エリー・クラインの収穫 (新潮文庫)

制作 : Mitchell Smith  東江 一紀 
  • 新潮社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (650ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102365014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 謳い文句は「五感を刺激する」。翻訳された当時は、微に入り細に入り描写するスタイルが度肝を抜くという批評が並んでいた。物語自体はシンプルな警察小説で、ニューヨーク市警の「遊軍部隊」所属の女性刑事エリー・クラインを主人公とし、連続殺人事件の捜査を通して成長する過程をじっくりと描く。冴えない三流刑事をはじめとする登場人物らの造形は深く、雑多な人間関係を通して女刑事の孤独と焦燥が浮かび上がる構成となっている。特に通勤電車の中で相棒の死を悼み、街の情景と重ね合わせながらクラインの心情を綴るシーンは印象に残る。細々とした日常の積み重ねは、この場面への布石であったかのようだ。
    1987年発表作で、刑務所を舞台とする次作「ストーン・シティ」はさらに話題となった。

  • レズビアンの探偵という事で読んだのだけど、覚えてないんだよなぁ、内容。やたら描写に細かいところがあった様な。

  • 粛々と進行。浮き沈みのない分、訴えかけてくる部分も多い。

全3件中 1 - 3件を表示

ミッチェル・スミスの作品

ツイートする