偽りの楽園(上) (新潮文庫)

制作 : Tom Rob Smith  田口 俊樹 
  • 新潮社 (2015年8月28日発売)
3.13
  • (6)
  • (19)
  • (45)
  • (14)
  • (3)
  • 279人登録
  • 28レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102169377

作品紹介

両親はスウェーデンで幸せな老後を送っていると思っていたダニエルに、父から電話がはいる。「お母さんは病気だ。精神病院に入院したが脱走した」。その直後、今度は母からの電話。「私は狂ってなんかいない。お父さんは悪事に手を染めているの。警察に連絡しないと」。両親のどちらを信じればいいのか途方に暮れるダニエル。そんな彼の前に、やがて様々な秘密、犯罪、陰謀が明らかに。

偽りの楽園(上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田舎の小さな社会に隠された悪の影か
    はたまた精神に支障をきたした人の妄想か。
    一方当事者がひたすら話す、それも些細なことに
    何かをかぎつけたり結びつけるだけなので、
    後者を疑ってしまうが、聞き手が驚くような
    言葉や話題の変化からもう一つ疑われるのは。。。
    とはいえ、まだまだ話し足りないようで
    具体的な事件のにおいがしたところで下巻に。
    しかし、あんたも突然行方不明みたいなこと
    したろうに。

  • はじめて読む作家さん。
    「チャイルド44」を読みたくて本屋さんに行ったら置いていなくて、こちらを発見。
    「チャイルド44」が映画化され(大好きヴァンサンも出演しているのです)、話題になっているようなので、本作にも自然と期待がかかる。

    ダニエルのもとに、スウェーデンで幸せに暮らしているはずの父親から電話が入る。
    「お母さんさんは病気だ。精神病院からいなくなった」。
    いなくなった母親からも電話が入る。
    「お父さんが言ったことは全部嘘よ。私はおかしくなんてなってない。警察に行かないと」。

    こうはじまり、ダニエルのもとに来た母親の告白がはじまるのだが、それがまた長い。グダグダグダグダ話がつづく。
    こういうひといる。
    何から何まで話さないといけないと思うひと。
    聞いているこちらは、結局何を話したいのかさっぱりわからないので、いい加減疲れてくる。
    このグダグダ告白が一冊つづく。

    下巻、頼むよ。

  • 北欧サスペンスミステリ。
    離れて暮らす母親が、父親らに貶められそうだといい、非現実的な犯罪事件を暴露し出す、というあらすじはよかった。
    だが、起承転結のバランスとテンポが悪い。
    前半は、効果的なサスペンスというより、単に話が中々進まない。
    対して後半は、主人公の心情推移や謎解きに段階的な強弱がなさ過ぎで、ほとんど入り込めなかった。
    翻訳苦手のせいか、作者や訳者が合わないのか、とにかく個人的にはハズレだった。
    2

  • 両親が新天地に選んだスウェーデンの農場。息子ダニエルは二人が幸せに暮らしていると信じて疑うことなどなかった、父からの電話さえ無ければ。

    小さいながらも完成形だと確信していた家族のカタチが崩壊していく怖さ。今まで見て来た信頼がいかに不安定な土台の上に乗せられたものかが怖い。

    母の語る農村部の人間関係、消えた少女の行方は。父は関与しているのか。

    とにかく長い長〜〜い母の語りについて行くのが大変かも。しかも上巻だけでは終わらないのであった。下巻に続くー。

  • 読ませるのはいいんだけど、お○んこって笑。

  • 2016.09.12

  • お母さん、病んでるでしょ。(下巻に続く)

  • 父母の食い違う話に興味が湧いて、読み進むことができた。

  • レビューは下巻にて

  • 母親の話だけで終わった上巻。なかなか核心に近づかず、ちょっとイラつく。聞き役とはいえ息子の存在感も希薄。今後息子がどんな役回りを務めるのかを含め、下巻の展開に期待。

全28件中 1 - 10件を表示

トム・ロブスミスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
トム・ロブ スミ...
ピエール ルメー...
スティーヴン キ...
トム・ロブ スミ...
アーナルデュル・...
高野 和明
アーナルデュル・...
横山 秀夫
ルネ・ナイト
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

偽りの楽園(上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする