幸運の25セント硬貨 (新潮文庫)

制作 : Stephen King  浅倉 久志 
  • 新潮社
3.34
  • (32)
  • (78)
  • (183)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 764
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193365

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかくキングワールドw

  • 小説としてとても優れた7編であった。
    やはり1408号室が好きだ。

  • おやっ、面白い。しかも断然。先日紹介したスティーブン・キングの原作Everything's Eventualの後編です。なぜかこちらの方が面白かった。少なくとも僕の好みの作品が揃ってました。ホラーや超常現象を扱った作品が多いからかもしれませんね。"なにもかもが究極的"、"道路ウイルスは北に向かう"などネタ的にはどこにでもあるようなネタなのに、飽きずに読ませてしまうのはS・キングがやはりストーリーテラーだからなのでしょうか?!しかし"なにもかもが究極的"の中に出てくる台詞

    もしイエスならつぎのメッセージを送れ「ポリスの最高の歌は≪高校教師≫」

    こんな文章に出会えるのは海外小説ならではですよね。こうなると長編も久々に読みたくなってきました!さて何を・・・。ちなみに僕はポリスの最高の歌は"KING OF PAIN"だと思います!

    KEY WORD>>幸運の25セント硬貨-Everything's Evevtual Ⅱ
    原作はEverything's Eventual。海外では1冊にまとめられているが、日本では「Ⅰ:第四解剖室」、「Ⅱ:幸運の25セント硬貨」と上下巻からなっており、このⅡには後半7作品が収録。俗に言う超能力を持った少年の幸不幸を描いた"なにもかもが究極的"、「動く絵」という古典的な恐怖を描いた"道路ウイルスは北にむかう"などなどⅠよりも超常現象を扱った作品が多く、S・キングの本領発揮といったところだろうか。どの作品にも勢いがあり一気に読ませてしまう良品ばかり。なお、原作では全14作品となっているが、日本語版では前編6作品、後編7作品の13作品。残りの1つは権利の関係上収録されていない。そのタイトルは"ライディング・ザ・ブレッド"であり、別途1冊の本として日本では販売されている。

  • 短編集『Everything’s Eventual』の第二作目。
    英語版のタイトルにもなっている『Everything’s Eventual(なにもかもが究極的)』は非常に抽象的かつ印象的な作品でした。

  • ホラーはもちろん、ホラーじゃないキングの作品も楽しめる短編集。
    表題の幸運の25セント硬貨を始め、どことなく不思議で引き込まれる物語が揃っている。
    一番面白かったのは「道路ウイルスは北へ向かう」だ。
    不気味な絵が段々と変化しながら恐怖を与えていく様子は、読んでいて怖いとしか言いようがない。作中にある出てくるような絵をキングは持っているというが、絶対に見たくない。

  • 他の人のレビューを見ると賛否いろいろあるけど、
    こういうキングの短編には「感情」っていうか「作者の心に暖かい心が存在する」みたいな感覚を覚えて好き。

  • 「ホラーの帝王」スティーブン・キングの短編集。
    作者の独自の世界観が展開されるので、合わない人にはつまらないかも。

    「例のあの感覚、フランス語でしか言えないあの感覚」は特に独特な世界が展開されていると思いますが、個人的には結構面白かったです。
    「道路ウイルスは北にむかう」も背筋がゾクゾクするような恐怖があって良かったと思います。

  • グロいのがあって泣きそうになった

  • キングのいろいろな面が読める
    おもしろい一冊でした。
    「なにもかも究極的」の閉塞的な日常や
    映画化した「1408」が一番キングらしいかも。
    「幸運の25セント硬貨」の終わり方も気に入ってます。

  • キングは天才だから。

全79件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

ツイートする