ファイアスターター (下) (新潮文庫)

制作 : 深町 真理子 
  • 新潮社
3.75
  • (30)
  • (31)
  • (60)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 277
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったよぉ!!
    筋はストレート。パパが途中頑張った。夢うつつの能力再開のくだりとか、体温というかリアリティがあって逃避行アゲインかと思ったのにぉあーと身悶え。愛娘のためあらん限りを尽くしたからこそチャーリーの悲壮が輝くのは分かってる。だからぐつぐつと煮詰まってきていた分、クライマックスの大解放はこれ以上何も動かしようのないくらいの完成度。匿ってもらった夫妻の元を去る所も、わずかに希望の残るラストもいい。

    彼女がどうか人間らしい人生を送っていけますようにとの祈りに満ちた読後感。映像化もされたらしいけど、原作イメージに浸っていたいので多分見ない。面白かったです。

  • ラスト、切ないッス。

  • やっぱり最初はとっつきにくいんだけど、ラストがすごく良かった。
    キャリーのときは超能力の爆発的な解放に向かっていくために物語が展開していく気がしたけど、このファイアスターターは念力放火のシーンだけじゃなくて、アンディーとの親子の物語とか、チャーリーが復讐のために暴走しかけても最後には父親の声を聞いて自分の力を抑えることに成功して、もう二度と力を使わない覚悟を決めるところに感動した。
    完全なハッピーエンドではないけれど、希望が感じられるラスト。

  • モダンホラーの帝王、スティーヴン・キング渾身の傑作。
    米国政府秘密機関によって超常能力開発のための実験台とされた若者たち。殆どが適応出来ずに廃人となり、狂い死ぬ。だが、或る男と女は微力ながらも力を供え、二人は結婚し、やがて娘を授かる。類稀なる念力放火の能力を宿し、暗い宿命を背負うこととなる一人娘を。
    とにかく、圧倒的な筆力で読ませる。国家権力対個人というシンプルな構図の中に、余りにも深い愛情で結ばれた親子の虚しい逃亡、追い詰められ結末へ向けて一層増していく悲劇、悪魔的な残忍性を伴い娘を狙う殺し屋の異常性、それを体現する恐怖、異能者のみが持ち得る優越、その表裏一体となる孤独感、それらを繊細且つ大胆に盛り込み、終局で一気に爆発させる。凄まじいまでのカタルシス。キングは、やはり凄い作家である。

  • 上巻のラストで組織の手に落ちた父娘だが殺されずに済んでいた(そうだとお話が終わる)。

    父と引き離されたチャーリーは、父の言いつけを守り頑なに火をおこすことを拒否する。
    組織のエージェント、レインバードはチャーリーの世話係となって、彼女に接近していく。
    序盤はレインバードの思惑を知らず親しくなっていくチャーリーにハラハラし、独居房で娘を思う父がどう反撃するか先が気になる。

    終わり方は目新しい物はないけれど、テンポよくさくさく進みスムーズな幕切れとなっている。

    なんとなくアメリカっぽいラストシーンだと思ってしまった。

  • すらすら読めてとてもよかった。

  • まずはパイロキネシス(念力放火)という超能力を設定したところが秀逸、そして、その力を持っているのは父親と逃避行を続ける幼い少女。これをスティーブン・キングが書いて面白くないはずが無い。この時点で既に星4つ以上は確定でしょう!更にキングは親子の絆を細やかに積み重ねながらクライマックスまで巧みに話を盛り上げて行きます、そして迎えるカタストロフ。少女の悲しみが凄まじいパワーで爆発する。余韻を残すエピローグまで見事な出来栄えで言うことはありません。
    ドリュー・バリモア、ジョージ・C・スコットらが出演した映画も原作を尊重した誠実な創りで好感が持てました。この頃のドリューはやはり可愛いですよね。

  • 海外ものを読もうとAmazonで購入。おそらく初キング。
    やはり名作と呼ばれるだけあって面白いですね。すいすい読める。恐怖小説とか書いてあるけど完全にSFだよね。
    パパの押す力の方がカッコよくみえる、なんとなく。
    宮部みゆきのクロスファイアを昔に読んだけどようやく元ネタを読めたわけだ。
    面白かったけど、期待以上ではなかったかな。でもキングの他作も読む。

  • 2012/10/21読了

  • 映画よりはよかった。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

ファイアスターター (下) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする