シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)

制作 : 延原 謙 
  • 新潮社 (1953年10月22日発売)
3.76
  • (141)
  • (148)
  • (253)
  • (9)
  • (1)
  • 本棚登録 :1741
  • レビュー :85
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102134047

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みおわりました。面白かったのはソア橋とライオンのたてがみ 三人ガリデブです。最初は前置きが長いですが、だんだん話に引き込まれて行くのがすばらしい。短編集ですがどれもトリックというよりホームズが人間分析して解決していくので古典ですが今も人気あるのはわかります 。

  • ホームズシリーズ最後の1冊。10篇の短編からなる。
    1番印象に残っているのは、「三人ガリデブ」の中で、ワトソンが撃たれるシーン。
    ワトソンが死んでしまったのではないかと心配するホームズの姿!!

    "怪我がなんだろうーもっとたくさんの怪我を受けても何でもないーマスクのような冷やかな顔のかげにこんな深い誠実と愛情を秘めているのだと知った今、私はそう思った。"

    ホームズを狼狽えさせることができるのは、ワトソンだけではないかと本気で思う。こんな(↑)思考に陥るのも無理ない。

    その他では、「高名な依頼人」のオチがどうしても分からなかった。一応知恵袋とかを参考にしたけれど…うーん。

  • シャーロック・ホームズは子供のころから大好きだけれど、特に「三人ガリデブ」のような話はわくわくしてたまらない!
    事件性自体もとりわけ不思議がいっぱいだし、ホームズとワトソンの冒険もあり。その上この話がシリーズの中でも特に印象に残っているのは、ワトソンの危機を前に、冷静沈着のホームズがとっても人らしい動揺を見せるから。この場面を読むとふと今までの二人の冒険が頭によみがえります。

  • Case-Book of Sherlock Holmes(1927年、英)。
    ホームズ・シリーズ、短編集。ポーの代表作を彷彿とさせる「ライオンのたてがみ」など。

  • 冒頭の高名な依頼人、
    正義のためなら手段を選ばず、というのはホームズシリーズを読んでると結構でてきて、やたらと不法侵入してたりする。まあ、私はホームズのそーゆーとこ結構好きだが。
    でも「マントの下にさも大事そうにもっていた小さな包みがあんなものだとはどうして気がつこう?」にはほんとか~っと少々の疑いあり。それが何かさえ分かってしまうのがホームズでは??分かってて放っておいたのでは?というのは穿ちすぎか?

    這う男、以外は殆ど初読みの感。
    ドラマでもみたことないような・・・。

    ライオンのたてがみはホームズが語り手役。
    若干、ワトソン語りよりは淡々としているか?でもちゃんとおもしろかった。

    なんだがいろんな読み応えがある短編がつまっていて楽しい一冊。

  • 話によって視点が違うのが新鮮だった。ストーリーやトリックも安定して面白かったけど、この話が特にお気にいり!というのが無かったのは少し残念、、ハードルが上がっているのかも。
    この巻では「サセックスの吸血鬼」が印象に残っている。あと動揺するホームズとか(ニヤニヤ)。一編ずつのページ数も多くなく、読みやすい巻だった。

  • 人間以外の生物が殺人犯というのは、KAPPAに似ている。さすが推理小説の原点的本だけはあると思われる。

  • ついに聖典60作品読了。今更と思ったが読んでよかった。連絡方法は手紙か電報、移動手段は馬車か汽車という時代に、巻尺と拡大鏡で捜査し推理する。その結論に至るまでの思考の過程や、依頼人やワトソン博士とのやりとりが面白く、最後まで興味を失わず読む事が出来た。読み通した事によって、きっかけとなった「大逆転裁判」はもちろん「氷菓」やドラマ「シャーロック」もより深く楽しめるようになった。シャーロキアンには程遠いが、これからも理解を深めていきたいと思う。

  • 初読。このなかだと『白面の兵士』『ライオンのたてがみ』『覆面の下宿人』が良かった。ホームズ視点のものは彼がどこに着目してるかが分かって、興味深かった。そして「私は一人ぼっちだったのである」の一文に衝撃。個人的には『ソア橋』の冒頭に出て来た銀行にあるブリキの文箱の話にとても心ひかれた。

全85件中 1 - 10件を表示

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)のその他の作品

コナン・ドイルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナン ドイル
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)に関連するまとめ

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする