悲しみよこんにちは (新潮文庫)

制作 : Francoise Sagan  朝吹 登水子 
  • 新潮社
3.53
  • (177)
  • (215)
  • (516)
  • (40)
  • (9)
本棚登録 : 1937
レビュー : 290
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102118016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10代×フランスに才能がプラスされるとこうなるんだな。
    10代特有の残酷さと無邪気さを持つセシルと、大人になりきれない父親と、
    聡明で高慢なアンヌと。
    このいびつな三角関係が、真夏の太陽にうなされるようにくずれていく様がおもしろい。
    恋愛青春小説かと思っていたら、むしろファザコン少女でしたけど
    繊細な機微が鮮やかな印象として残りました。

    今時の小説になれきっているので、ちょっと読み疲れたけど
    たまにはこういう名作を読むのっていいですね。
    19歳で処女作でこんなの書いちゃうのってすごすぎるけど。

    夏の南仏のぎらぎら感、いいなー。ニースの海岸を思い出します。

  • 主人公の気まぐれなとこが『女の子』って感じ

  • 恋よ さよなら

  • いつのことだったかは忘れてしまったが、とにかく大昔、いちど読みかけてやめてしまっていた。なのに今回、本当にひさびさに手をとってみたら、ぐいぐい引き込まれて、あっという間に読んでしまった。
    なぜなのか考えてみるに、大昔に読むのを途中でやめてしまったときは、私はまだセシルの年齢の方に近かった。でも今回は、アンヌの年齢を超えている。つまり今回、私はむしろ、アンヌの側に立って読んでいたように思う。アンヌの気持ちを推し量りながら、自分もかつて持っていて、今は失ってしまったセシルのような若い娘の微妙な感情の動き、大人に対する生意気でかつシニカルな視線、残酷さと優しさの共存…それらを思い出していたような気がする。かつて自分の中にあったセシルのような感情、それがひさびさに動き出してすごくワクワクするのと同時に、それは若さの特権であり、若さの特権であるがゆえに、それを手放すことが大人になるということであることを確かめていた。私にとっては、「今」がまさにこの本を読むべき時だったのだろう。
    これと同じようなことは、映画「卒業」でも感じたことがある。初めて観たときはベンに感情移入していたのが、何度も繰り返し見て、年齢を重ねていくうちに、私はいつの間にかロビンソン夫人に感情移入するようになっていった。昔読んでいた本で、若い主人公と自分を重ね合わせていたものが、今読み返すと、全く違った感想を抱くということは他にもありそうなので、大昔読んだ本をこれからも読み返してみようと思う。
    それから、朝吹 登水子さんの翻訳はすばらしいが、やはりどうしても日本語としての限界を感じる個所がないわけでなかったので、せっかくフランス語を勉強しているのだし、原書にも挑戦してみたいと思う。

  • こんなにも切ない感じのする小説だったけ?

    変わってしまうかもしれない生活、変えられてしまうかもしれない人生観。
    そうしたものに対する不安やいらだちが、ひしと伝わってくる。
    しぐさや表情、周りの情景など目に映るものも
    右に左に揺れ動く、あるいは同時にわき上がる相反する感情も
    主人公の少女らしい目線で率直にとらえられている。

    10代の頃一度読んだものの、フランスの香りのするおしゃれな感覚の小説くらいにしか読めていなかった。
    読みなおしてよかった。

    読んだのは朝吹さん訳のものだけど、新訳だと印象も違うのかな。
    ぜひそちらも読んでみたい。

  • 17歳の女の子だけがもつ美しさと脆さと残酷さが
    地中海の白い砂と一緒に瓶詰めにされています。
    開けてはいけません。それは一瞬で失われてしまうから。

  • 主人公が意地悪でひねくれているけど表面的にはいい子で、とても魅力的だった。スリリングな展開で一気に読んだ。

  • わたしはこの本がほんとうに大好きで、それはわたしが女の子だからなのかなんなのか、わからないのだけれど、ほんとうに大好きだと思う。
    この本のことを想像するときに思い出すのはすごく暑い夏の空気と、残酷という言葉。あっ!と始まってすぐに終わる感覚。なんなんだろう。全然見知らぬ国のサガンという女の子の感覚を理解したがってしょうがないわたしがいる感じ。

  • 別府の新古書店にて購入。
    装丁があまりにひどいと思ったら、どうやら別のもあるらしい。
    本当に恋はしていなかったし罪悪感にしても後悔にしても、そういう状態にある新鮮さに酔っていたという少女っっぷりにソワソワする。なによりそれらに“本物”があると信じているところも少女だ。まわりを振り回しても、結局少女っていうのは自分の感情にしか重量を感じない生き物なんだと思う。

  • 超有名な作品ですが、本当つい数日前に初めて読みました。
    10代の頃読んでいたらもっと違った感想を持てたのかもしれません。

全290件中 1 - 10件を表示

悲しみよこんにちは (新潮文庫)のその他の作品

悲しみよこんにちは (1955年) (新潮文庫) 文庫 悲しみよこんにちは (1955年) (新潮文庫) フランソワーズ・サガン

フランソワーズ・サガンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランソワーズ ...
吉本 ばなな
ヘミングウェイ
梶井 基次郎
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

悲しみよこんにちは (新潮文庫)に関連する談話室の質問

悲しみよこんにちは (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする