ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

制作 : Stephen King  浅倉 久志 
  • 新潮社
3.90
  • (213)
  • (264)
  • (269)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 1844
レビュー : 205
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193129

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スティーブン・キングによる、非ホラー小説。
    刑務所のリタ・ヘイワーズとゴールデン・ボーイの二編からなる。
    刑務所のリタ・ヘイワーズは無罪を主張するまじめでさわやかな囚人をえがいたさわやかで心地の良い話。
    ゴールデン・ボーイは元ナチスの軍人との交流により、次第に狂気にかられていく普通の少年の物語。

  • 映画「ショーシャンクの空の下に」を観た後原作を読む為に購入。「ゴールデンボーイ」は未読。「ショーシャンク」の原作は「刑務所のリタ・ヘイワース」。原作は映画以上かな

  • 有名な「ショーシャンクの空に」の原作となる「刑務所のリタ・ヘイワース」と表題作「ゴールデンボーイ」の2作が収録された本書。

    もともと「ショーシャンクの空に」のファンで、それ目当てで読み始めたのだが、「ゴールデンボーイ」の面白さに完全に持っていかれた感がある。
    解説によると、あの「シャイニング」を書いてから、わずか2週間で「ゴールデンボーイ」を書き上げたそうで、その完成度の高さと共に再び驚愕させられた。

    人の心の動きを知り尽くしているかのような巧みな人物描写。それが、スリルや絶望、または希望に、究極的な現実感を帯びさせている。これこそスティーブン・キングの真骨頂だろう。

  • 映画「ショーシャンクの空に」の原作小説の
    刑務所のリタ・ヘイワース
    を読むためだけに買った本ですが
    リタ・ヘイワース部分はさくっとけっこう前に読んでしまってましたが
    ゴールデンボーイのほうも読みましょうということで
    ゆっくり他の本を先に読みながら見てました。
    恐怖の四季シリーズだけあって
    ゴールデンボーイのほうはけっこう内容サスペンスですねぇ
    リタ・ヘイワースのほうは映画のまんまだし160ページくらいですので
    読みやすいですよ。

  • 映画「ショーシャンクの空に」が大好きで原作「刑務所のリタ・ヘイワース」を読んでみたくて購入。ゴールデンボーイも好きな作品。

  • この小説ほどお買い得なものは今まで読んだことがない、と言って良い程のお勧めです。
    話は少年と年老いたナチ戦犯との話「ゴールデン・ボーイ」と脱獄話「刑務所のリタ・ヘイワース」。
    刑務所のリタ・ヘイワースは映画「ショーシャンクの空に」になっていますが、小説でのおもしろさは抜群です。

  • 読後感が真逆な二篇。個人的には刑務所のリタ・ヘイワースのほうが好きです。ジワタネホ!

  • 刑務所のリタヘイワースの爽やかな読後感

    ゴールデンボーイの破滅的な救われなさ

  • 原作を読んでから映画を観て欲しいそんな作品です。言わずと知れた「ショーシャンクの空に」ですが、原作は刑務所のリタ・ヘイワーズとなっています。爽やかな良い映画です。希望を持つことはいいことなんだよ。本当にそう思えるんだもの。
    ゴールデン・ボーイはキングお得意の怖さが全開です…!

  • ゴールデンボーイではない。この本に収録されている「刑務所のリタ・ヘイワース」が、大好きな映画「ショーシャンクの空に」の原作なのでセレクト。

全205件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

ツイートする