幸運の25セント硬貨 (新潮文庫)

制作 : Stephen King  浅倉 久志 
  • 新潮社
3.34
  • (32)
  • (78)
  • (183)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 763
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193365

作品紹介・あらすじ

ベッドの枕に置かれた封筒。中には祝福の手紙(「きみはついてるな!」)と25セント硬貨。チップとも呼べない少額すぎるそのコインが、ホテルのメイドにもたらした幸運とは…市井の普通の人間に訪れた特別な瞬間を、名人芸の手業で描いた標題作ほか、天才キングが十年をかけて、瞬間瞬間の全精力を傾注して彫琢した傑作揃い、意外な結末ばかりの全七篇。全篇キング自身の解説つき。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短篇集。「ゴーサム・カフェで昼食を」は必読。「何もかもが究極的」も良かった。他はそれなりに面白い。通勤の暇つぶしになった。星3つでも構わない。この本の片割れである「第四解剖室 」についてアマゾンで参考になる情報を見つけた:

    「出版社からのコメント:
    本書と『幸運の25セント硬貨』は、合わせて2冊でキングの最新短篇集"EVERYTHING'S EVENTUAL"の翻訳です。ただし…版権の関係で、すでに単行本としてアーティスト・ハウスより刊行されている『ライディング・ザ・ブレット』は収録されておりません。とはいえ、誤解されると困るのですが、「それ以外はすべて」収録されています(『ライディング・ザ・ブレット』についてのキングのコメントも含めて)。つまり、原書14篇中の13篇が、2分冊で刊行されている、という形式です。 (省略)」 

  • スティーブン・キングのいいところはなんだかんだ人の血が通ってる感じのするところなのですよね。あの固有名詞のマシンガンにしたって、私はアメリカ人じゃないですから、こういうのを使っている(利用している、好んでいる)人がどういう人なのだろう、と想像を及ばすことに関してはまったくド素人なのですが、それにしたって、こういうのを使ってる人ってこういうかんじじゃないかな、ああいうかんじじゃないかな、と外郭からその人をどういう人なのか推察するのって楽しい。下手に内側から、彼は繊細で、知的で、ユーモアもあって、自信にあふれた好青年で、とかなんとか、最初から答えを書かれてしまうよりも楽しさがある。

  • スティーブンキングの作品は、当たり外れが多い。あくまでも個人の感想は、後者・・・なんかすっきりしない。
    スティーブンキング作品好きな方は、読んでみてはいかがですか?

  • スティーブン・キングの話は本当に怖い。
    怪物の描写をしているわけではないのに、読んでいる自分の首がどんどん絞められて行く気分になった。

  • 学生時代、初めて読んだスティーブン・キング作品。

  • まさかのドナルド・トランプ。
    「なにもかもが究極的」が一番面白かった。あと表題作以外は本当に怖い。
    ゴッサムカフェは主人公が短絡的過ぎるので彼女側の裏を考えてしまう。
    彼女の発言は本当に意味があったのでは?と考えると妄想が広がりんぐ

  • それぞれ味わいの違った短編集。「なにもかもが究極的」は、やはり「ダーク・タワー」に繋がる部分があるのですね。「道路ウィルスは北に向かう」も期待どおりの展開。叔母さんのところではドキドキした。主人公がキング本人を思わせるところも味わい深い。
    解説の風間賢二さんが書かれていたとおり「一四○八号室」は日本と西洋の怪談のポイントの違いを感じました。
    表題作は、ハッピーエンドを思わせて気分よく本を閉じることができました。いずれも読み出したら止まらない面白さでした。一篇ずつにキング自身による解説というか、楽しみどころを語ってくれています。

  • キング節の詰まった短編集。
    どこか仄暗く、シニカル。

    ゴッサムカフェで狂った給仕から襲われる離婚調停中の夫婦。辛くも窮地を脱する二人だが、そこから二人の愛が再び芽生える…などというハリウッド的ハッピーエンドなどなく、口汚く罵りあって幕を閉じる「ゴッサムカフェで朝食を」。

    しけた25セント硬貨を受け取った、生活苦にあえぐ掃除婦がささやかに夢想する幸運と、現実に起きた微かな幸せを描く標題作品「幸運の25セント硬貨」。

    小品だがキング好きには納得の短編集です。

  • もう昔ほど夢中でキングが読めなくなった…と感じた1冊。面白かったのは「道路ウィルスは北へむかう」「例のあの感覚、フランス語でしか言えないあの感覚」「一四〇八号室」かな。特に「道路ウィルス~」は昔好きだった感じを思い出した。

  • 久々に読んだスティーブンキング。
    面白かった。
    心理描写が細かく鮮明。
    うまいです。
    手元だけ明るく、周りは暗い、そんな世界観 です。
    主人公の心理描写だけで、これだけくっきりとした話はすごいです。

全79件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

幸運の25セント硬貨 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする