十四の嘘と真実 (新潮文庫)

  • 185人登録
  • 3.19評価
    • (4)
    • (14)
    • (48)
    • (8)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : Jeffrey Archer  永井 淳 
  • 新潮社 (2001年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161227

十四の嘘と真実 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アーチャーは”ケインとアベル”などの長編が好きですね。短篇は多分これで2冊目だが、今一好きになれない。
    昔々大好きだったO・ヘンリーを思わせるところがあるのだが、雰囲気だけで、どうも読後感がスッキリしない。何か感動のようなものが得られない。
    最初は日本語訳が変なのかと思ったが、訳者の永井淳さんは、新潮文庫の全アーチャー作品を訳している人だし。
    やっぱり、私の好みの問題なんでしょうね

  • お勧めです。

  • さらりとすんごいことをやりやがる。
    そんな言葉がまさにぴったりな作品ばかり。

    やっぱり悪人が
    しかとやってのける作品が好きかな。
    「終盤戦」は法を逆手に取る
    計画的な悪党のお話。

    警察も追い詰めようとするけれど
    彼はその手すらするりと抜けてしまうのです。
    悪い奴だね。

    あとは欲の代償も面白いです。
    人の弱さを見事に逆手に取っているのがね。

    ただし海外作品らしいどころか
    テンプレのような作品なので
    その系統に嫌悪感を示す人には
    まあ受け入れられません。

  • PDF

  • この前読んだ「十二枚のだまし絵」はすごい読みやすいし好きだったんだけど…何でだろこらはとても読みにくかった。1番好きだったのは、最初の超短編小説かな。

  • こういう頭の良さが欲しい

  • 本当にジェフリー・アーチャーの本は読んで外れがないなあ、と思います。普通に面白い。その割に冊数を読んでないのは続けて読む気がしないからでしょうか…

    短編集です。タイトルと原題を見てん?と思いましたが「かいつまんで言うと…」という訳が上手だなあ、と思いました。ありそうでなさそうな話となさそうでありそうな話が上手く織り交ぜられております。そして皮肉たっぷりに終わるのがらしいなあ、と思わせたり。
    どれも面白かったですが自分は手紙と一目ぼれが好きでした。

  • どこかの雑誌で、広末涼子さんがおすすしてた作品。

    洋書を訳してあるから、横文字の名前に弱い私。
    推理的な話になると、人間関係を把握するのに一苦労。
    でも、タイトル通り、実話もあり、フィクションもある。

    でも、読んでるうちに、実話が作り話に思えたり、フィクションがノンフィクションに思えたり…。
    14の短編集だけど、結構読み応えがありました☆

    なかなか手を出さない分野のお話だったので、意外に楽しめたかも(*゜▽゜ノノ゛☆

  • アーチャー四冊目の短編集。初老の資産家が友人の弁護士の協力を得て、誰にどのように遺産を配分したらよいか…をテストするため計画を企てる「終盤戦」。他にも1頁未満の超短編「死神は語る」など、ちょっとした時間に読むのにちょうど良い手軽さ。

全13件中 1 - 10件を表示

十四の嘘と真実 (新潮文庫)のその他の作品

To Cut a Long Story Short マスマーケット To Cut a Long Story Short ジェフリー・アーチャー
To Cut a Long Story Short カセット To Cut a Long Story Short ジェフリー・アーチャー
To Cut a Long Story Short ペーパーバック To Cut a Long Story Short ジェフリー・アーチャー

ジェフリー・アーチャーの作品

ツイートする