幸運の25セント硬貨 (新潮文庫)

制作 : Stephen King  浅倉 久志 
  • 新潮社
3.34
  • (32)
  • (78)
  • (183)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 764
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193365

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手持ちがなくなったので一冊用足さなきゃならなくなったのだが選んでる時間がなくって洋物読まないけどキングくらいは知っててまぁ大丈夫なんじゃないかと買って来たいわくつきの短編集。
    さすがにking of kingsとありきたりの感嘆符を打ちたいところなのだがいまひとつピンと来ないのは慣れてないからなのか文化の違いなのかはわからない。
    わかったことはたいしたストーリーテリングだと言うこと、訳者のセンスがいかに重要かと言うこと、そしてやっぱり原書で読むくらいのことをしなきゃダメなんだなと完敗。
    和製ポーンはキングに踏み潰されました。

  • さすが、キングと言いたいくらい、全ての短編のレベルが高い!
    まさに小説界のキングだと思う。色々、怖い結末の話が多い中、ラストの短編には救いがあった。

  • 「幸福の25セント硬貨」が一番良かった。「例のあの感覚、フランス語でしか言えないあの感覚」は、難しかった。「道路ウイルスは、北にむかう」はテレビ映画の方が良かった。まぁ、キングだけあって全作読み応えはあります。

  • 『道路ウィルスは北にむかう』The Road Virus Heads north が一番怖かった

  • とても好みの作風ってわけでもなかったけど、記憶に残る作品が多かった。

    なにもかもが究極的
    L・Tのペットに関する御高説
    道路ウィルスは北にむかう
    ゴーサム・カフェで昼食を

    この四作までの流れが良かったかな

  • 池田真紀子さんが訳してる短編2編が面白かった。特に終わり方がともに印象的。そういえば両方とも主人公が女性だ。この短編集は主役が男性か女性かで、訳者の性別も合わせたものになってる。私が女性だから作品や訳者も印象に残ったのか?

  • 前半の「第四解剖室」を読み終えて4年も経ってから、ようやくブコフで入手、読了( ´ ▽ ` )ノ。
    出来は、なんだかね......

  • 挫折しました。

    途中で内容がついていけなくなりました。

  • 好みが分かれる短編だったけど、ガレッジセールの話がいちばん怖かったなぁ。

  • キングは基本的に苦手なのだ。これは表題作が何かでオススメになっていたので、図書館にリクエストしていて、忘れた頃に届いたのだ。
    確かに表題作はよかった。
    他の作品はわたしの苦手なキング節。ざらっとした不安な気持ちになる作品集。

全79件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

ツイートする