極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)

  • 新潮社
4.01
  • (110)
  • (96)
  • (88)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 643
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102286050

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私の評価基準
    ☆☆☆☆☆ 最高 すごくおもしろい ぜひおすすめ 保存版
    ☆☆☆☆ すごくおもしろい おすすめ 再読するかも
    ☆☆☆ おもしろい 気が向いたらどうぞ
    ☆☆ 普通 時間があれば
    ☆ つまらない もしくは趣味が合わない

    2012.4.23読了

    すばらしい!
    現在のサスペンスミステリーの種が、殆んどこのなかにある。必読!

    ただ、邦題は、もうちょっと何とかならなかったのか。

  • さすが各地で絶賛されているだけあり、面白い。とにかく、ボブ・ザ・ネイリーがかっこいい。しかし、スナイパーってのはなぜもてるのかw ゴルゴといい、ボブといいw そして、ニックがかわいそすぎる。下巻では彼に幸あれ、と祈らざるをえない

  • 「このミステリがすごい」の2000年度海外部門1位。面白いよ~!

  • 巧みな構成。引き込まれる。

  • 実に男くさいハードボイルドな小説だ。映画化もされているが断然、小説の方が吸引力がある。人物像の作りも秀逸でプロットもよく練られているし文句無く、面白い。続編というか関連作あるようなのでそちらも読んでみたい。主人公の活躍をもっと見てみたい気にさせる小説だ。いいよ。

  • ベトナムで伝説を作った狙撃手ボブ・リー・スワガーが主人公。
    戦争で怪我を負い、友を失い人との付き合いを絶って暮らす彼のもとに舞い込んだ話は銃弾の優秀さを確かめること。
    ここから話が大統領狙撃犯の濡れ衣と言うとんでもない方向に向かい、騙されたボブが傷を負いながらも無実を晴らすために反撃を始めるあたりまでがこの上巻。

    テンポが良く、銃を撃つシーンや会話のあちこちに緊張感が漂って読んでいて心地良かった。
    下巻でどうボブが敵に立ち向かうのか楽しみです。

  • レビューは下巻にて。

  • 下巻へ

  • 上下巻。シリーズ第1作。このあと延々とシリーズが続いていく。
    射撃で獲物を狙う緊張感。逃亡、追撃と、とにかくおもしろい。最高のエンターテイメント。

  • -

全79件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Stephen Hunterスティーヴン・ハンター1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社。書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞。

「2016年 『我が名は切り裂きジャック(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・ハンターの作品

極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする