アムステルダム (新潮文庫)

  • 新潮社
3.41
  • (16)
  • (57)
  • (83)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 453
感想 : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102157213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クライヴとヴァーノン。

    二人の恋人だったモリーの死(というか死に方)によって掛け違えたボタン。
    二人に同時に訪れた人生のピークの少し前、クライヴの不干渉とヴァーノンの干渉。
    二人の意見の相違と、これ以上ないくらい悪いタイミングの電話と葉書。

    掛け違えてなんかないかも知んない。

    二人にモリーが最後にもたらした安らぎが印象的。

    「あー、アムステルダムだな」

  • ブッカー賞受賞作。スリリングかつスキャンダラス。

  • 個人的にはクライブに感情移入した。彼の作品が完成することを願いさえした。完成の妨害に苛立ちさえした。 イアン・マーキュアンの作品は本当にどれも面白い。 善人が悪人を攻撃し、反対から見るとその悪人は善人で悪人から攻撃されている。 最後の1章はとても納得いく終わり方だった。彼らの安らかな眠りを心から願ってしまう。 ぐっと読ませるそんな作品だった。

  • 3.39/430
    『イギリス文学の奇才が、現代のモラルをめった打ちする、この快感!ブッカー賞受賞作。
    ロンドン社交界の花形モリーが亡くなった。痴呆状態で迎えた哀れな最期だった。夫のいる身で奔放な性生活をおくった彼女の葬儀には、元恋人たちも参列。なかには英国を代表する作曲家、大新聞社の編集長、外務大臣の顔も。やがてこの三人は、モリーが遺したスキャンダラスな写真のために過酷な運命に巻き込まれてゆく。辛辣な知性で現代のモラルを痛打して喝采を浴びたブッカー賞受賞作!』(「新潮社」サイトより)


    冒頭
    『モリー・レインのかつての恋人ふたりは二月の冷気に背を向けて火葬場付教会の外に立っていた。何もかも語り尽くされたあとだったが、それでも二人は繰り返した。
    「モリーは病気を自覚していなかったんだ」
    「自覚したときには遅かった」
    「あっという間だ」
    「かわいそうなモリー」』


    原書名:『Amsterdam』
    著者:イアン・マキューアン (Ian McEwan)
    訳者:小山 太一
    出版社 ‏: ‎新潮社
    文庫 ‏: ‎211ページ

  • 不完全な善人たちの破滅を描いた作品。
    そんなに殺すほど?と思ったけど、仕事を失ったり台無しにされたりするのはキツいのかな。
    作者の登場人物に対する意地悪な筆致が心地いい。

  • あらすじ読んで、女性が死ぬ前に何か策を仕込んでおいた女性活躍物語かと思いきや。おっさん達がぐだぐだうだうだして、男の嫉妬は怖いねって話だった。残念。

  • ロンドン社交界の花形モリーが亡くなった。痴呆状態で迎えた哀れな最期だった。夫のいる身で奔放な性生活をおくった彼女の葬儀には、元恋人たちも参列。なかには英国を代表する作曲家、大新聞社の編集長、外務大臣の顔も。やがてこの三人は、モリーが遺したスキャンダラスな写真のために過酷な運命に巻き込まれてゆく。辛辣な知性で現代のモラルを痛打して喝采を浴びたブッカー賞受賞作!

  • ページ数の割に精緻に描かれる筆力は相変わらずですが、心には深く響かなかった。70

  • タイトルと”ブッカー賞受賞”という2点だけで読んでみた。
    イギリスの話で、オランダはキーではあるけど最後の方にちょっと出てきただけで残念。イギリスらしい修飾の多い洗練された文体なのだろうけど、日本語になると非常に読みにくい… 訳者のあとがきでも、引用も多く苦労したとあったので元々読みにくいのかも。

  • 訳者のあとがきを最後に読んで、ああなるほどと納得できる内容であった。
    唯一の友人同士の衝突、そして各々の道徳心。誰かが助けを目の前で求めていたら、助けるか、それとも仕事、自分のことが最優先なのか。
    90ページにある、引用部分であるが、一番印象深く残った部分である。少し例えは違うが、一度はお互い信頼しあった同士が、別れた後に、いくら嫌いであれ、報復行為に走るのはやはり違うと思う。そういう人間のエゴ、道徳心が垣間見えた。人はお金や地位、名誉のためなら、そういうことを平気でするものなんだ。

全72件中 1 - 10件を表示

イアン・マキューアンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イアン マキュー...
ヘミングウェイ
ベルンハルト シ...
ポール・オースタ...
ボリス ヴィアン
ポール・オースタ...
イアン マキュー...
アゴタ クリスト...
カズオ イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×