贖罪〈上〉 (新潮文庫)

制作 : Ian McEwan  小山 太一 
  • 新潮社
3.96
  • (71)
  • (52)
  • (63)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 578
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102157237

作品紹介・あらすじ

現代の名匠による衝撃の結末は世界中の読者の感動を呼び、小説愛好家たちを唸らせた。究極のラブストーリーとして、現代文学の到達点として-。始まりは1935年、イギリス地方旧家。タリス家の末娘ブライオニーは、最愛の兄のために劇の上演を準備していた。じれったいほど優美に、精緻に描かれる時間の果てに、13歳の少女が目撃した光景とは。傑作の名に恥じぬ、著者代表作の開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終えたとき、私は憤りと感動と衝撃でひどく混乱した気持ちになってしまった。作者に騙されたことに傷ついたが、そもそもこれはお話、フィクションだとわかって読んでいたのだから、「ひどい!騙された」とショックを受けるのはそもそも変なのだ。そんなことでイチイチ怒ってたら物語なんて読めない。にも関わらず、私は本当に動揺した。いや事実と混同したのではなく、ちゃんとフィクションだと頭で理解していたのに、私はこの物語にのめりこんでいて、ロビーもセシーリアもブライオニーも何とか過去を乗り越えて、幸せになって欲しいと願っていたのだ。
    読後、3日経つが、物語とは何だろうと考えずにはいられない。この本にはいくつかの仕掛けがあるが、メタフィクションにありがちな実験性がみじんも感じられない。上巻のきらめくような豊かな表現と下巻の苦痛に近い凄まじい表現と、普通に文学として素晴らしい。特に上巻はある1日を人物の視点を変えながらゆったりと描く。全然時間が進まなくてびっくりしたが、その悠々さに気持ちよく身をゆだねていると、上巻後半の不穏な結末に一気に持っていかれる。下巻は一転、第二次大戦のフランスからのダンケルク撤退を描くが、特に退却してきた兵士たちを迎える病院の場面にさしかかった時、手が止まり何日か読む気がしなかった。辛いからと言って飛ばすわけにもいかず、ここを乗り越えないとと意を決して再開したが、泣きながらうめきながら必死に読み進んだ。言葉というのは恐ろしい。映像や写真はケガや死体をある程度「物体」として見ることができるが(もちろんテレビや映画レベルなので本当にすさまじいものもあると思うが)、文章は否応なく私の脳に入ってきて勝手に想像させるのだ。他の本で読むのが辛い場面にあたったとき、ダメージをできるだけ減らそうと私はよく心の動きを止めて読もうとする、そしてそれはまあまあ成功するが、贖罪はダメだった。本当にうめきながら読んだ。
    まとめきれないが、物語とは語りとは騙りとは何か。作者とは何か。小説の深淵を考えるとともに、普通に登場人物たちの幸を願ってやまなくなる本。

  • 多感な少女の衝動的な思いが引き起こす悲劇。映画を見てから読んでいるけれど…まあなんと嫌な小説であること!筆力と名声が共に絶頂期に至った作家の、ナルシスティックにも思えてしまうほどの絢爛たる文体。これでもかと精緻に美しく描き出される登場人物たちの思念。

    上巻ではある夏の一日とその夜に起こった事件が語られる。タリス家の豪壮ではあるが些か古び始めた邸宅に集う家族と客人たちの心の動きが、うだるような熱気と眩しすぎる真夏の光の中で揺らめくような動線を描く。細かな表現まで息を呑むほどに美しい上に、痛々しいまでに真実味がある。ブライオニーの妄想癖とも言えそうな思い込みの激しさなど身につまされる…はぁ。

    嫌味なほど上手いのと少女が痛すぎるのでどうしても諸手を挙げて絶讃するのは躊躇われるのだが…それにしても上手すぎる!

  • 少女には潔癖な時期があるのかもしれません。
    評価の対象により基準の適用の許容範囲がブレる潔癖です。

    主人公の13歳の少女ブライオニーは、自分の書いた芝居をいとこたちに演じさせようと必死でした。
    思うように稽古が進まず、プライオニーはしだいに苛立ちを募らせます。

    ブライオニーの家に親族やその友人が集まった日の夜、
    家の庭である事件が起きます。

    ブライオニーの証言が決め手となってある人物が犯人として逮捕されます。


    2行+30ページに完全にノックアウトされました。

    事件が起きてある男が逮捕される第一章。
    数年後、服役後に男が大戦で敗走する第二章。
    18歳見習い看護婦ブライオニーを描く第三章。
    第三章の最後の2行に込めた作者の思惑に茫然とします。

    でも、それではまだ終わりません。

    第三章の次の「ロンドン、一九九九年」では、
    ある2日間のできごとを振り返りながら、贖罪の全貌をブライオニーが1人称で語ります。
    とりわけ最後の5ページは圧巻です。

    もう一度読みたい一冊です。
    最後の5ページは折にふれ何度も読み返しそうです。

  • 何という長い序章だったのだろう。ここまで来て、やっと物語は動き始める。社会階層と恋愛、思春期、家族。これらのテーマがないまぜになって、それぞれの思惑は交わることなく、物語は太い骨格を表し始めた。

    とにかく人物、心情描写に舌を巻く。

  • 読んでみたかったマキューアンです。

    ちなみに上巻は戦前あたりのイギリスで繰り広げられる事件のお話。

    これだけで結構な物語を読んでいるような感じで、下巻がなくても一つの物語になっているのがすごい。

    下巻はまた違う凄さがあったような気もするけれど。

  • ”アムステルダム”が素晴らしかったんで、それならばということで手に取ったマキューアン作品。兄が帰ってくる期待とか、従兄弟との諍いとか、隣人と姉の葛藤とか、とかく比喩表現の連発で緩やかに進行する前半、正直ちょっとかったるく思えたりもしました。いざ兄が帰って来てから、引きこもる母が登場したり、従兄弟が派手な喧嘩をしたり、徐々に不穏な気配が高まっていく。その果てに起こる暴行事件。いかにも冤罪。”贖罪”というタイトルの意味が浮かび上がってくるであろう後半戦、その展開に期待しつつ、心して読ませていただきます。

  • まぁなんとも読みづらいイギリス純文学。
     イアン・マキューアンってブッカー賞作家なんですってね。日本でいう芥川賞?読みづらいはずだわ。かなりハイレベル本。雑誌の書評で絶賛されていて即購入、即読破したけれど、ちょっと期待が大きすぎた。「奇跡のような傑作」とか「衝撃のラスト」とか…大げさでしょう。

     衝撃の…というけれど、第三部で休暇中のブライオニーが書いた小説に対して出版社が書評を手紙で返してきた内容を読むと、ブライオニーが書いた作品はまるっきり第一部そのものではないですか。ってことは、従妹のふたごちゃんが行方不明になった事も姉のセシーリアが強姦された事件もみんなブライオニーの小説の中の作り事?となるじゃないですか。

     結局第一部も作り事だったのか、二部と三部だけ作り事だったのかよくわかりませんが、「贖罪」とタイトルつけてるんだからやっぱり第一部は実際の出来事だったんでしょう。無実のロビー(使用人の息子)を妄想で犯人に仕立て上げ、刑務所送りにしてしまった、姉との仲を引き裂いたその罪を小説の中でハッピーエンドにして償ったというわけか。なんだか最後までブライオニーの妄想につき合わされた感じで腹立たしい。

     
     ただイギリス郊外の美しい庭と豪邸、湖、教会、そこに住む家族と預けられてきた従妹たち、久しぶりに帰ってきた長男とその友達、使用人たち。何もかもが夢のような、それこそ小説の中のような描写で、この風景をぜひ映像で観たいと思わせる。まぁ結局ブライオニーの作り話ではあったけど、第二次世界大戦のさなか、ドイツ軍に追われる連合軍、フランスから引き上げる船を待つ負傷軍人の悲惨さが真に迫っていて、このあたりはおもしろく読める。

     小説では感動が得られなかったので、ぜひ映画でおさらいしたい。
     

  • ぐわーっと読んでしまった。下巻がたのしみ。ブライオニーよ、少しは反省しろ。

  • 2018.06.15

  • 英国の現代作家マキューアンの傑作。悲恋の物語、戦争の物語としても十分おもしろく読めるのだが、なにより〈物語〉について、〈書く〉という行為について、深く考えさせる作品である。結末のどんでん返しにいたって、読者はまったく異なる視点から物語をふたたび辿りなおすことになるだろう。

全52件中 1 - 10件を表示

イアン・マキューアンの作品

贖罪〈上〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする