シャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.90
  • (224)
  • (205)
  • (285)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 2545
感想 : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102134023

作品紹介・あらすじ

自ら歴史小説家と称していたドイルは『最後の事件』をもってホームズ物語を終了しようとした。しかし読者からの強い要望に応え、巧妙なトリックを用いて、滝壼に転落死したはずのホームズを"帰還"させたのである。本編はホームズ物語の第三短編集で、帰還後第一の事件を取上げた『空家の冒険』をはじめ、いよいよ円熟した筆で読者を魅了する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ライヘンバッハの滝で死んだはずのホームズが帰ってきた!
    本書には、彼の帰還を描いた「空家の冒険」をはじめとした10編の短編が収められています。
    小学生の時に初めて読んで、暗号解読の過程にわくわくさせられた「踊る人形」や有名どころの「六つのナポレオン」「金縁の鼻眼鏡」など、読みごたえのある短編集でした。
    「アベ農園」などホームズの人間味が感じられる作品が多いのも魅力です。

    「第二の汚点」は初めて読みましたが、最後のホームズの台詞がしびれます。
    気が利いていて、なおかつかっこいい。

    ライヘンバッハ以前よりも、ワトスンとの絆が強くなったような気がします。
    新米警部のホプキンズに対して、なかなか手厳しいコメントが多いホームズですが、彼に対する期待の裏返しなんだろうな…と思うと微笑ましくも感じられるのでした。

  • The Return of Sherlock Holmes(1905年、英)
    ホームズ・シリーズ、短編集。シリーズ復活の第1作「空き家の冒険」、ポーの「黄金虫」の流れをくむ暗号解読もの「踊る人形」、傑作と名高い「六つのナポレオン」「金縁の鼻眼鏡」など。

  • 本書はモリアーティ教授との闘いでライヘンバッハの滝から落ちたホームズがかの有名なエピソードを基に復活する短編集で少年の頃にワクワクして読んだ「踊る人形」も含まれている。
    しかし「踊る人形」は今読んでみるとポーの「黄金虫」の亜流だとしか読めなかった。
    ここまでくるとホームズ物も当初の斬新さが薄れ、凡百のミステリと変わらなくなってきているように感じた。
    「犯人は二人」のように義侠心からホームズとワトスンが窃盗を働くユニークな一編があるものの、やはり全体としては小粒。ネタも途中で解る物も多かった。こんな冷めた感慨しか持たない自らを鑑み、大人になるというのはいかに残酷かを痛感した。

  •  元々原作者のドイルが「最後の事件」でこのシリーズを終わらせたかった・終わらせるつもりだったというのを踏まえれば『思い出』で終わっていてもそれはそれで「アリ」な気もしますが、こうしてベイカー街に生還した姿を見ると、やっぱり何か嬉しいというか、「まだ読めるんだ!」という気持ちになりますね。

     単純に「帰ったよー久し振りだね!」と玄関のドアを開けて入ってくるようなことはせず、わざわざ親友を驚かせる(つもりは本人的にもそこまで無かったようですが……)やり方で自己を演出してくるあたり「らしい」感じがして微笑ましい。「第二の汚点」でも、そうした茶目っ気というか、彼の人柄が見えるようで良かったです。

     また、「犯人は二人」ではいつもとは少し違った手法(?)で解決まで持っていった力技加減が面白く、全体的にホームズの色々な側面が楽しめる一冊でした。

  • やはりどうしても「そんなこと書いてあったか?」とかフェアじゃないだろ、とか思ってしまうのだが、本書が書かれた時代にフェアだアンフェアだなんていう概念が存在しないのは言うまでもない。

    それでも、やはりこのホームズシリーズが近代探偵小説や、探偵像の基礎を作り上げたのは間違いないだろう。

    〈収録作〉
    空家の冒険
    踊る人形
    美しき自転車乗り
    プライオリ学校
    黒ピーター
    犯人は二人
    六つのナポレオン
    金縁の鼻眼鏡
    アベ農園
    第二の汚点

    特に良かったのは、『金縁の鼻眼鏡』
    ただの鼻眼鏡からそれの持ち主の人物像を暴きあげるのも見事だし、「近眼で視力が極めて悪い人物が、鼻眼鏡なしに草の上だけを上手く歩いていくことはできない」という推理も納得。

  • 第二の汚点では最後にユーモアラスなシャーロックの言葉が良かった。

  • 私は当然シャーロック・ホームズが発表されていた時代の人間ではないけれど、「空家の冒険」でホームズが"帰還"した場面を読むたびに「やった、またホームズに会えるんだ!」という気持ちになります。ホームズのいたずらがなんともにくい!
    「踊る人形」もわくわくしてすき。

  • 「第二の汚点」事件のハッピーエンドが好きだ。

  • シャーロック・ホームズが帰ってきた!
    「空屋の冒険」:モリアーティ教授の死後、ホームズに復讐しようと"ロンドンで2番目に危険な男”が迫る
    「踊る人形」:家中に子供の落書きのような踊る人形の絵。そこに隠された真相をホームズがあばく。
    「犯人は二人」:恐喝王とよばれるミルヴァートンから手紙を取り返す依頼された ホームズ。しかし驚くべき結末が・・・。
    「六つのナポレオン」:次々とナポレオンの石像が壊される事件がロンドンで続発。次第に殺人事件とも絡みあう。犯人の目的とは・・・。
    「アベ農園」:強盗が押し入り、妻の目の前で夫が殺されたという一見単純な強盗殺人。現場にも証言にも不審点は見当たらず。しかしホームズの精妙な観察と推理で真実を読み解く。
    他全10編。

  •  ホームズを完全に終わらせるつもりでいたドイルがどうやってホームズを復活させるのか、後付け要素満載で強引に復活させてしまうのではないかと心配だったが、大した違和感もなく、見事に華麗にホームズを復帰させていた。空家の冒険は推理・ミステリーというカテゴリーに入るかどうかは怪しいが、ひとつの物語として素晴らしい出来栄えだった。何より僕たちのホームズを再び甦らせたことをドイルに感謝したい。
     名作として名高い踊る人形はやはり面白かった。多様されるアルファベットのeと登場頻度の多い人形をeと結びつけるところからはじまり、次々にホームズが人形の謎を推理し、解読していく様は推理小説の真骨頂だと感じた。「なぜ人形の謎を知らないはずのお前に人形の秘密が分かったのか?」と犯人に問われ「人間が発明したものなら人間に解けないはずがありません」と言い返したホームズという男のかっこよさは痛快!!
     プライオリ学校は伸び代があり、それなりの冒険をした点や登場人物の多さからももう少し練れば良い長編になったのでは?と感じた。ただ、プライオリ学校・金縁の鼻眼鏡・第二の汚点などのように、依頼人(あるいは依頼人の側近)が既に犯人が誰だか分かっているというパターンが少し多く感じた。これだけ多くの作品を出せばマンネル化というものは避けられない故にしょうがないことだが。
    魅力的な悪役としてミルヴァートンの登場が印象深い。とにかく抜け目のない男。相当頭の切れる人物でありながらも、あっさり短編一話で死去してしまうのが少々残念なところ。ミルヴァートンとホームズの対決を再び見てみたいところだった。

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1859年スコットランド、エディンバラ生まれ。小説家。推理小説、歴史小説、SF、戯作など、多岐にわたる作品を残す。中でも「シャーロック・ホームズ」シリーズは、現代のミステリ作品の基礎を築いたとされる。1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得る。1930年没。

「2021年 『シャーロック・ホームズの事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コナン・ドイルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
宮部みゆき
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×