素数の音楽 (新潮文庫)

制作 : Marcus du Sautoy  冨永 星 
  • 新潮社 (2013年9月28日発売)
4.07
  • (56)
  • (54)
  • (25)
  • (9)
  • (1)
  • 本棚登録 :750
  • レビュー :53
  • Amazon.co.jp ・本 (622ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102184219

作品紹介

2,3,5,7,11……素数は謎に満ちた存在であり続けている。19世紀半ば、「数学界のワグナー」リーマンは、雑音としか思えない素数に潜んでいる繊細なハーモニーを耳にした。数学界の「巨人」ヒルベルト、「審美家」ハーディーと「用心棒」リトルウッド、「革命家」コンヌ……。世紀を越えた難問「リーマン予想」に挑み、素数が奏でる音楽を聴こうとした天才たちの姿を描くノンフィクション。

素数の音楽 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっと読了!長かった!

    決して内容を掴めたわけではないのだが、恐らく、もう同じ熱意でこの一冊に臨む力はないと思う(笑)

    それにしても『素数の音楽』というタイトルは本当に素晴らしい。
    素数というものが数学の盤上に上がり、19世紀半ば「リーマン予想」なるものが打ち出され、その予想を今も尚追っている。

    どれだけ多くの数学家たちが、リーマンの風景に挑戦してきたのだろう。
    そう思うと、人一人が持つ閃きの尊さってすごい。

    素数の奏でる音楽は美しいはずだ、と小川洋子は解説で述べている。
    数学の持つ美しさを、私はいつも考える。
    数という、ただそこに在る(し、ない)ものの持つ精緻な美しさは、私たちが常日頃使う美しさとどのように違うのだろう。

    いや、違わないのかもしれない。

    私たちが音楽を聴き、文字や人や風景を見、美しいと感じることは、きっと其処に繋がるはずだ。

    最後に。
    素数の謎は、情報化社会のキーとなる暗号として用いられている。
    素数のマジックを解き明かすことは、社会を、世界をひっくり返す一大事象となったわけだ。

    明日にでも、世界は変わるかもしれない。
    そんな不思議なドキドキ感が、この一冊に漂っているような気がした。

  • 高校レベルの数学で内容が理解できるのでとても面白いです。音楽理論や数学、化学に対する視野が少し広がりました。

  • サイモン・シン著の『フェルマーの最終定理』と比べて専門色が強く、グラフや方程式や(後半に差し掛かると)幾何学や量子物理学のアイデアがポンポン出てくるので素人にはややとっつきにくかった。
    けれど現役数学者の筆者がいわんとしている数学の美学やドラマティックな歴史はよく伝わってきた。中でも感動したのは数学には“絶対”の真理が存在する(かもしれない)こと。人間が認識していなくても、地球の外でも、昔も今も「素数」は「素数」であり他のなにものでもないのだ。
    ジョン・ナッシュ博士もちょろっと出てきたし、機会があればビューティフル・マインドも読んでみようと思う。

  • 1と自分自身以外に約数を持たない数、即ち素数の出現の予測不可能性に挑んだ歴史上の数学者たちの生き様を、未だ未解決のリーマン予想を軸にしながら追っていくストーリー。
    数多くの学術分野の中で数学だけが持つ美しさや、数世紀にわたる時代ごとに数学が歴史とどのように関わってきたかなども、本書から知ることができる。
    数学上の概念を、高度な数学的知識を持たない読者も感覚的に理解できるように、「素数の階段」、「リーマンの秘密の小径」などの比喩的な表現を巧みに用いて描写しているが、そういう表現についていけるかどうかでこの本への印象が左右されるかもしれない。
    個人的には、学生時代に力を入れず中途半端な理解のままとなってしまった複素解析などを学び直してみたいという意欲を呼び醒まされるほど引き込まれた一冊。

  • ポアンカレ予想を解決したペルマンについの本『完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者』に比べると、圧倒的にこちらは面白い。素数の謎に迫る、数学者たちの苦悩を時系列に追う。

    最先端の素数の解釈については、現在、数学と物理学が一緒に語られた時代に逆戻りするという状況にある。摩訶不思議な素数の世界に魅了された。

  • 素数。美しくも謎だらけの音楽。

    どういう順番で出てくるのか,はっきり説明できていない。リーマン予想はまだ解けていない(んだよね?)ので,まだまだ数学者をひきつけてやまない素数の謎。ガウス,オイラーなど,あ,知っているかなレベルの人から初めて聞く名前まで様々な数学者が素数に挑んできた。時系列の前後や,翻訳らしい特徴ある文体で,ちょっと読みとおすのには骨が折れたけど,読みごたえがあった。

    素数は,数学の世界だけではなく,量子物理学やコンピュータまで広がり,美しい音楽を奏でながら,そこに微笑んでいる。自然って,本当に不思議。

  • 今更だけど読み直ししだしたらとまんない。

  • 一級の数学者がリーマン予想をメインに様々な数学の話題を数式をほとんど使わずに解説。数式はζ関数の説明の時ぐらいか。とはいえ情報量がとても多くかなり読み応えのある本。

    概念の説明がとてもわかりやすい。RSA暗号や量子物理学の話など。

    一度読んで消化しきれなかった部分もあるので再読したい。

  • 数学は超苦手だったけど、この本はおもしろい。高校の時、こういう本に出会っていたら、考え方が変わっていたかもしれない。でも結局積読っていう!笑

全53件中 1 - 10件を表示

素数の音楽 (新潮文庫)のその他の作品

素数の音楽 (新潮クレスト・ブックス) 単行本 素数の音楽 (新潮クレスト・ブックス) マーカスデュ・ソートイ

マーカスデュ・ソートイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
ロビン ウィルソ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

素数の音楽 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする