呼びだされた男 (新潮文庫)

制作 : 稲葉 明雄 
  • 新潮社
3.44
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102165058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  相手の態度からその心の内側を読む方法、などといった内容の本や記事をこのところ目にする機会が多い。周りの人々の気持ちを知りたい、というのは至極当然の欲求なのだろうが、それだけ難しいということの裏返しなのだろう。

     ミステリファンからすればこの手の技術は、数ある主人公たちが見せてくれていた馴染みのあるもの。
     古くはホームズの観察眼に端を発し、次第に時代に合わせた科学的根拠を加えてきた。
     「千里眼」シリーズなどは心理学的な興味から、その部分だけ読んでも興味深い。

     チャーリーはそれを訓練によって身につけている。そして、相手を読むことばかりでなく自分の気持ちを隠すことにも腐心している。
     臆病な獣として。

     隠すと言えば、チャーリーはその風体から優秀さを相手の目から隠す形になっている。本人にはその意図があるかどうかはわからないが、作者の意図としてはあるのだろう。
     劣等感を持ったものの逆転勝利。

     刑事コロンボを思い出すが、あちらは意図的に油断させているのでは、と思ってしまう。もちろん子供の頃テレビを見ていた時はそんな風には思わなかったが。
     「うちのかみさんが…」と唐突に話題を変えることや、一旦帰ると見せかけて油断させて質問すること。すべてがテクニックに見えてきてしまう。

     切れ者。凄腕。
     そんな表現が飛び交う世界は、会話も緊張の連続で、チャーリーは無防備な会話への憧れもあるようだが、読者としては自分の身の回りの会話の緊張感のなさを残念に思うばかりだ。

  • 最愛の妻イーディスも失い、あいかわらず逃亡生活を送るチャーリー。チャーリーの唯一無二の友人であるウィロビーから連絡が。香港での船舶事故により、彼の保険会社が破産しそうだ。中国人富豪の豪華客船の火災原因調査のため、香港へ向かうチャーリー。イギリス領香港とか、中国との関係とかが興味深く書かれる。

  • チャーリーマフィンシリーズ第3作保険事故が起きたため,保険を引き受けたウィロビーに頼まれて,香港で事故の調査をするチャーリーマフィン。普通に面白いですが,これまでの作品に比べるとスケールが小さく,チャーリーらしさも余り感じられません。次回作はどうなるのでしょうか(以前読んだけどすっかり忘れています。そもそも次回作は絶版になっていないのかも不明です。図書館で探してみます。)。

  • チャーリー・マフィンシリーズ第三弾

  • またまたまた、チャーリー登場!今回の任務は・・・?

     1993年

  • チャーリー・マフィンシリーズ。巻き込まれてるのか招いているのか、今回も大活躍。

全6件中 1 - 6件を表示

フリーマントルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン フリ...
ブライアン フリ...
ブライアン フリ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする