第四解剖室 (新潮文庫)

制作 : Stephen King  白石 朗 
  • 新潮社 (2004年5月28日発売)
3.23
  • (19)
  • (30)
  • (127)
  • (12)
  • (6)
  • 本棚登録 :464
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193358

第四解剖室 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時間があれば。

  • 「エルーリアの修道女」が難しかった。

  • やはり表題作がいい。内面と外面のせめぎあいと、スリルあふれる完全に静的な動きがうまく描かれている。『エルーリアの修道女』もファンタスティックで良質なRPGを想起させて良かった。バラエティあふれる作品集である。

  • 覚悟を決めてダークタワーシリーズを読もう!と思ったら、それがなく…
    しかし、代わりにと言うには失礼なほどよく出来ていて面白かった。
    図らずしも、ダークタワーの外伝が乗っていたが、予備知識なくても楽しめた。
    若干、シーンがミザリーチックだなと思った。
    恐怖が色鮮やかで、鳥肌もの。

  • 9784102193358 394p 2009・12・10 7刷

  • 恐怖のバリエーションというものについて真摯に考えられてるなあという印象。序文や小説一本ずつに添えられた解説のせいでもあるだろうが、作品本体だけで勝負しろよな、とも思った。表題作の他、老人が子供の頃に悪魔に出会った記憶を回想する『黒いスーツの男』が怖かった。それから感想で他の作家に言及するのは野暮だとわかってるんだが、『愛するものは〜』が好きな人はジョナサン・キャロルの『手を振るときを』(短編集『パニックの手』所収)も好きだと思うので、機会があったら手にとってみてほしい。

  • 短篇集だが一個一個に著者の解説が入っているのが良い。
    あと、ダークタワーの外伝もある。

  • 10年前に書かれた序文の電子書籍に関する話が今の日本にも通じる話で面白い。肝心の「ライディング・ザ・ブレット」が未収録なのはアレだけど。あとコレ短編集を分冊翻訳出版した1冊目なのね。

  • ドラマ化された。

  • 短編集。

    読みやすいです。
    キングの作品全般に言えることですが、
    銃で撃たれた人や死にゆく人などの描写がリアルなので
    人によっては想像してしまって気持ち悪いと思うかも。

    「エルーランの修道女」は(面白いとは思いましたが)
    バックグラウンドの作品を知っていたらもっと面白く読めたんだろうか。

全39件中 1 - 10件を表示

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

第四解剖室 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする