鏡の国のアリス (新潮文庫)

制作 : 金子 國義  Lewis Carroll  矢川 澄子 
  • 新潮社
3.52
  • (84)
  • (75)
  • (229)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 1215
レビュー : 85
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102401026

作品紹介・あらすじ

煖炉の上の鏡をくぐりぬけ、アリスはまた奇妙な冒険に飛びこんだ。おしゃべりをする花たち、編物をするヒツジ、ハンプティ・ダンプティ、ユニコーン、赤の女王etc.鏡の国をさまよっていると、つぎつぎに不思議な住人たちがあらわれて、気がつくとアリス自身も女王さまに-。チェスのゲームを物語に織りこんだ夢とユーモアあふれるファンタジーを金子国義のオリジナル挿画で贈る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰かが見た夢の話です。
    なにもかもがでたらめで読んだ側から内容を忘れていく。
    だって夢だから。

    なのでレビュー不可(笑)。

  • 案外あっさり読めた♪

    ハンプティダンプティも結局何言ってるか分からないけど、
    双子の兄弟も面白かったし、、
    アリスが上手く操られ、操り返してる気がする。

    赤の女王も白の女王も基本的に変わらない気もした。
    ルイスキャロルって男だったのか・・女性だと思ってました・・。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「先入観は良くないですね(汗)」
      まぁ多かれ少なかれ誰にでも、思い込みや、勘違いはつきものです。と書いてる私は、独断と偏見の王様です←自慢し...
      「先入観は良くないですね(汗)」
      まぁ多かれ少なかれ誰にでも、思い込みや、勘違いはつきものです。と書いてる私は、独断と偏見の王様です←自慢してどーする。
      2013/03/26
    • ミルキィさん
      まあ・・ホン(本)の勘違い・・

      とか上手いこといってみる・・?!(
      まあ・・ホン(本)の勘違い・・

      とか上手いこといってみる・・?!(
      2013/03/29
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「上手いこといってみる」
      キャロルっぽいです。。。
      「上手いこといってみる」
      キャロルっぽいです。。。
      2013/05/20
  • 鏡の国のアリス (新潮文庫)著者のルイス・キャロルの本です。

  • 言わずと知れた「不思議の国のアリス」の
    続編。ハンプティ・ダンプティが出てくることぐらいしか覚えてなかったのだけど、
    バンダースナッチもこれだったか。
    チェスを下敷きに構築されてるとかは全然知らなかった。
    翻訳は、この語りかけ口調はちょっと気持ち悪いかな。

  • 訳:矢川澄子、絵:金子國義、原書名:THROUGH THE LOOKING-GLASS and What Alice Found There(Carroll,Lewis)

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    鏡のなかをくぐりぬけ、アリスはまたまた奇妙な冒険の世界へ飛び込んだ――。夢とユーモアあふれる物語を、オリジナル挿画で贈る。

    【キーワード】
    文庫・ファンタジー・アリス


    +++++1

  • 鏡の中の国に入ったら本当にこういうあべこべな世界なんだろうなぁ。
    くすくすっと笑ってしまう場面ばかり。

  • 不思議の国のアリスに続く、文字遊び系夢オチストーリー。物語の突拍子の無さは不思議の国~のほうが強く、言葉遊び的な要素はこちらの作品のほうが強く感じる。
    変な世界だが、ではアリスが常識人かというとそういうわけでもなく、行動と感情がちぐはぐのところも。

  • 不思議の国も面白いが、鏡の国の方が好みです。
    半分以上訳が分からないが夢の中の出来事だと思えば楽しいし、混沌としているのに、チェスのルールに則って書かれているというと反面性がまた面白い。チェス詳しければともっと面白く読めるだろうに残念です。
    ディズニーアリスでお馴染みの不誕生日のネタは、鏡の国だから逆のことをするんだと納得しました。

  • 現実逃避したい時に読みたい。
    支離滅裂、めちゃくちゃチャチャチャ、夢オチの古典。

全85件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1832年、イギリスのチェシャ州に生まれる。オックスフォード大学を卒業、同大学の数学および論理学の教授に。独特のユーモア感覚と幻想的イメージに溢れた童話『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』は、イギリスはもちろん、世界中で支持されている。

「2017年 『わがままアリスとおくびょうな白ウサギ 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鏡の国のアリス (新潮文庫)のその他の作品

鏡の国のアリスの詳細を見る 大型本 鏡の国のアリス ルイス・キャロル

ルイス・キャロルの作品

鏡の国のアリス (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする