遥かなる未踏峰〈上〉 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.68
  • (20)
  • (48)
  • (45)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 341
感想 : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161302

作品紹介・あらすじ

世界最高峰への初登頂はいったい誰が、いつ成し遂げたのか?エヴェレストに挑み「なぜ登るのか?」と訊ねられ「そこに山があるからだ」と答えた悲劇の登山家ジョージ・マロリー。彼は頂上にたどり着くことができたのか?いまでも多くの謎に包まれている彼の最期-愛妻家としても知られる山男が残した手がかりとは…。稀代の英雄の挫折と栄光に巨匠が迫る、山岳小説の白眉。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想は下巻に

  • 「Because it's there. そこに山があるから。」
    の名言で知られるイギリス人登山家ジョージ・マロリーが人類初エベレスト登頂を目指す、実話に基づいたストーリー。当時南極・北極への人類初到達をアメリカ・ノルウェーに先越されたイギリス政府の焦りから国を挙げてエベレスト登頂に懸けていた様子がとても伝わってくる。エベレストを登ることの厳しさ・苦しさを何となく感じられました。

    富士山登頂は勢いで行けたけど、エベレストはまじで無理なんだろうなあと当たり前ですが思いました。笑

    有名な登山家もやりたい時に挑戦ができるわけではなく、エベレスト挑戦には多額の費用がかかることを改めて認識しました。自由に見える探検家・冒険家も当然使えるお金にも限りがあるんだろうなあと。

    Because it's there.
    運命を見つけた男の生き方は本当にかっこいいね。

  • マロリーの日常に焦点をあて、どれだけすごい登山家なのか、
    エベレスト登頂するにはどんだけ大変なのか、
    という部分にはあまり触れずに書かれているので
    あっさりとしたエベレスト登頂記になっている。

    愛妻家なのはわかった。

  • <上下巻を通してのレビュー>

    世界最高峰への初登頂はいったい誰が、いつ成し遂げたのか?
    エヴェレストに挑み「なぜ登るのか?」と訊ねられ「そこに山があるからだ」と答えた悲劇の登山家ジョージ・マロリー。
    彼は頂上にたどり着くことができたのか?
    いまでも多くの謎に包まれている彼の最期――愛妻家としても知られる山男が残した手がかりとは・・・・・・


    冒頭にこの作品は実話に触発されたものであるとあります。
    だからこそさらに読むスピードが速くなり、その世界に引き寄せられていきました。
    山を愛する1人の人として、ジョージ・マロリーは最も尊敬する登山家の一人であり、登山家としてだけではなく一人の人間としての魅力を余すことなく引き出してくれている一作です。
    家族思いで愛妻家で、頻繁に手紙を書いていたマロリー。
    Wikipediaからは決して思い描けないマロリー像がこの作品にはありました。

  • 迫真の登山シーンとか、過酷な状況での人間性が問われるとか、が無く淡泊な表現の文章なので、サラッと読めてしまう。まだ、エヴェレスト登頂が始まってないからしょうがないけど。
    ただ、マロリーの事を殆ど知らない私でも、一気に読ませてしまうのだから、娯楽小説として一級なんでしょう。

  • 面白い小説
    短い文章が重なり、淡々と物語が進行する

  • 人類初のエベレスト登頂を果たした(と思われる?)ジョージ・リー・マロリーのことを描いた物語。
    マロリーの登頂にかける熱い思い(これをイギリス人ではジョンブルというようだが)と、妻を愛する思いの葛藤の中で夢を追いかける男の姿にはぐっとくるものがある。
    登山についての史記らしいものを初めて読んだが、こんなに過酷なものとは思いもよらなかった。
    マロリーには、エベレストを制した初の人間であって欲しいと心底思わせる物語。
    マロリーの名前はこの本を読むまでは全く知らなかったが、マロリーがアメリカにエベレスト登山体験談を講演に行った際、ある若者からの質問への回答は誰でも知っているだろう。若者『なぜわざわざ山に登るんです?』、マロリー『そこに山があるからだよ』と。
    全2巻

    • chibipikanohonさん
      こんにちは。つたないレビューをご覧頂きありがとうございます。マロリーのでは感想にも書きましたが「そして謎は残った―伝説の登山家マロリー発見記...
      こんにちは。つたないレビューをご覧頂きありがとうございます。マロリーのでは感想にも書きましたが「そして謎は残った―伝説の登山家マロリー発見記」。ほか個人的なおすすめ遭難記ですが、エベレストものではジョン クラカワー「空へ」。南極もの「エンデュアランス号漂流記」、あと新田次郎はどれも良いですが特に「聖職の碑」が好きです。いずれも絶望感が半端ないです(「エンデュアランス」は元気出ますが)。ご参考になりますれば!(なんかコメント先を間違えたようなので再度書きました。)
      2015/11/02
  • マロリーの伝記

  • これまで読んだ遭難記と比べると遥かにソフトな口当たり。物足りないといえば物足りないが、王立地理学会のお偉いさんとか遠征隊を率いたブルース将軍、オーストラリア人のフィンチなどの周辺の人たちの描写により、物語としては面白い。「そして謎は残った―伝説の登山家マロリー発見記」の補遺として読むとよい。

    • たくぼんさん
      はじめまして、イタタクと申します。先ほどこの本を読了したのですが、私としてはとても楽しく読めました。ただ、貴コメントにこれまでの遭難記に比べ...
      はじめまして、イタタクと申します。先ほどこの本を読了したのですが、私としてはとても楽しく読めました。ただ、貴コメントにこれまでの遭難記に比べると物足りなさそうとのことでしたので、何か、他にオススメのものがありましたら、紹介頂けるとうれしいです。
      2015/10/28
    • chibipikanohonさん
      こんにちは。つたないレビューをご覧頂きありがとうございます。個人的なおすすめ遭難記ですが、エベレストものではジョン クラカワー「空へ」。南極...
      こんにちは。つたないレビューをご覧頂きありがとうございます。個人的なおすすめ遭難記ですが、エベレストものではジョン クラカワー「空へ」。南極もの「エンデュアランス号漂流記」、あと新田次郎はどれも良いですが特に「聖職の碑」が好きです。いずれも絶望感が半端ないです(「エンデュアランス」は元気出ますが)。ご参考になりますれば!
      2015/11/02
  • 下巻も楽しみです。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ジェフリー・アーチャー(Jeffrey Howard Archer)
1940年生まれのイギリスの政治家、小説家。一代貴族の貴族院議員。オックスフォード大学卒業後に政治家に。大ロンドン議会議員、庶民院議員(3期)、保守党副幹事長などを歴任したが、 1973年に投資で失敗して財産を全て失ったことを契機に、1974年10月の総選挙時に政界から退いた。
1976年に発表した『百万ドルをとり返せ!』が大ヒットして借金を完済、1985年に政界復帰し党副幹事長を務め貴族院議員に列されたが、偽証罪によって2001年に実刑を受け服役。2003年以降、作家活動を再開した。
代表作に『プリズン・ストーリーズ』、『クリフトン年代記』シリーズなど。

ジェフリー・アーチャーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
ジェフリー アー...
64
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×