デスペレーション〈下〉 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.18
  • (4)
  • (15)
  • (53)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 182
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (535ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193242

作品紹介・あらすじ

警官の魔手を逃れた生存者たちは、荒れ果てた映画館で息をひそめていた。作家マリンヴィルは、一行を導く少年の持つ神がかりの能力に気づき、この一件に人知を超えた力が及んでいることを知る。さらに、多くの鉱夫を生き埋めにした落盤事故が過去に起きたことが判明。警官を狂気に追い込んだのは、犠牲者の怨念なのか?かくして、殺戮を繰り返す悪の正体が、ついに明かされる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容
    警官の魔手を逃れた生存者たちは、荒れ果てた映画館で息をひそめていた。作家マリンヴィルは、一行を導く少年の持つ神がかりの能力に気づき、この一件に人知を超えた力が及んでいることを知る。さらに、多くの鉱夫を生き埋めにした落盤事故が過去に起きたことが判明。警官を狂気に追い込んだのは、犠牲者の怨念なのか?かくして、殺戮を繰り返す悪の正体が、ついに明かされる

  • いつから存在していたのか。。。邪悪な存在が恐ろしい。

  • 確かに以前読んだんだけど、家に本はないし中身を思い出せなかったので、災害時の心の疲れにいいかなと思って再読。
    正面きっての宗教かぶれはどうなのよと思う部分もあるけれど、まあそれは(これほど表立っていなくても)常にキング小説には存在するものだし、デヴィッドかわいいので許せるかな。
    神は残酷――そこまでは私もわかる。その先、「だけど」とか「それでも」の後をどう納得するのか、そこがわからない。人生は神がいなくても充分残酷で辛くて、でも彩りに満ちているものじゃないだろうか。
    人物も話もとてもKing的で、安心して読めるけど、逆に言えばそれだけとも言える。

  • 上巻の展開がユルユルで
    ストレス溜まりまくりだったから、
    下巻の急展開におおっとなり、一気読み。

    キング節炸裂つーか、やっぱりそういう展開か、とか
    何となく先は見えてるものの、やはり面白いっす。
    定番のキングストーリーって感じの話ですかね。

  • タックがエントラジアンから出てしまってからは死に対する現実的な恐怖感が無くなってしまった。後半のキングのお家芸であるフラグ立てまくり+あ〜あやっぱりな展開は分かっていてもやめられない止まらないでしたが。

  • この物語の鍵は「神」。邪悪な存在タックとデビットが信じる神の対比が面白い。中盤からラストまでは一気に話が進み、読ませる。家族を全員失ってしまうデビットはかわいそうだが、ラストでちょっと泣かせる。神は残酷だ。

  • 久々にスティーブンキングの長編を読む。
    これを読むとアメリカのフリーウェイでポリスに止められても
    そのまま逃げてしまいそう。

    初期の作品のようにB級要素満載だけど
    最後にほろっと泣けるのが良かった。

  • 下巻は必ずしも万能でないタックと、強大だが残酷な見返りを求めるデヴィットの神の話になった。
    タックの邪悪さとデヴィットの苦悩が共に残酷で、単なる善悪でない恐ろしさを感じた。

  •  100712~100802読了

  • 上を(飛ばし読みで)読み終わり後からずいぶんたったが、
    やはり手をのばせず、常にかばんの中に放置・・・
    また、いつか、読むかな。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

ツイートする
×