ゴッホは欺く〈上〉 (新潮文庫)

制作 : Jeffrey Archer  永井 淳 
  • 新潮社 (2007年1月30日発売)
3.42
  • (13)
  • (49)
  • (69)
  • (14)
  • (0)
  • 344人登録
  • 28レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161258

作品紹介

9・11テロ前夜、英貴族ウェントワース家の女主人ヴィクトリアは、破産寸前の家計に悩んでいた。双子の妹アラベラに手紙を書いているところに賊が侵入し、首を切られて命を落す。犯人は左耳も切断し、著名な美術品蒐集家フェンストンに送った。一方崩落したビルから生還したフェストンの美術コンサルタント、アンナは、付きまとう男の影に怯えていた。ゴッホの自画像を巡る会心作。

ゴッホは欺く〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アーチャーの「難しくない方」のストーリーで軽快なテンポで読むことができました。この人の作品は沢山の伏線があることが多く、読み返すと「あっここでこんなことしてたんだ」と思わされることが都度あります。
    自分とほぼ同じ誕生日のジャック、TVでリアルタイムに見ていたテロ事件に遭遇したアンナと、入り込む要素一杯の作品でした。

  • 読んで損はなし。

  • ホームズの流れで洋書コーナーから借りてきた一冊。
    タイトルに惹かれて借りたんだけどなかなか面白かった♪
    下巻もあるから、続きが気になる~(>_<)

  • ハリウッド的。ヨーロッパ、日本、アメリカなどなどあちこち飛び回るわ、いろんな敵に追いかけられるわと盛り沢山な痛快サスペンス。漫画を読む感じで気楽に読める小説です。

  • アーチャーのミステリー長編は本当に久しぶりですが、獄中にある期間が長くてもその腕に衰えはないとしって喜ばしく思いました。
    下巻も一気によみきりそうです。

  • 読了。
    感想は下巻にまとめる。

  • (感想は下巻で書いてます。)

  • ひさしぶりのジェフリーアーチャー

  • 普通?

  • アーチャーにしては普通でしょうか。話の中で重要な911事件はどうなんでしょう、できれば他のトリックの方が良かったような。作者がノって書いてるなーと思われるたのしい描写が何箇所かあってそこはよかったっす。

全28件中 1 - 10件を表示

ジェフリー・アーチャーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
村上 春樹
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴッホは欺く〈上〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする