大統領特赦〈下〉 (新潮文庫)

制作 : John Grisham  白石 朗 
  • 新潮社
3.32
  • (2)
  • (16)
  • (20)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102409220

作品紹介・あらすじ

サウジ、イスラエル、中国、ロシア、それにCIA…。類を見ぬ衛星システムの謎を知るただひとりの男を追って「狩り」が始まった。新たな名前と身分を得たバックマンは孤立無援のままイタリアに身を隠す。だが、その逃亡生活の視野の片隅に、跳梁する各国のプロフェッショナルたちの姿が映り始めるのも時間の問題だった-。乾坤一擲の逆転はなるか。著者独擅場のサスペンス、全開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 軽い読み物。語学習得のコツとボローニャに詳しくなれる実用書?

  • ストーリーとしては思ったよりドキドキしなかった。
    2時間ドラマのように旅情を楽しむ感じと思って読めば
    良かったかな。

  • 7

  • さて下巻。バックマンだけが知っている監視衛星システムが鍵となり、各国の諜報組織が動き始める。イタリア語習得どころでなくなった彼は、どこへ行くのか?あらすじだけだと、例えばラドラムの小説を思い起こさせますが、どちらかというとボローニャを中心とした紙上観光が楽しめる作品です。これはこれで楽しめたので大甘の星四つ。話題は変わりますが、「ハヤカワ・ミステリ・マガジン」の6月号の「翻訳ミステリ応援団!」と題された座談会を読みました。今回は早川書店と文藝春秋と新潮社の編集者がゲストでした。それによると翻訳ミステリが一番売れた時期、80年代初めから後半に比べると、今はその三分の一の売り上げだとか。グリシャムもかつては単行本でまず出して、数年後に文庫化というパターンでしたが、今は、「新潮文庫」レーベルから文庫オリジナルとして出す方が、売りやすいのだそうです。いろいろと考えさせられる内容でした。

  • グリシャム大好き

  • 6/8
    久しぶりのグリシャム。

    本作を読むとイタリア料理が食べたくなる。

全6件中 1 - 6件を表示

ジョン・グリシャムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム・ロブ スミ...
ジョン グリシャ...
ジョン・グリシャ...
宮部 みゆき
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
トム・ロブ スミ...
ジョン グリシャ...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジョン グリシャ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする