汚染訴訟(上) (新潮文庫)

  • 新潮社
3.58
  • (1)
  • (13)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102409350

作品紹介・あらすじ

リーマン・ショックの最中、世界最大の法律事務所を解雇されたエリート女性弁護士サマンサはニューヨークを離れ、アパラチア山脈の田舎町ブレイディにある無料法律相談所に、仕事の口をどうにか見つけることができた。地元の弁護士ドノヴァンと出会い、露天掘りや発破で荒れ果てた山々を目の当たりにした彼女は、巨大炭鉱企業の不正をひとり暴かんとするドノヴァンの闘いに巻き込まれていく……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久しぶりのジョングリジャムです。大きな訴訟を手掛けるのかと思いきや、訴訟経験のない弁護士が、畑違いの分野で奮闘する話。ゆったりじっくり進んでいくので、ロードムービーっぽいと思います

  • 地道に作品を書き続けるグリャシャム。シドニー・シェルダン張りの超訳という暴挙に曝された初期の何作か以外は全部読むことにしているので、少し溜まってしまった読み残しに手を付ける。
    本書は、リーマンショックを受けてアソシエイトの整理に大わらわとなったマンハッタンの巨大法律事務所の朝で幕を開ける。
    主人公は珍しく『依頼人』(スーザン・サランドン主演の映画も名作『グロリア』ばりに良かった)以来となる女性である。しかもキャリア3年。訴訟経験なしだが、家庭環境はまるで法曹界サラブレッド。
    多くの弁護士が職を失う中で我がヒロインも泣く泣くニューヨークを後に、アパラチア山麓のウェストバージニアの田舎町で一年間の無償奉仕を選択する。クレイジーで荒っぽい大歓迎を街の変り者から受けた後、この町がじわじわと滅びに向かっている事、多くの人が救済を必要としていること、その原因となっているのが、山を切り崩しての石炭の露天掘りを強引に広げる巨大会社、彼らが使う金権法律事務所の輩たちにあるとこがわかってゆく。
    ヒロインが加わった女性ばかりの相談所には毎日のように石炭会社の貧しい被害者が飛び込んでくるので、それらの一件一件でそれぞれに短編作品を作れそうな勢いだ。そしてこのど田舎性こそが実はグリシャムという作家の魅力でもある。
    都会よりも南部の田舎町に舞台を置くことの多いこのリーガルサスペンスの巨匠は、実は『ペインテッドハウス』など、サスペンス外のホームドラマなどで南部に暮らす少年たちの逞しくも胸踊るアメリカンな傑作小説を書いてもいる。
    本書は、石炭会社との大きな闘いを主たる大訴訟のターゲットとして据えてはいるが、実は女性弁護士が自己の発見と人生の選択をしてゆく成長小説としての魅力の方が読み応えも作品価値と遥かに大きく、古くからのグリシャム読者としては相当に嬉しい一作なのである。
    一方で、町には既にヒーローとも言うべき若き弁護士の姿があり、鉱山訴訟の本命はむしろ彼によって進められてゆくのだが、この作品には大きな驚くべき折り返し点がある。
    上下巻の厚さに100ページ程の差があり、値段も各巻異なるのが珍しく、読書前から気になっていたのだが、それはこの折り返し点の存在があるためだ。これを境にヒロインの運命は確実に変化を余儀なくされてゆき、訴訟そのもの以上に、彼女の価値は膨らんでゆく。
    どんな選択をするのか、どのように準備して、どのように変わって行こうというのか。良き小説作品が持つべき魅力を確実に備えた信頼のグリシャムワールド、健在なり!

  • 大手弁護士事務所を一時解雇になった女性弁護士の炭鉱町での奮闘物語。

    タイトルからすぐにでも炭鉱会社と訴訟に入るのかと思いましたが、上巻はゆったりと進みました。
    出だしはリーマンショックの影響から一時解雇になるなど波乱万丈ですが、炭鉱町での流れが主人公としては初体験ばかりでショックなんでしょうけれど、読書から見れば炭鉱町の説明になっている感じでした。
    炭鉱町のソロ弁護士が訴訟を起こすのですが、主人公はそれに巻き込まれないよう一線を引いているようでした。
    しかし、最後の一行で主人公が前線に出ていきそうな感じ隣下巻に期待です。

  • 久しぶりにジョン・グリシャムを読みました。アメリカの法律は難しいね。

  • 2017 4 4

  • リーマン・ショックの最中、世界最大の法律事務所を解雇されたエリート女性弁護士サマンサはニューヨークを離れ、アパラチア山脈の田舎町ブレイディにある無料法律相談所に、仕事の口をどうにか見つけることができた。地元の弁護士ドノヴァンと出会い、露天掘りや発破で荒れ果てた山々を目の当りにした彼女は、巨大炭鉱企業の不正をひとり暴かんとするドノヴァンの闘いに巻き込まれていく。

    久しぶりにグリシャムを読む。下巻に続く。

  • 上巻はちょっと長い状況説明。ようやく本筋が動き出して下巻に続く。
    でも小さなエピソードがちりばめられているので飽きない。

全9件中 1 - 9件を表示

ジョングリシャムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイクル・コナリ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
三浦 しをん
マイクル・コナリ...
池井戸 潤
西 加奈子
米澤 穂信
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
有効な右矢印 無効な右矢印

汚染訴訟(上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×