グリーン・マイル〈3〉コーフィの手 (新潮文庫)

制作 : Stephen King  白石 朗 
  • 新潮社
3.67
  • (73)
  • (78)
  • (167)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 809
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193174

作品紹介・あらすじ

妊婦ら四人を殺害した兇悪粗暴な男ウォートンは死刑囚舎房にやってくるなり看守のひとりを殺しかけた。看守主任を務めるポールは、その日持病の尿路感染症が悪化し、激痛に苦しんでいたのだが、なんとか騒ぎを鎮めた。その後、いつもおとなしい大男の死刑囚コーフィが、なぜか懇願するようにポールを独居房内に呼び入れ、下腹部に手を触れてきた。そして次の瞬間、奇跡が起きた…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ああそうだったとだいぶ思い出してきた...。「理由はまったくなかった」「一回も手を染めていなかった可能性」によってなされた“何か”とミスター・ジングルズの最期...。ワクワク、ゾクゾクするストーリー展開は“流石”の一言。

  • ミスタージングルズがしんだ。悲しい

  • 2017.08.21

  • 主人公の「水道管」事情がとても痛そう。読んでいて自分のものも痛くなってきた。
    しかしコーフィの不思議な力で完治。この能力が今後明らかになるのか、ならないのか。霊的なものなのか全く違うのか、楽しみだ。
    パーシーも危ないことし始めているし、展開が気になる。

  • 奇跡が起こった同じ場所で残忍な事件が・・・
    次巻が気になって仕方がない。

  • やがて起こる信じられない出来事。
    著者は、家族で音読して楽しむような、分冊版として本作を書いたそうな。でも、やっぱり怖すぎて子供に読んであげられないわ。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】933.7||K
    【資料ID】91020249

  • 引き込まれるー。コーフィが巻き込まれた事件の真実を悟る。文字だけで、ポールの痛みがもーーーこっちも身を捩りたくなるほど感じられたのに、それがすーっと。凶暴なウォートン、まだ20そこそこだとは・・・、一体どういう子供時代だったんだろう。

  • この巻では、ついに死刑囚「コーフィ」と看守主任があって、その看守の持病の所に「コーフィ」が手をやってからの出来事が書かれています。

  • コーフィが手でポールの病気を治しちゃう。
    口から出る羽虫みたいのは一体何なんだ。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グリーン・マイル〈3〉コーフィの手 (新潮文庫)のその他の作品

The Green Mile: Coffey's Handsの詳細を見る カセット The Green Mile: Coffey's Hands スティーヴン・キング
The Green Mile: Coffey's Hands ペーパーバック The Green Mile: Coffey's Hands スティーヴン・キング

スティーヴン・キングの作品

グリーン・マイル〈3〉コーフィの手 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする