孤独の発明 (新潮文庫)

制作 : Paul Auster  柴田 元幸 
  • 新潮社
3.55
  • (78)
  • (88)
  • (229)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 1064
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102451038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私の父は、52歳で離婚し、ニューアークの家で、ひとり孤独に死んでいった。父の死を伝え聞いた私は、15年ぶりに帰郷し、遺品の数々と対峙する。そこで、私は一冊のアルバムを見つけた。夥しい父の写真。私は曖昧な記憶をたどり始める。父の孤独な精神の闇。父の父(祖父)をめぐる不幸な殺人事件…。見えない父の実像を求めて苦闘する私。父子関係をめぐる著者の記念碑的作品。

  •  難解な小説。「見えない人間の肖像」「記憶の書」の2編が収められている。「見えない人間の肖像」は主人公の父親探しの物語。主人公の父親は社会的にも成功し一見普通に暮らしているが、自分をさらけ出すということを全くせず他人と関与することを拒絶しながら生きてきた。主人公はそんな仮面の向こうに本当の父親が隠れているはずだという想いを持っていて、父親の訃報を聞きなんとか本当の父親が見つからないか苦闘する。
     「記憶の書」は「見えない人間の肖像」の主人公と同一人物と思しき主人公が、荒廃したマンションの一室で書くことの孤独について綴った物語。同じく父と子の関係が重要なテーマになっている。今度は主人公と彼の息子の関係に重心が移っていると思う。まだ物心ついていない幼い息子と遊びながら、この記憶は永遠に失われるのだとなんとなく寂しく述懐するシーンに共感してしまうのは僕自身の今の境遇にやはり関係しているのだろう。

  • まずタイトルがいいですし、そして前半の「見えない人間の肖像」はめっぽう面白いです。

  • フロイトがペストと呼んだような意味での精神分析本来の営みにも近い、危うい行為。それも作業それ自体をテキストの元へ晒す勇気ある一冊。第二部の『記憶の書』での記憶の回廊への繊細なアプローチと手捌きは何度も繰り替えし迷い込む価値がある。

全70件中 61 - 70件を表示

孤独の発明 (新潮文庫)のその他の作品

孤独の発明 単行本 孤独の発明 ポール・オースター

ポール・オースターの作品

ツイートする