に、きょとんとさせられる。
    我々の切腹のようなものかもしれない。

  • ジョン・スタインベック

    アメリカ西部の農場一家の子、ジョーディ少年の様々な経験を通した成長。弱者に対するスタインベックの目はいつも暖かい。

  • お気に入り!

  • サウンド文学館・パルナス 「朝飯」
    幸せな食卓の風景

  • 「朝めし」の空気の清潔さ!

  • 懇意にしている楽器屋さんのお薦めで購入した一冊。スタインベックにしては珍しく、短編。珠玉の13話。どの話も、シンプルで淡々としている、けれどその場所の、アメリカの乾いた風の匂いが感じられそうなくらい、臨場感があふれています。ドラマティックすぎないのが良いのか・・・何度読み返しても飽きない、魔法のような本。

  • 初めて自分の馬を手にする少年の話
    カリフォルニアが舞台でさわやか。

  • 巨匠KOJIMAが読めといっていた「怒りの葡萄」の、スタインベックの、短編。
    司馬遼太郎が、りんごに直接歯を当ててがりりとかじるような、直接的でストレートなものだといっていた、アメリカ文学。
    自分がアメリカ的な風景(木とか鳥とか)に慣れてないことが分かった。
    だから、このあと何回も反芻すると思う。
    得たいの知れない老人がずっと出てくるのかと思ってたら、
    最後までもう出てこなかった。やっぱり、あらすじは読んじゃだめだ。反省。
    でも、あの立ち去り方は素敵だったなぁ。
    いまちょっと読み直してみたら、もっといい感じになってたので、
    またあと読んでみるかも。

全32件中 1 - 20件を表示

スタインベックの作品

スタインベック短編集 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする