トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.73
  • (36)
  • (59)
  • (58)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 747
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102106112

作品紹介・あらすじ

ポリー伯母さんに塀塗りを言いつけられたわんぱく小僧のトム・ソーヤー。転んでもタダでは起きぬ彼のこと、いかにも意味ありげに塀を塗ってみせれば皆がぼくにもやらせてとやってきて、林檎も凧もせしめてしまう。ある夜親友のハックと墓場に忍び込んだら…殺人事件を目撃!さて彼らは-。時に社会に皮肉な視線を投げかけつつ、少年時代をいきいきと描く名作を名翻訳家が新訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • トム・ソーヤーの日常は冒険だ。遊び方がワイルドでたくましい。やんちゃなイメージはあったけど、予想以上に目立ちたがり屋で、女の子に対して積極的な肉食男子で笑ってしまった。何歳の設定か分からないけど、ませてるな~。でもちゃんと良心は備えているし、ひねくれたところがないので好感がもてる。
    友達のジョーもやんちゃだが、ハックは全然違うタイプ。特に終盤のハックの台詞で、彼がトムとは違う価値観を持っているのが分かる。単純に恵まれない浮浪児という感じではなく、作中の「浪漫的浮浪者」というのがしっくりくる。このトムとハックが仲良しというのが微笑ましい。「ハックルベリー・フィンの冒険」も読みたい。

  •  他の人の訳で中学時代に読んだ気がするが、柴田元幸氏の翻訳で読んでみたいと思い、再読。
     トムの勇気や機転は本当にすごいんだけど、ガキ大将っぷりは鼻についてしまう。スクールカースト上位だよな、こいつ、とか思ってしまう。私が捻くれているのか。しかし柴田先生もあとがきで同様に「トムは大人になったら地元のお偉いさんになって『私も子供の頃はやんちゃしたもんですよ、ガハハ』って言ってそう」的なことを書いており、激しく同意。
     やっぱりトムよりもハックの言葉が心にしみる。「手に入れるのに苦労しないものなんて、持つ気しねえから」。こっちはきっと、お偉いさんになって昔を笑ったりはしない。

  • 言わずと知れたマーク・トウェインの代表的作品でありアメリカ文学の古典的超名作である。今更ながら読む。

    ポリー伯母さんやドビンズ先生はいまなら幼児虐待全開なのだが、米国版カツオであるトムのあの手この手の破天荒な冒険活劇が面白い。かと思えば第4章冒頭のような詩的で美しい描写もあれば第33章の鍾乳石から滴る滴の荘厳な描写やほか妙に真理めいた文章も散りばめられ物語としてだけではなく文学作品としても秀でている。インジャン・ジョーが登場してから以降の展開はハラハラドキドキのまさにディズニーやハリウッド級の面白さだ。

    アニメ版も作られたため児童向けのイメージが強い作品だが、おませなトムとベッキーの恋物語やインジャン・ジョーの残酷な死に様はPTA「非」推薦の児童向け良書かもしれない。兎にも角にもチビッ子がトムと同じことをすると確実に親のカミナリが落ちるだろう。

    あとがきを読むと『ハックルベリー・フィンの冒険』の冒険もほうの評価も高いということで、今度はこちらも読んでみようと思う。

  • 多くの人が子供時代に一度は読んだと思う。私も小学生の頃読みました。大人になって再び読み、トムや仲間の言動に笑ったりハラハラしたりしながら童心に帰ってしまいました。子供だった頃の自分の考えていた事を次々と思い出させてくれる本。時代も場所も背景もトムたちとは全く違うのに、子供の考えることは世界共通。大好きな本です。

  • ハックルベリーを再読しようと思っていたら、柴田元幸さんの新訳がハックとトム両方刊行されていると知り、ついでなのでトムの方も読みました。順番は逆になったけれど。

    トム・ソーヤーの方は飽きるほど読んだ、と思い込んでいたけれど、実は私が読んだのは子供向けに大幅に短縮リライトされたものだったようで、今回初めてオリジナルをちゃんと読んだのだと分かりました。あまりに本の印象が記憶と違うので、驚きました。訳者が違うというレベルどころの差異ではなく。

    何が違うって、落ち着きのない小学生男子マインドいっぱいの冒険譚、というところは、まあ子供向けのバージョンと同じなんだけど、オリジナルの方はそれにプラスして、マーク・トウェインの社会批評というか一般大衆へのツッコミみたいなものがやたらに差し挟まれていました。
    時々、そっちがメインじゃないかと思うくらいの力の入れようで。善良なる市民の皆さんについての皮肉を書く機会ができるたび、著者は嬉々として筆を運んでいる、という印象でした。

    ハックの描かれ方については、子供バージョンを読んでいた時は、そりゃハックは学校なんて行きたくないだろうし今の生活が好きに決まってる、と当然のように思っていたけど、今読むと、そんな風に単純に思えない自分がいて、それにも驚きました。(自分に)
    ハックルベリ―の本ではハックの目を通して描かれているからか、ハックの「社会からはみ出した暮らしぶり」についてはどちらかというとポジティブに読んでいたけれど、それが三人称で語られてみると、なんだかところどころで心が痛みました。
    すそがすり切れてボロボロになった服、だとか、何度も無実の罪を着せられたことがある、だとか、一緒に家出をした仲間が家族に抱きしめられている間、居心地悪く突っ立っていたり、とか。
    親って選べないものなぁ、とつい悲しく思ってしまう。
    ハック自身はそうしたことで誰かをうらやましいとは全く思っていないし、マーク・トウェインも普通に淡々と状況を説明しているだけに見えるしで、全然ネガティブに思うようなシーンではないのですが、でも、実際は著者はすごく注意深くそうした描写を、量が多くなりすぎないよう調節しつつ入れている、という気がしました。

    とにかくトウェインは、物事をものすごくよく見ている人なんだなぁ、という印象を受けました。

  • 大久保康雄 訳 で読みました。

  • 物語としては超有名、自由闊達な少年トムの、まさに冒険物語。いたずらや家出、殺人犯との絡みや同級生との恋愛、ハックとの友情、財宝を巡る奔走と気分躍る要素がふんだんに盛り込まれ飽きさせない。真面目で真っ直ぐなポリー伯母さんとの掛け合いがとても楽しく、感情の激しい浮き沈みが少年らしく微笑ましい。大人の洒落ているが難しい表現力で語られるのは少し違和感があり、また無駄に読みにくいと感じた。
    終盤でのハックの無欲な人生観が個性的だがトムに説得され養子となり、ほっとするやら残念やら。

  • 1876年に書かれたアメリカ南北戦争以前の「古き良き」我らが故郷を
    少年の冒険を題材に描く作品
    素材梗概を子供向けにジュブナイルのように翻案されてもいるが
    広く読まれているようにその多くはアメリカ原風景を刺激する国民的作風
    日本で言えば吉川英治作品のような
    主人公やその周囲は人間的でありながら善と成されているが
    だからこそ南北戦争以降の国家として目覚めたアメリカにとっての
    得難さを持つ時代小説となっている

  • ハック・フィンを読む為に。思っていたよりずっと悪ガキのガキ大将が自由する話だった。まあ大人として手本として欲しくはないが、子供なら発想や勇気の数々に憧れる物語でした。ちょっと訳が硬いようにも感じられたが、訳者としてはハック・フィンとのバランスをとったのかなあと思うとそれなりかも。

  • 子供の頃読んだ本の再読をしている。当然少年少女本だったので、今回の全翻訳本とは違うのだが、わくわくした感触は忘れられない。読み返してみて主人公の破茶滅茶でない自制が効いたキャラクターであることがわかる。2018.4.15

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Mark Twain 1835年-1910年.
邦訳された自伝に、
時系列順に並べられている
『マーク・トウェイン自伝 〈上・下〉 ちくま文庫 』
(マーク トウェイン 著、勝浦吉雄 訳、筑摩書房、1989年)
や、トウェインの意図どおり、執筆順に配置され、
自伝のために書かれた全ての原稿が収録されている
『マーク・トウェイン 完全なる自伝 Volume 1〜3 』
(マーク トウェイン 著、
カリフォルニア大学マークトウェインプロジェクト 編、
和栗了・山本祐子 訳、[Vo.2]渡邊眞理子 訳、
[Vo.1]市川博彬、永原誠、浜本隆三 訳、
柏書房、2013年、2015年、2018年)などがある。



「2020年 『〈連載版〉マーク・トウェイン自伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーク・トウェインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井基次郎
村上 春樹
ヘルマン ヘッセ
ライマン・フラン...
米澤 穂信
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×