評決のとき〈下〉 (新潮文庫)

制作 : John Grisham  白石 朗 
  • 新潮社
3.52
  • (9)
  • (18)
  • (31)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 174
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102409022

作品紹介・あらすじ

カール・リーの弁護を務めるジェイクの周辺では、庭先に燃える十字架を立てられるなどのいやがらせや脅迫が相次ぐ。才気煥発な女子学生エレンと共に準備を進めるが、確信犯ともいえる犯罪で無罪を勝ち取るのは不可能に近い。公判が始まり、黒人と白人の対立が頂点に達するなか、ついに評決のときを迎えたが-。アメリカの裁判の雰囲気をリアルに伝える、第一級の法廷サスペンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下巻に移ってもなかなか公判が始まらず、
    人種差別問題に陪審員選びといろいろ詰め込まれている。
    主題と思われる私刑の善悪だけでも
    難しくておなかいっぱいだと思った。

    去年"The Practice"をレンタルで見てたせいか、
    読みながら法廷のシーンを何となく頭に浮かべてしまった。時代は全く異なるが。

  • 陪審員は全員白人。娘をレイブした白人を殺した黒人男は死刑かそれとも。
    いろいろ考えさせられる本。
    裁判員時代の日本に良い。

  • <上>参照。

  • 初の洋書で、初めて居た堪れない感情を抱いた作品。

  •  結末に納得いかない。
     後半はかなり急速に物語が進行していくので前巻のように丁寧な感情の表現がなくなり、感情移入がしにくくなります。

  • 上巻共々教えられることばかり。最後の最後がすごいんだよね。やられた!と思うより泣いてしまうの。

全7件中 1 - 7件を表示

評決のとき〈下〉 (新潮文庫)のその他の作品

A Time to Kill: A Novel of Retributionの詳細を見る ハードカバー A Time to Kill: A Novel of Retribution ジョン・グリシャム
A Time To Kill ペーパーバック A Time To Kill ジョン・グリシャム
A Time to Killの詳細を見る カセット A Time to Kill ジョン・グリシャム

ジョン・グリシャムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
スコット・トゥロ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
東野 圭吾
宮部 みゆき
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
パトリシア・コー...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
有効な右矢印 無効な右矢印

評決のとき〈下〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする