エンデュアランス号漂流 (新潮文庫)

制作 : Alfred Lansing  山本 光伸 
  • 新潮社
4.18
  • (81)
  • (45)
  • (44)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 468
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (466ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102222218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自然の脅威の前では人間なんてちっぽけなもの。牙を剥く自然はこれでもかというほど、氷の海に取り残された探検隊に苦しみを与えてきます。まさにそれは荒れ狂う自然と人間の死闘でした。それでも彼らはどんなに絶望的な状況に陥ったとしても、ボスであるシャクルトンの元で団結し決して命を粗末にすることなく生き延びてきました。時には、ボスの命令に反感を持つこともありました。仲間内での小さな揉め事もありました。それでも彼らはボスを敬い協調性をもって生きてきました。シャクルトンの指示は的確でなかったこともあったけれど、それでも仲間を誰一人失うことなく奇跡の生還を果たしたことは、やはり素晴らしいリーダーに違いないでしょう。次から次へと彼らに極限の試練を与える神でさえ、シャクルトンのリーダーとしての精神力の強さの前では、遂に引き下がるしかなかったのではないでしょうか。大いなる自然にはなくて人間にあるもの。それはリーダーシップ、協調性、決してあきらめない精神力・・・大切なものです。今日本に生きているわたしたちは、地震や台風などの自然災害の怖さをよく知っているはずです。そんなわたしたちにも大切にしなきゃいけないものですね。

  • 正直に言えば読み始める前はそんなに期待してなかったし、最初の方を読んでる間も、そこまで期待はしてなかった。んだけども、読み進めるうちに、驚くほど引き込まれるというか、なんつーか、この人たちスゲーな、と。読んでるとずっと同じ状況だからだんだん気にならなくなってくるけど、氷点下20度くらいの状況で、水浸しになりながらでも寝るとか、もう意味が分からんレベル。ちょっと寒くなったから風邪ひいたわー、とか言ってられん。てか白人が常に半袖着てるのも頷ける。やつらは明らかに北方民族で、日本人は絶対南方から来たに違いない。
    それはさておき、冒険談とはいっても実話なんで、一週間毎にすげーイベントが待ってるでもなく、厳しい毎日が淡々と過ぎるだけなんだけども、そこらへんをうまく面白く書いてるのは著者の力量なんかな。いやー、期待外れに面白くて焦った。しかしなによりびびったのは、この漂流に関する話をいろんな人が本に書きまくってるって事かもしれぬ。

  • 「事実は小説より奇なり…」と使い込まれた言葉がある。

    数多の物書きが頭を悩ませ、プロット、キャラ、伏線、構成などなどキラ星のごとくの作品を生み出したとしても、このドキュメンタリー「エンデュアランス号漂流」におけるそれぞれにを前にしたら、裸足で逃げ出すに疑いの余地なしと思われる。

    今からちょうど100年前に極地で起きた極限のサバイバル、28人の男たちの奇跡の生還劇の全容を、丁寧な取材を元に、読者を29人目の隊員として極地へ駆り立てる。

    現在とは比較のしようもない装備、それでも決して諦めず己のすべきことをひたすら全うする男達に奇跡は訪れる。最高の読後感、自然への畏敬に自然と頭の垂れる思いがした。

  • まさかちょうど100年も前にこのような冒険がなされていたなんて。
    南極圏で船が流氷帯で動けなくなりその結果、船が沈み漂流することになったのに、28人の隊員全員が無事生還されたという奇跡的なお話です。それが出発してから生還するまでに17ヶ月もかかったとのこと。

    当時の英国がどのような時代なのかは想像できませんが、100年前のお話ということで装備や燃料、食料、衣服などを思うと現代の冒険とはとても比べものにならない困難や危険性が伴っていると思います。

    そしてその時代にあのような素晴らしい結末。度重なる苦難の中でもその奇跡が起こったのは、リーダーのシャクルトン氏の素晴らしく機転がきいた判断や統括力、そして28人の隊員の方たちの明るく前向きな性格やそれぞれの人生経験による判断、限られたモノしかない中での様々な工夫が冒険を成功させたのだと感じます。

    このような冒険小説を読むと、甘えある性格の自分に喝を入れ、大きな勇気と、そしていざ困難に遭遇した際には必ずこのお話を思い出すと思います。そして決して諦めず困難に立ち向かおうと思える気持ちになるはずです。

    最後に星野道夫さんの希望によりこのお話の翻訳、出版が実現するきっかけになったとのこと。このお話をどこかで知ってからずっと気になっていたことを思い出し、出版年がもう古いため図書館の地下室で、でもまだ綺麗な状態で見つけました。登場人物が多かったり少し読みづらいところもありますが、学べることが数多く、ぜひ多くの方に読まれることを願っています。

  • 南極近くで座礁して沈没。シャクルトン以下26名は、大海原を漂う1本の浮木のように、1年半以上の漂流のあと、27名誰も命を落とすことなく生還した。人の生活がある場所へ命からがら辿り着いたときは心が震えた。運や、一つ一つの命を分けた選択。そのすべてが彼らを救った。

    我々は、いかに自然というものから目をそらして浅ましく都市生活を営んでいるかを痛感する。
    流氷の上に生活することは、それが猛烈な速度と圧力とぶつかり合って壊れたり沈没したり風と潮の流れに任せて大海原をあてもなく漂うことだし、数え切れないほどの鳥の群れの下にいることは絶え間無く糞が落ちてくるということだし、太陽が何日も見えなければ気も狂いそうになるし、けれどそんな単純な自然の摂理さえ本を読んで始めて納得する。

  • エンデュアランス号漂流というタイトルですが、エンデュアランス号そのものは最初の数ページで氷山につぶされて沈んでしまいます(涙)

    そのあとの乗組員の死闘と奇跡的な生還の物語。
    人間ってすごい!
    極限状態で生死を分けるものは、装備や能力ではなく、リーダーシップや協調性などの人間関係なのでしょうか。

  • 成毛眞氏からのリファレンス。1914年イギリス人探検家シャクルトン率いる南極大陸横断のノンフィクション。522日間乗務員28人の記録を追う。

    初っ端から衝撃の座礁w。

    今日たまたまBBCで、その生態写真が掲載されていたアデレーペンギン。食べちゃってます。この人たち。ペンギンにはじまって、アザラシのステーキとか、そのアザラシのお腹に大量に入ってた魚とか、挙げ句の果てに犬ぞりの犬…。

    でもそんなの関係ねぇし、氷で押し潰されて船は喪失するは、キャンプに割れ目が到達してウカウカ寝てられねえは、密航者はいるは、足は壊死するは。そして旅の最終目標は救難を求めること。冒険の本当の価値って何なのかなと。

    手に汗握って読み終えて、きっとそれは勇気を後世へ与えることなんだろうなと思いました。

  • 1914年、英国人探検家シャクルトンは自身を含めた総勢28名からなる探検隊を結成。世界初の南極大陸横断を目指し、捕鯨基地があるサウスジョージア島から出発した。しかし、南極大陸上陸を目前に探検隊を載せた堅牢なエンデュアランス号は流氷に閉じ込められ、氷の圧迫によって大破、沈没してしまう。

    遠隔地との無線技術もなく、探検隊の派遣を許可した英国は第一次世界大戦に参戦。救助隊の要請は絶望的であった。孤立無援で氷の海に取り残された彼らを待ち受けていたのは想像以上の過酷な自然の猛威であった。

    氷点下20度を超える猛烈な寒さ、食糧危機、疲労そして病気…。
    絶え間なく押し寄せる数々の危機を乗り超え、彼らは17ヶ月にも及ぶ絶望的な漂流を得て出発地のサウスジョージア島へ奇跡の全員生還を果たした。


    現代技術を結集して、相当の装備や物資で臨んでも同じ行程をこなすには相当の苦労があると聞きます。それを考えるだけでも彼らの成し遂げた行為は前人未到の偉業です。

    よく整理された文章で読みやすく、大変面白いノンフィクションでした。

  • 「2012年 POPコンテスト」

    所蔵なし

  • 再読。
    「夜は短し…」とは逆に、読み進めていくと「まだこんなにページが残っているのか!!」とどんどん苦しくなっていく。序章の段階で全員助かるのが分かっていながら、ホントに大丈夫か、どんどん苦しくなっていく。
    逆境での強さ、あきらめなさ、そして楽観。人間て強いなぁとつくづく思う。

全74件中 1 - 10件を表示

エンデュアランス号漂流 (新潮文庫)のその他の作品

エンデュアランス号漂流 単行本 エンデュアランス号漂流 アルフレッド・ランシング

アルフレッド・ランシングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
フランツ・カフカ
ウィリアム・ゴー...
アゴタ クリスト...
ケン・グリムウッ...
サン=テグジュペ...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

エンデュアランス号漂流 (新潮文庫)に関連するまとめ

エンデュアランス号漂流 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする