シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.86
  • (216)
  • (206)
  • (300)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 2595
感想 : 130
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102134030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ホームズにお兄さんいたの!
    しかもホームズより凄い?
    でも、行動力は無いのね…
    「最後の事件」のモリアティとホームズの知恵比べはもっと見たかったですね。

  • 海軍条約文書事件の朝食シーンは思わずニヤッとさかてしまう。ホームズの遊び心がよい。
    最後の事件は、、、なんとも言えない気持ちになる。

  • 「マスグレーブ家の儀式文」的なものを手に入れて、
    頓智をきかせて真相を掴むなどの活躍をしたい!
    と熱望してからはや幾年月…
    まだ、そのチャンスは巡ってきません。

    この巻も粒ぞろいで面白いんだなー。

    とくに、「白銀号事件」「海軍条約文書事件」「かたわ男」
    などは、ホームズ好きの方と語らっているうちに
    日が暮れ、そして夜が明けること、請け合いだ!

    そして、モリアティ教授との決闘、
    「最後の事件」!!!

    ホームズの残したお手紙のところを読んでも、
    当然、がっかりしたりなど、全くしません!!!

    コナン・ドイルがホームズを書くのに飽きて
    「ホームズを死なせることにした」と
    自分の母親に手紙を書いたら、

    「あんな素敵な方を!そんな事は許しません」と
    お返事が来たと、どこかで読んだな。

  • メモ程度に。

    「白銀号事件」
    馬は可愛い。
    「黄色い顔」
    物事を深刻に犯罪と結びつけて考えてしまう職業病。
    死人の出ない、いいお話。
    「株式仲買店員」
    ここまでくるとドイルのパターンもわかってくる。
    「グロリア・スコット号事件」
    ホームズが探偵を職業とするきっかけとなった出会い。
    とはいっても、ホームズは殆ど出来事に関わっていないのがなんだか新鮮。劇的な何かではなかった。
    「マスグレーヴ家の儀式」
    宝探し。
    「背の曲った男」
    罪の意識が何よりの凶器。
    「入院患者」
    何が起こったのかは解明されるものの、犯人逮捕にはいたらないというパターン。
    「ギリシャ語通訳」
    シャーロックがマイクロフトを褒めちぎっているのに驚いた。
    「海軍条約文書事件」
    一国の一大事件だが、首謀者とその動機がなんとも矮小であること。
    「最後の事件」
    vsモリアティ。
    スイスへの道中は冒険めいていてワクワクもするが、ワトスンが懐古しながら書いているという体裁からか、どことなく物悲しい印象も受ける。

  • 名作揃いで探偵の初仕事や、兄が出てきたりや、有名な最後の事件など盛り沢山。個人的には海軍条約文章事件が好き。

  • グロリアスコット号、マスグレーブ家の儀式なと、ホームズののルーツの描写が新鮮。
    やはり、モリアーティとの対決である、最後の事件はドキドキさせられる。

  • 二人の関係性の点で言えば、ワトスンが結婚してベーカー街を出た後は、 同居していたときとは少し遠い距離感を持って付き合っている感じがします。

    一緒に住んでいる心安さで、ぶっきらぼうだったり、説明が足りなかったりしていたホームズが、 開業したワトスンを訪ねるのに、奥さんに気を遣ったりしています。

    《白銀号事件》では、
    まだ同居しているので、ホームズのぶっきらぼうさが出ています。
    『ワトスンなら怒らないだろう、わかってくれるだろう』という、ホームズの『甘え』があるのがよいです。


    冒頭「ワトスン君、僕は行かなきゃなるまいと思うよ」といういきなりのホームズの発言に、ワトスンは『べつに驚きもしなかった』のであります。
    なぜなら、『眉根をよせた顔をうなだれて、強いくろタバコをパイプに詰めかえ詰めかえ、部屋のなかを歩き回ってばかりいて、何を話しかけても何を尋ねても、聞こえないかのようにがんこにだまりこくっていた。』そんなホームズを見て『私には、ひとことも彼が口をきかないにもかかわらず、彼の頭のなかで考えられていることは、よくわかっていた。』からです。


    《黄色い顔》では、二人が午後の散歩をしています。『二時間ばかり〜ぶらついたが、どちらからもほとんど口はきかなかった。心の底ふかく知りあった仲として、べつに珍しいことでもない。』
    とてもいい雰囲気で帰ってくると、客が来ていたという知らせを聞くなり、事件に飢えていたホームズは、
    「だから午後の散歩なんかダメなんだ」とワトスンをとがめるように言います。
    人のせいにするところが珍しく思います。
    ワトスンに対しては、よく責めるような言葉を言うホームズです。主にワトソンの文章についての苦言は喧嘩の原因にもなりますが、日常的な皮肉や責任転嫁については、ワトスンがさらっと流して取り合わないことが多いように思います。
    むっとはしているかもしれませんが。

    事件について、見当違いをしてしまうという失敗をしたホームズが、家に帰り、ろうそくを片手に寝室へ引込むというときになって、
    「ワトスン君、これからさきもし僕が、自分の力を過信したり、事件にたいしてそれ相当の骨折りを惜しんだりするようなことがあったら、ひとこと僕の耳に『ノーバリ』とささやいてくれたまえ。そうしてくれれば僕は非常にありがたい」
    と言ったホームズがいいです。ワトスンへの信頼が伺えます。


    《株式仲買店員》では、ワトスンが開業したパディントン区へホームズが訪ねて来ます。
    ベルの音に続いてやや耳ざわりなくらい甲だかい声を響かせながらずかずか入ってきて、奥さんへ気を遣う発言をします。
    温かくホームズの手を握るワトスン。腰掛けながらホームズは、
    「開業して医術のほうが忙しいために、僕たちの推理問題に示した君の興味が、あとかたもなくなってしまわなければよいがねえ」と気遣うように言います。
    ワトスンがホームズの誘いを受けて出かけるというと、
    「ハ、そいつは何より好都合だ」といすにそりかえって、いつもの俺様な(?)態度になります。
    その後は推理をひけらかして驚かせたり、説明しすぎて「なんだそんなことか」という顔になったワトスンを見て苦笑したり、いつもの気の置けない関係に戻ります。

    さて、他にもホームズが初めて手がけた事件《グロリア・スコット号》や、兄マイクロフトが登場する《ギリシャ語通訳》、そしてなんと言っても、モリアーティー教授の出てくる《最後の事件》など、読むべき作品がたくさん入っています。

  • Memoirs of Sherlock Holmes(1894年、英)
    ホームズ・シリーズ、短編集。ホームズが初めて扱った事件「グロリア・スコット号」、旧家の家宝をめぐる陰惨な悲劇「マスグレーヴ家の儀式」、宿敵モリアティ教授との対決「最後の事件」など。


  • ホームズ界でも話題の「最後の事件」、
    ちゃんと読んだことはなかったので
    この短編集で諸々の事件の後、初めて読んだが
    騒がれるのも納得の内容だった…

    「え、嘘…!」と衝撃で検索をかけて
    コナン・ドイルの思惑や悩みだったり
    その後の展開について先に知ることに。
    流石に寂しかったので少し安心。笑

    でも綺麗な終わりだったし
    これで物語が終わったとしても
    違和感は無かったんじゃないかなあ、とも。

    某反逆のアニメ然り
    ストーリーの終焉以上に
    キャラクターの最期が一番心にくるので
    復活を望んだ心理も酷く理解出来るモヤモヤ…笑

    あまりに衝撃だった「最後の事件」を除けば
    「グロリア・スコット号の事件」が一番好き。

  • 個人的には『白銀号事件』が一番好き。
    それ以外は正直あまり楽しめなかったが、探偵小説の基礎を築いたという点で歴史的価値はとても高いんだろうなと感じる。

    〈収録作〉
    白銀号事件
    黄いろい顔
    株式仲買店員
    グロリア・スコット号事件
    マスグレーヴ家の儀式
    背の曲がった男
    入院患者
    ギリシャ語通訳
    海軍条約文書事件
    最後の事件

全130件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1859年スコットランド、エディンバラ生まれ。小説家。推理小説、歴史小説、SF、戯作など、多岐にわたる作品を残す。中でも「シャーロック・ホームズ」シリーズは、現代のミステリ作品の基礎を築いたとされる。1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得る。1930年没。

「2021年 『シャーロック・ホームズの事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コナン・ドイルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナン ドイル
コナン・ドイル
フランツ・カフカ
パトリシア・コー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×