魂の重さは何グラム?―科学を揺るがした7つの実験 (新潮文庫)

制作 : Len Fisher  林 一 
  • 新潮社
3.16
  • (1)
  • (15)
  • (36)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 227
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102172513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひたすら科学。ビスケットを崩壊させずに紅茶に浸す方法についての研究でイグ・ノーベル賞・物理学賞を受賞した、レン・フィッシャーさんの本。ビスケットはオレオに限り、ミルクに浸すこともあるが、基本は浸さない主義なので、それよりも福砂屋のカステラのザラメを数日間ザラザラのまま保つ方法などを研究してほしい。

    古今東西、あらゆる科学者たちが無謀とも言える実験を繰り返し、その失敗の中からも色々な発見が生まれてきた。賢者の水銀、愚者の金やら、ネーミングも秘密めいている。

  • けしてトンデモな話ではなく、浮かんでしまった疑問についてまじめに実験、研究を行った科学者と、彼らを取り巻く社会についての話。
    実話であります。
    これを読むと、実際に実験もせずにありえないという結論を出す怖さがわかりますね。
    やはり、科学系の文章ですので、難しく感じるところもありますが、注釈が多いのでゆっくり読み進めていけば、とりあえず、何が問題で何があったかぐらいはわかるかな。(^^;

  • 私が子どものころ「死にかけの人を秤に乗せ観測したところ、死んだ瞬間に軽くなった。このことから魂には重さがあると結論された」と聞いたことがある。そんなわけないだろう。インチキか、何かの間違いだろうと、その時思った。この本を読んでその種がわかった。非常に真面目な観測者により確かめられたこの実験にはインチキはなかった。つまり「何かの間違い」だったのだ。 科学にはこの手の間違いがゴマンとある。そういうことをエッセー風に書いたのが本書である。まあ、そこそこ面白い。

  • 魂があるのか無いのか、についての本ではなく、素朴な疑問から出発して、科学界を揺るがすことになる実験を行った科学者たちについての、ちょっと長めのエッセイ集。

    全部読んだ訳じゃないけど、まあいいや。また気が向いたら読もう。

    魂に重さがあるのか、そもそも魂が存在するのかは、結局わからない。死ぬと、急速に身体から水分が失われたりするのかな。遺体ってかさかさしてるもんな。

  • 魂・稲妻・錬金術・生命…常識的な考えに囚われることなく、真理を目指して実験を行った人間たちのお話。その時代の権威によって弾圧を受けたり、論文合戦に発展したり、実験の設定に不備があったために責められることになったり…と、当時の科学者たちの苦労が伺えます。筆者の体験したエピソードや、それらの発見が現代の社会においてどのように役立っているか、といった話にも触れています。この手の本が好きな人にはオススメです。

  • 読む前は、トンデモ科学の本だと誤解していましたが、極めて真面目な本でした。
    感じは、アシモフの科学エッセイと似ているかな。

    いかに、今考えれば、でたらめな仮説でも、それを実際に証明して否定するというのは、大変なことがよくわかる。そしてまぁ、実際、常識というか感覚とは違う結論が出ることもありますしねぇ。

    そして、実験というのは、とても難しいということがよくわかります。
    だから、あんまり安易に教室で実験して、実験結果が合わないからと結果をねつ造するような理科の授業をしているとダメだと思います。

    理科の実際の勉強と並行して、こういった科学史を教えると良いですよねぇ。多分、理解が進みやすいところもあると思う。

    ……、でも、学生時代なら、なんで無駄な歴史なんかを理科の時間に勉強するのかと感じたかな?あと、もしかすると、理科の先生のなかに、こういう歴史的な知識や、興味がある人は、少ないのかも。

  • 『201212 読みかけ消化月間』

  • たくさんの科学者の名前が登場する。アリストテレスからピーター・ヒッグスまでバラエティ豊かだが、個々の話が短く物足りない。紹介本としてはありかと思う。

  • 科学上のさまざまな理論にまつわるエピソード、論争の歴史のうち、6つを取り上げて紹介した本です。

    タイトルの魂の重さは何グラム?という実験も興味深いですが、そのほかのエピソードも、機体の法則で有名なボイルが実はあんな人だっただとか、フランケンシュタインのモデルになった実験とか、物語的な面白さにあふれています。

    エピソードと通じて、最終的に科学とは、検証とは、事実とは、というところまで論はすすみますが、堅苦しくなく最後まで読めると思います。

  • 内容はサブタイトル通り。科学史で重要な7つの実験にまつわる逸話。

    「魂の重さの量り方」とか、「光の干渉」とか「ガリレオの実験」とか。
    死ぬ時に体の重さがちょっと減るって話は他の話に比べるとあまり、聞いたことないんだけどなんでかな。この本の中ではまだ解明されてない、って書いてるけど、そもそも今だにそんな実験がなされてるのか自体わからん。

    物理学と生物学の話だけど、生物学の話はちょっと退屈だった

    「付録」と「注記」がひたすら長い。

全20件中 1 - 10件を表示

レン・フィッシャーの作品

魂の重さは何グラム?―科学を揺るがした7つの実験 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする