ヴァチカンからの暗殺者 (新潮文庫)

著者 :
制作 : 大熊 栄 
  • 新潮社
3.74
  • (7)
  • (11)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (575ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102205051

作品紹介・あらすじ

韓国訪問を予定しているローマ法王を密かにKGBが狙っている-。法王を守るためその側近たちが出した結論は、アンドロポフ書記長暗殺だった。として選ばれた男は、亡命したポーランド秘密保安機関のエリート少佐。妻を装った若く美しい修道女を道連れに、クレムリンへの長く危険な旅が始まる!大胆な構想で展開する、息もつかせぬポリティカル・サスペンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 胸がドキドキする小説。
    クライマックスで加速するスピード感が凄い。長いゆっくりとした序盤から中盤、そして一気に終わる終盤。
    読み進めれば読み進める程止まらなくなります。

  • 冷戦もの、スパイものでかつヴァチカンものという趣味にあった一冊。

  • 【参考ウェブサイト】
    A. J. Quinnell - Wikipedia, the free encyclopedia
    http://en.wikipedia.org/wiki/A._J._Quinnell
    作家 A・J・クィネル A. J. Quinnell
    http://www.ne.jp/asahi/kitora/shu/books/j-ajq.htm
    A.J.Quinnell @ Tony Mortlock's Home Page
    http://web.singnet.com.sg/~tonym/quinnell.html
    MY VISIT TO GOZO AND A. J. QUINNELL
    http://web.singnet.com.sg/~tonym/gozo.html
    A. J. Quinnell - Biography
    http://web.singnet.com.sg/~tonym/quinnell-biography.html
    A.J.クィネルの若かりし頃の映像↓↓
    Philip Nicholson (A. J. Quinnell).wmv
    http://www.youtube.com/watch_popup?v=nxsrnmMTD5s#t=82s&vq=small
    そして、写真など
    Ghajnsielem.com - Philip Nicholson (A. J. Quinnell)http://www.ghajnsielem.com/biographies/index.html
    http://www.ghajnsielem.com/biographies/philipnicholson.html
    http://www.ghajnsielem.com/ghajnsielemfc/
    http://www.ghajnsielem.com/ghajnsielemfc/images/197493/65.jpg

  •  タイトルに引かれて読んだが、実に面白かった。
     復讐に燃える男、<法王の使者>のミレクと修道女のアニアが出会い、旅立つまでが少々長い。それでも終わりまでいいテンポで進むし、すらすら読めるのでそれほど気にならなかった。
     ローマ法王の暗殺を阻止するのに、アンドロポフ暗殺を計画するという設定がいい。ミレクと、修道女であろうとするアニアの心境の変化も良かった。ベーコン司祭はじめ、登場するキャラクターも面白い。
     この類の本はあまり読んでいないが、割とすっきりした終わり方だと思う。

  • 設定的に大丈夫なのだろうか・・・ダヴィンチ・コードなんかよりもまずい気がするのだが、古い作品なのでOK?
    法王暗殺を阻止するため、逆にこちらから手を打つ。そのために腕利きの暗殺者をヴァチカンが用意する・・・のはいいのだが作戦が決行されるまで長い。長すぎる。
    ほぼ半分きたところでようやくヒロインと対面。作戦開始。
    こういった小説にしては珍しくロマンチックでハードボイルと見せかけて実は内容はまるで少女小説な展開だったというオチ。
    敬虔なシスターが恋に落ちるというのだからこれくらいにしなくては無理が出るのかも。
    女性に関してはフランクな主人公がメロメロになっていくのも面白かったし、恋愛小説として楽しめた。

  • クィネルの作品の中で、今のところコレが一押し。
    主人公とヒロインの故国に滞在できたことが思い出深かった。

全6件中 1 - 6件を表示

A.J.クィネルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート・ラドラ...
ロバート・ラドラ...
A.J. クィネ...
スティーヴン ハ...
ブライアン フリ...
スティーヴン ハ...
A.J. クィネ...
A.J.クィネル
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする