グリーン・マイル〈1〉ふたりの少女の死 (新潮文庫)

制作 : Stephen King  白石 朗 
  • 新潮社
3.63
  • (102)
  • (103)
  • (236)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 1036
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本の出版の形態がなぜ分冊なのかの解説から始まる。
    なんせ、ディケンズの時代まで遡る。小説の続きが読みたいがために死人か出た時代のころ。
    それを蘇らせたそうです。
    他にも、物語の始まりらしく様々な伏線を混ぜながらあっという間に1巻が読み終わる。
    次向かってすごくワクワクしながら。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】933.7||K
    【資料ID】91020247

  • このころはまだS.King、前書きちゃーんと長かったのだなぁ。この薄い中に濃ゆい人間模様に事件が・・・。まだコーフィの事件の真相はまったく分からない。登場人物がもれなく紹介されてる感じかな?

  • 映画は見たけど、原作は初めて。内容はともかく、各100ページくらいの6分冊構成ってどうなのよ、って思うけど。初版出たときは、ワクワク感あってよかったかもしれんけど。

  • この小説は、ある犯罪の犯人が「コールド・マウンテン刑務所」へ来た所から、語り部の話から始まります。

  • 映画を観たので原作も…6分冊かよ!面白いことしまんな。

  • 淡々とこの物語の世界の内容が述べられ、布石が置かれていきます。情景を頭の中で簡単に思い描けるくらい詳しく書かれていて、想像をしながら読み進めていきました。

  • 資料ID:C0019383
    配架場所:本館2F文庫書架

  • 遠い昔に映画を観たのですが「原作の方がすごい」と聞いたので読んでみました。これもう全巻出てから読んでいるのですが、もしリアルタイムで読んでいたら、次巻発行がたまらなく楽しみだったろうなぁ。まだまだ物語は始まったばかり。これからが楽しみです。

  • オカンに買ってもらった

全90件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グリーン・マイル〈1〉ふたりの少女の死 (新潮文庫)のその他の作品

Two Dead Girls (Green Mile S.) ペーパーバック Two Dead Girls (Green Mile S.) スティーヴン・キング
Green Mile book 1: The Two Dead Girls: The Green Mile, part 1 マスマーケット Green Mile book 1: The Two Dead Girls: The Green Mile, part 1 スティーヴン・キング
The Two Dead Girlsの詳細を見る ハードカバー The Two Dead Girls スティーヴン・キング

スティーヴン・キングの作品

ツイートする