SF九つの犯罪 (新潮文庫 ア 6-1)

制作 : I.アシモフ  浅倉 久志 
  • 新潮社
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102186015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号:933エ
    資料番号:110079902

  • ギャレットとシマックのは良かった。 『魔術師が多すぎる』はよ読まんと な。

  • SFでもミステリーは成立する

     アシモフはミステリーが好きだ。SFというジャンルではミステリーは難しいという一般論を駆逐することが好きだといった方が自信家アシモフの正確な記述かな。

     そもそもミステリーはその結末で読者を裏切ってはならない。探偵の特異な才能のみが知りうるような事実から犯人を当ててはいけない。シャーロック・ホームズも反則すれすれとの見解をアシモフは持っている。

     正統派SFミステリー傑作集誕生の経緯はこんなところか。

     SFだってちゃんとしたミステリーを構築することは可能なんだという思いを込めた作品もあるが、今回の作品は自身の作品を含む数多くの様

  • さまざまなテーマのSFミステリ。アシモフ「歌う鐘」、シマック「ハウ=2」がよかった。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする