盗まれた独立宣言〈下〉 (新潮文庫)

制作 : Jeffrey Archer  永井 淳 
  • 新潮社 (1993年9月発売)
3.47
  • (6)
  • (19)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
  • 173人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161166

作品紹介

アメリカの名誉を盗む-。湾岸戦争で、手痛い敗北を喫したフセインの考えた究極の報復作戦は、成功するのだろうか。独立宣言の書かれた羊皮紙は、今や彼の執務室の壁に…。そして敵陣深く入り込んだハンナには、愛するスコットの無事を知る術もない。一方イラクの国連代理大使アル・オバイディは、身の安全を図るために、ある計画を練っていた。久々のサスペンス長編。

盗まれた独立宣言〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とんだB級感だった。助けてくれた人びともぽんぽん殺されて、サダムより作者が冷たいなと感じされる。

  • 【資料ID】79533
    【分類】933/A68

  • イラクが破格の報酬で、アメリカマフィアに独立宣言の盗みを依頼し、マフィアが各分野のプロを雇い、実行していく。
    マフィアの非合法的に実行していくやり方が実に見事でおもしろい。
    それと同時にCIAが動き出し、独立宣言を取り戻そうとする。
    メインのストーリーは盗まれた独立宣言を取り戻すという単純な話なのだが、だまし合いの様子がよかった。
    独立宣言のミスの箇所など初めて知った

  • 父がジェフリー・アーチャー大好きで、
    ミステリーのオススメを聞いたらこれを薦められたので読んでみた。
    しかしミステリというよりはアクション・サスペンスのような…。

    おもしろかったし、
    スピード感やドキドキ感、グローバルな舞台設定が素敵。
    映画化できそうな感じ。

    ただわたしは英語の言い回しをそのまま日本語にしたような翻訳が苦手なので
    その点だけ、結構苦労しました。

    話としてはなかなか力作で面白いと思う。

  •  どんでん返しの連続。本物も偽物も???になってしまう

  • 面白かったですが、たくさんの人が死ぬのがちょっと・・・。

  • 08/7/16 ★★★☆
    厚い上下巻を一夜で読みきる。

    面白いんだけど、アメリカ人が独立宣言を奪還してイラクかどっかから脱出する際に、
    アメリカ人を助けて犠牲になる村の人々の報われなさが切ない。
    それでいて「国の名誉は守られた」とか、
    しれっと言うアメリカは面の皮が厚いというかなんというーか

  • 湾岸戦争後のフセインが立てた奇想天外な報復作戦。傑作

  • obtnd

  • (上)参照

全10件中 1 - 10件を表示

盗まれた独立宣言〈下〉 (新潮文庫)のその他の作品

盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫) 文庫 盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫) ジェフリー・アーチャー

ジェフリー・アーチャーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー・アー...
宮部 みゆき
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
宮部 みゆき
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする