幸運の25セント硬貨 (新潮文庫)

制作 : Stephen King  浅倉 久志 
  • 新潮社
3.34
  • (32)
  • (78)
  • (183)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 764
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193365

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて知った。スティーブンキングってホラー小説も書くってこと。ゴールデンボーイ(映画ショーシャンクの空の原作)やグリーンマイルが有名なのは知ってたのだが。そして、日本と海外のホラーって根本的に違うというか、海外は平気でグロテスクなことを書いて、それがウケる。

  • -

  • ・物語の始めに、「ストーリー」が動き出す、きっかけの話が付いていて、とても興味深い。
     キングがどうやって、作品の種を見つけるのかがうかがえる。

    ーーーーーーーーーーーー
    目次
    なにもかもが究極的
    L・Tのペットに関する御高説
    道路ウイルスは北にむかう
    ゴーサム・カフェで昼食を
    例のあの感覚、フランス語でしか言えないあの感覚
    一四〇八号室
    幸運の25セント硬貨

  • とにかくキングワールドw

  • 他の人のレビューを見ると賛否いろいろあるけど、
    こういうキングの短編には「感情」っていうか「作者の心に暖かい心が存在する」みたいな感覚を覚えて好き。

  • キングは天才だから。

  • あまりの面白さにあっという間に読めちゃいました!
    全作品、全く先が読めないこのワクワク感さすがキングです。
    それぞれ全く独立した話だと知っていても、これはさっきの話のアレと関係してる?なんて勘ぐったりして無駄にゾワゾワ感じたり・・。
    この中の一番お気に入りの一遍の中の言葉を借りると、この本のあらゆる全てが?究極的"です。

  • 全部面白かった。いくらキング好きとはいえ、普通はずれがあるはずなのに全部が素直に面白いと思った。
    やっぱキングって魅力的♪

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

ツイートする