暗殺のアルゴリズム〈上〉 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.19
  • (3)
  • (3)
  • (18)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 74
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102204184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <上下巻を通してのレビュー>

    親友であり、命の恩人でもあるジャレッドがレバノンで拉致された。
    米国諜報員トッドは救出を要請するが、上層部はなぜか拒否。組織を追われる覚悟で単独で救出に向かったトッドの前に現れたのは・・・・・。
    一方、証券アナリストのアンドレアは、大手慈善団体から理事へと招聘される。
    その報酬1200万ドル。財団の真の狙いと彼女の役割とは?


    久しぶりに頭を働かせながら読みふけりました。
    色々な要素が複雑に絡み合っており、表面は意味のない模様の不定期連続で、裏面は規則的な幾何学模様の織物のようです。
    最後の締めくくりに少し難がある感じは否めませんが、途中のスリル感や登場人物の役割設定など、さすが巨匠の一作です。
    華やかさは決して多くはない、「地味目なスパイもの」ですね。

  • 主人公の米国諜報員は親友でもある同僚が拉致されたことを知り、上層部に背いて救出しようとする。もう一人の主人公は証券アナリストであるが、血の繋がりのある大富豪一族の慈善団体の理事を頼まれ、財団のことを調べ始める。その二人が謎を追ううちに出会い、二人とも財団の組織や諜報組織などから追われ殺されそうになりながら真相をさぐっていくという話。
    善とはなにか、倫理とははなにか…などを問う作品となっている。
    途中ネットの世界の部分がちんぷんかんぷんではあったが、全体はテンポよく進み、結末の真相がすっきりしていてよかった。最後の二行で苦笑いした。

  • 買ったはいいものの読んでない・・

  • ラドラムの遺作が出たということで、ずーっと気になっていたものをやっと読み終えました。彼の作品は「暗殺者」が有名ですが、最晩年に執筆された本作も十分に面白く、読者は嬉しいですね。

    無二の親友を救うべく立ち上がった男の、背水の陣が見事です。スパイ小説は、久しぶりに読みましたが、やはり熱くなります。

  • 晩年のラドラム作品は、何故か同じような雰囲気の作品が多く、このあたりの作品を沢山読んでいるとどれも先が読める展開で、伏線も登場人物の役回りも結末も「やっぱり」と言う感じですが、まあラドラムらしいし退屈する事無く読み終えました。

全5件中 1 - 5件を表示

ロバート・ラドラムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム クランシー
ロバート ラドラ...
ロバート・ラドラ...
ロバート・ラドラ...
ロバート・ラドラ...
トム クランシー
ロバート ラドラ...
ロバート・ラドラ...
ロバート ラドラ...
フレデリック・フ...
スティーヴン ハ...
トム クランシー
ロバート・ラドラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×