マリー・アントワネットの首飾り (新潮文庫)

制作 : Elizabeth Hand  野口 百合子 
  • 新潮社
3.10
  • (3)
  • (6)
  • (25)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 70
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102232217

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遠藤周作の「王妃マリーアントワネット」と同時読みするのが乙である。

  • 4102232214 263p 2002・2・1 

  • 史上名高いマリーアントワネットの首飾り事件。
    この事件のことはなんとなく知っていたが、じっくり小説を読むのは初めてだったので、興味深く読んだ。
    この時代の話は好きなので、まあ、おもしろかったけど、映画を小説にしたものであり、さらに、翻訳作品でもあるので、文章、表現がしっくりこない感じで、あまり入り込めなかったのが残念・・・。

  • 歴史ものダイスキなわたしとしては
    見逃せない作品。
    マリーアントワネットに関してもこれまでたくさんの本を読んできたけれど
    映画化されるとあって
    内容も薄く読みやすかったと思います。

  • 同名映画の小説化。訳文はあまりスマートとは言い難いが、読み易いことは読み易い。■ジャンヌ側の視点で描かれており、アントワネットに関する記述は必要最小限に抑えられている。無駄な描写がない分、非常にキレイにまとまっており、同時代に詳しくなくても楽しめる。

  • 映画のノベライズ。観てないけど。<BR>
    なんか、歯切れも後味も悪いです。おもしろいんだけどさ。

  • 本は面白かったけど、ビデオで見たらつかれそぉ。

全9件中 1 - 9件を表示

マリー・アントワネットの首飾り (新潮文庫)のその他の作品

The Affair of the Necklace マスマーケット The Affair of the Necklace エリザベス・ハンド

エリザベス・ハンドの作品

ツイートする